Appleロゴ 明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ Active Parkinson's Patients' Library on E-net
道案内title
コンパクトめにゅー 更新情報 サイトマップ 最終更新日 2007.06.10
説明・管理メニュー 情報コーナー 専門家に聞く 掲示板コーナー 読者の広場

医療情報

 パーキンソン病の治療は神経内科の薬による治療で始まり基本的には症状に応じて薬の工夫で対応していきます。数年〜10数年の後、薬による調整がうまくいかないときに脳外科医による外科的治療の併用を選択することがあります。現在行われている外科治療の大半はDBSと呼ばれるものですが「全国的なDBS情報がない」ので、Apple ではDBS情報にも力を入れています。また、ニュースダイジェストでは、遺伝子治療、再生医療などの先端医療も含む広い領域に注目して情報提供しています。

  • ニュースダイジェスト 毎月一回更新を目標に最新の医療情報を提供してきました。内外の専門誌や国内新聞などから、よりタイムリーなご紹介をめざしていきます。
  • 医療関係  さまざまな症状・診断、薬などに注目した記事を紹介しています。40歳以前に発症する若年性PD(PD=parkinson's disease パーキンソン病)やPD類似疾患についても文献を基に解説しています。
    神経内科医の協力による次のコーナーも活用してください。
    治療の進め方  神経内科医水野美邦先生のご講演の記録で、神経内科の視点から診断・治療の重要なポイントが順を追って説明されています。
    Ask the Docter BBS 神経内科医の服部先生、村田先生に病状や薬など医療上の質問ができます。
  • DBS 外科治療の中でも最近注目されている脳深部刺激術(DBS)について、専門医による解説、DBSを併用している方の体験談などDBS実施医療機関とDBSを受けた方々の協力による情報を提供してきました。
    DBS専用掲示板 を設置し、全国規模のアンケート調査も実施しています。今後もご協力お願いします。

補助療法・心のケア

 パーキンソン病では薬による治療が重要ですが、その効果が、ストレッチ、その他の補助療法や精神面の安定によって高められることについて、海外の患者向け情報、患者の体験など様々なソースから紹介しています。

  • 補助療法 パーキンソン病の症状の緩和に効果があった、あるいは緩和する可能性のある補助療法(いわゆるコンプリメンタリー・セラピー=代替療法)を紹介しています。ストレッチ、気功など運動療法、ハーブ、針治療など。
  • 心のケア ストレスや不安感・緊張感はパーキンソン病を悪化させます。そこで、事例を中心に心のケアの方法を紹介しています。

福祉・介護などの制度

  • 福祉・介護 介護・福祉関係サービスの制度面について、患者が実際に利用しての体験などあらゆるソースから集めて情報を提供しています。
    障害年金については、 をご覧ください。
    介護従事者や家族の介護体験は読者の広場をご覧ください。
since 6'th Aug 2000; Copyright(c)2000-2012, Apple

●ご意見・ご質問、リンク切れ等お気づきの点は メール または Appleカフェ にご連絡ください。

 

Apple Top PageページのTOP