Apple
Apple − 明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ − Active Parkinson's Patients' Library on E-net

Appleおよび「パーキンソン病癒しを求めて」の掲示板から過去ログ

最終更新日:2014.08.10 

金魚体操

母がP病でかれこれ18年ほどになります。手術のことなどなかなか情報が少ない中で、このHPの体験話はとても参考になります。(はなにゃん)

 御訪問ありがとうございます。母君の症状は、どの程度でいらっしゃいますか?
わたしは宣告されて3年目で、左手の振戦が主症状です。手術で効果的な治療法があるといわれていますが、薬の服用だけで、進行を遅らせることに専念しています。この病気はガンバルのはどうもよくないみたい。ゆったりとした気持ちを持ち続けていたいと思います。

 だから更新が遅れ気味でも、着実に前進したいと思っていますから、時々様子を見に来てくださいね。(s)

 母の場合、発病当初は振戦があったようですが(お箸を使っての食事は出来ない時期がありました)、今はほとんどありません(食事はお箸で食べます)。
でも、すくみ足があります。治療は薬だけです。訪問リハビリには来てもらってます。薬で振戦がなくなることってあるのでしょうか?
通院時に他の患者さんとお会いしますが、個人差がずいぶんあるように思います。
(はなにゃん)

 

 通院時に他の患者さんとお会いしますが、個人差がずいぶんあるように思います。先日、講演を聴き講演後に振戦と薬の関係を質問してみました。

Q「わたしの症状はもっぱら左手の振戦なのですが、薬を飲んでも震えはかえって激しくなったように思います。薬の影響ということはないでしょうか。」
A「震えを薬で止めるのは難しいのです。薬は筋肉を和らげるものですから、震えがより目立つということはあるかも知れません。」

Q「薬で病の進行を抑えることと振戦が激しくなることと、どちらを選ぶかということですね。」
A「もし振戦を抑えられる薬の処方をなさる医師がいらっしゃれば、そちらで見ていただくことをお勧めします。振戦を無くすには手術が効果的です。」

 つまり薬で振戦が激しくなることはあるようです。振戦が出なくなるということは、震えが起きないほど筋肉が固くなるということなのですね。動けなくなるほど固くなる筋固縮でしょう。訪問リハビリの介護というのは、その筋肉固縮をやわらかくするためのリハビリなのでしょうか。私は薬と同時に毎日3・4回、肩首腰腕のストレッチ体操に取り組んでいます。(s)

 やっぱり、一人一人ずいぶんちがうんですね・・。母は今年65歳ですから、年齢的にも筋肉がかたくなっていってるという事もあるのでしょうかね。訪問リハビリは、介護保険の開始時から理学療法士の方に来てもらってます。

 たしかに、筋肉が固くなるのを防ぐ面もあるようです。リハビリの後は薬の効きもいいようですし、天気のいい日には近所を散歩する事もあるので気分転換にもいいようです。訪問リハビリに来てもらうまでは、私が肩たたきの延長のようなマッサージをしていたのですが、やはり専門の方のストレッチ等は同じ時間をかけても全然違いますね。

 P病の人は体が前かがみになりやすいので、上半身を背中からぐっとそらすストレッチなどは、とてもいいみたいです。

 ついでに、今の母のお気に入りは「金魚運動マシン」です。金魚運動って、よくテレビショッピングでCMしている仰向けに寝て足をのせて、左右に動かして下半身の運動になるという機械です。近くのディスカウントショップで購入しました。(スイングマシンという名前でした)私もちょっと試しましたけど、結構おもしろいです。(はなにゃん)

 とてもかわいいお名前ですね。こんばんわ。はじめまして。お母様は、お箸が使えなかったのが使えるようになられたとか。うちの主人もペルマックスというお薬を使い出してからお箸が使えるようになりました。はなにゃんさんのお母様は、何がきっかけでお箸が使えるようになられたのですか。

 さて金魚マシンですが、私もこれをチラシ広告などで見て、どうかなと思っていたのですが。主人の場合はこのところ足のむくみがひどいのです。このマシンでユラユラすると良くなるかしら?
お母様は足のむくみは有りますか?(k)

 むくみに効くとは思えないです。ただ、すくみ足があるし、一昨年転んで手首を骨折したりしたので、ほとんど運動することがないので、少しでも運動の足しになればと思ってます。本当に何かいい方法はないものでしょうかねぇ。(はなにゃん)

Page Topへ

太極拳

 外国のMLの中にP病のバランス保持の機能訓練に太極拳がよいと言う記事がありました。あのゆっくりしたなめらかな動きが骨や関節に程良い刺激を与え、P病患者の運動機能を高めるのに効果があるということです。

さらに太極拳はストレスを減らし、筋肉をリラックスさせるのでTremor(ふるえ、振戦)にも特に効果があるといっています。大腿、腰を強くし、関節の動きを良くし、良い姿勢を保つようにする点から、転倒を防ぐのにも有用であると。(よ)


そういえば私は、震えの症状はちゃんと進んでいるようなのですが、ストレッチタイソウの効果なのか、歩く方には影響がでていません。ところが、都心に出かけてみて思うのですが、みんな追い越していくんですねえ。

その人たちと同じ歩調で歩いても、追いつけません。ということは、少々歩幅が小さくなってきたのかな。ストレッチでは、前屈で手のひらが床に付くくらいは出来るので、筋肉の柔軟性はまだあるのですけれどねえ。(s)
Page Topへ

ヒーリング

 オルターナティブ・セラピーの一つ、ヒーリングの効果を医療関係者と共同で調査研究する動きが英国で進んでいます。6,000人以上のヒーラー会員を持つ英国スプリチュアル・ヒーラーズ連盟は、ヒーラーの徹底した訓練と、資格を取るための厳しい審査を行い多くの優秀なヒーラーを養成していますが、このNFSHの会員であるヒー ラーが日本には50人いるそうです。
今年2月には日本人の医師らがヒーラーとしての訓練を英国で受けるそうです。ヒーリングは米国のメリーランド大学などの研究でエイズ患者の症状改善に効果をあげたとの報告など多数、その医学的効果を示す研究報告が明らかになっています。

 NFSHの英語のサイトは http://www.nfsh.org.uk/ ですが日本語のサイトも12月にできるそうです。NFSHは遠隔ヒーリングもやってくれるそうです。 私も体調が悪い時、お世話になります。個人的にお願いする場合でなければ、寄付でよいので助かります。遠隔ヒーリングと言うのは遠隔気功治療というのと同じでしょうか?
今日、私の仕事の関係で、このNFSHの国際担当の方にお会いしたのですが、NFSHの会長さんはお医者さんでヒーラーだそうです。私は、ヒーリングで体の緊張が解ける体験を何度もしているので、ヒーリングが病院で保険が効いて受けられようになればいいなと思います。宗教的なものとは一切関係がないですし。 日本の50人のヒーラーさんの連絡の取り方、費用など聞いてみたいと思います。(と)

 私が今、ヒーリングのことをあえて取り上げたのは、ヒーリングは宗教ではなくて、自分の中の治癒能力を高めることが目的であり、日本でよくある先祖が悪いとか、過去の行いが悪いとか、方角が悪いとか、そういうことに縛られ制限される迷信的療法とはまったく違うからです。
私は、ヒーリングに行って、何かの宗教に入るよう誘われたことは一度もなく、生活態度を変えるよう指示されたことも一度もなく、ヒーラー団体からコンタクトを取られたことも一度もなく、ただヒーリングを受けてありがとうと言って20分ぐらいのヒーリングに500円ぐらい払って帰ってくるだけなのです。私は気功を習っていたことがあるので分かるのですが、ヒーリングは気功と同じようにとても体がリラックスします。

 また、ヒーリングに行って、自分でも気の巡りをより強く感じるようになりました。以前は足と胴体の付け根が詰まったような気がしていたのだけれど、それが取れたし。NFSHはヒーリングの医学的効果を証明するべく、医療関係者と積極的協力を行っていますが、NFSHの会長自体が医師であることを考えると、医療関係者の間でもヒーリングや気功に対する認識が高まっているようです。

 私がここに書いていることを信じる信じないはみなさんの自由であり、私には、みなさんにヒーリングは絶対いいからやりましょうと言うつもりはありません。
ただ、ヒーリングはたとえば、死んでいく人たちにも必要で、死に際に平和な心で少しでも痛みを少なく死ねるようヒーラーにヒーリングを頼む人もいるそうです。私にもヒーリングが何かはよく分かりません、でも、ヒーリングを受けるようになって、だいぶ心が落ち着き、人と助け合うことがとても大事だと思うようになっています。

 ヒーリングは奇跡的な肉体的治癒というよりも、患者自身が自分の中に治ろうとするエネルギーがあるということを自覚し、その力を培っていくためのゆっくりした精神的、肉体的な癒しのありかただという気がします。 ただ費用が問題であり、パーキンソン病の方の場合、治療の場所まで行くのも問題で あり。

 ヒーラーさんにお願いするのもいいのですが、遠隔によるヒーリング治療というのがあるらしいから、それを自分でお互いにやり合うのはどうすればいいのかな。やっぱりちゃんと訓練を受けないといけないのかな。何かそういうのが勉強できて、みんなでやったらいいような気がするのだけど。自分達で自分達の治癒能力を取り戻せたらいいですよね。病気だって、自分のためにヒーリングはできるんじゃないかな。そしたらいつでもできるし。(と)

 ヒーリングがどういうものなのかいまいちよくわからないのですが、以前日本でTさんというひとがヒーリングの力をもっていて、痛みのなかなかとれない人、現代 医療でなかなか治療しにくいような病状の人にヒーリングをしているというので有名になったことがありましたね。
宗教とかコンサルテーションとかとも違って、特別にそういう才能をもっている人にしかできないもののようですね。そういう人がどこにいるかを知ることが必要ですね。(よ)
科学的裏づけが必要でしょうね。私もうまく説明できないから。日本では高いといいますし。ガンの患者さんに気功を取り入れている病院が日本にあると聞きますが。ロシュのサイトでお医者さんが答えてくれるようですから、心配なことがあったら聞いてfた方がいいです。(と)

Page Topへ
RepeatRegion1