2005.4.16up

ドミンとペルマックス
 ドミンかペルマックスを飲んでいらっしゃる方、どのような飲み方で飲んでいらっしゃるのか教えていただけたらと思います。日本に帰ったときの参考にしたいのでよろしく御願いします。(t)

 Permax 250μgを1日に3tab、飲んでいます.Dominは時々眠るまえに1tabをのみます.よく眠れるし朝起きたときも多少動けるので.1か月のうち半分くらい飲みます.(A)

  ペルマックスを飲んでいました。いまロッピニロールの治験中につき、停止中です。ペルマックスはドーパミン・アゴニストです。日本では、アゴニストは単独での服用は認めず、Lードーパとの併用で認められています。だから、私もメネシットとの併用でした。ところが、メネシットは日量1.5錠、ペルマックス250は4.5錠でした。これに緩行薬(効き目をユックリ長持ちさせる薬)FP錠を一日1錠飲んでいます。(s)

  ペルマックスがディスキネジアの軽減にどの程度役立っているのか知りたいです。(t)

  アゴニストとL−ドパの併用を義務つけられているのはペルマックスだけで、パーロデルやカバサールは単独での服用が可能です。カバサールは単独使用においても効果が認められているようで海外のスタディで治療開始時、初回からL−ドパ投与した群と初回にカバサール(その後症状進んだらL−ドパ併用)群で比較したところ後者の方が累積危険率が明らかに低かったというデータを見たことがあります。(骨)

  ロッピ二ロールを治験中との事ですが日本の病院でその薬をいただけるのでしょうか?すくみとこわばりが良くなったということですが、まさに現在の私はこわばりとすくみ足で困難しております。震えは全くありません。どの様にしたらロッピ二ロールがてにはいるのでしょうか。(よ)

  日本では治験に応募するしか手に入れる方法はないですね。治験の募集期間も終了しましたので、残された道は海外から個人的に取り寄せることでしょうか。その前に、主治医に相談されてはいかがでしょうか。(s)

  個人での輸入は、ほぼ不可能に近いと思います。薬の輸入に同意してくれる医師を探すのがまず、難しく、ロッピニロールは値段が高いので、普通の人が負担できるような金額では収まらないと思います。(t)

 悲観的なことをいいましたが、ミラペックスという薬が1年ぐらい先には入ってきそうで、これでロッピニロールの導入が遅れても、症状が緩和される人がいるかもしれません。(t)

 発病は、39歳。発見、治療開始が、43歳。最初の治療薬の中にペルマックス50mが6錠ありました。効き目は確かによく、250mに変更されていきました。が・・・私の場合にかぎっては、3ヵ月後に精神症状で苦しむ結果になり、入院して薬を切りました。でも、身体的には、一番効くのでもう一度服用してみたところ、やはり精神症状が、現れました。結局45日間の入院になりペルマックスはその後、主治医と私の中ではタブーになっています。でも、誰にでも起こるとはいえないので、そこのところは、担当医によく確かめてください。人によっては、効果的な薬かも知れません。ドミンは、現在3錠。あさ、昼、晩、服用しています。欠点は、眠気です。私の場合、服用後30分ぐらいで、眠気が襲います。でも、どうにか我慢できる程度です。(ハ)

  ありがとうございます。ドミンはロッピニロールとプラミペクソールという欧米の主用パーキンソン病治療薬に似ているようですね。妄想の件は、ドーパミンアゴニストは高齢者のほうにそのような副作用が出る可能性が高いそうです。(t)

  ペルマックスはそのような作用があるのですか。それはお辛かったでしょうね。私は日本にはないロッピにロールとプラミペキソールを飲んでいますが、気の遠くなるような眠気がします。でも、それを過ぎて効果が出てくると調子がいいです。3か月以上も妄想に悩まされたのですか、たいへんでしたね。私はうつの症状で今も時々どうしようもなく暗い気分になりますが、これはロッピニロールの副作用である可能性もあると言われてます。周りにお尻を叩かれ、なんとかやっています。(t)

  以前はドーパミンアゴニストはまったく使っていませんでした。
 平成11年9 月に凝固術の後の薬合わせで入院したときからペルマックス主体で薬の調整をしました。 ペルマックス1日1錠を4回。これを柱にあとエルドーパをどう組み合わせるか? 十年以上エルドーパ『ECドパール4錠』だけでやってきた者にはかなりの勇気が要りました。その時 最終的にペルマックス250を4錠。イーシードパール半錠づつ足す1日の量は2錠。ほかにシンメトレル2〜3錠、頓服的にデパス、その後FPが1錠増えましたが、デパスはいらなくなりました。
 昨日診察に行きました。たまたま微かに不髄意運動が出ていました。「その薬の量で不髄意運動が出るというのは 薬として入ってきた ドーパをドーパミンに変える作用をするのが敏感になりつつあるから.出来るだけ長く作用する薬にして変化がないようにしましょう」と言われた。「ぺルマックスを倍にしてでもエルドーパを無しにするほうがいい」と.「体と相談します」と帰ってきました。イーシードパールが4分の1で どのくらい効くのかがカギです。「不髄意運動は出だすと癖みたいになるから出さないようにすること」と言われました。(h)

  ありがとうございます。同じペルマックスを飲んでも、ハナミズキさんのような反応が出る方もいれば、hirokoさんのようにプラスの恩恵を受ける方もいるのですね。いろいろな種類の薬を試す機会が増えることを祈っています。この件は、いただいた書きこみをよく読み、自分の調べたことと合わせてまたあらためて書かせていただきます。(t)

 私の最初の症状は、左足を引きずり左手が触れない。且つ左足が痛いのです。パーキンソン病に痛みは無いとの事でしたが。ドミンを飲み始めてからその痛みが消えました。だから、ドミン大好き人間で8錠飲んでいます。2.1.1.2.2という飲み方です。副作用は眠くなるだけと主治医の先生はおっしゃいますが、長年経てばどうなるのかとの不安はあります。ジストニアがきついのでアゴニストは良いのですが、そちらの方は一向に良くなりません。 (よ)

Apple カフェへリンク  感想をお聞かせください

AppleHome