Apple カフェ 2010年12月[7006-6959]

indexへ戻る
[7006]水素水の効果は? 投稿者:MyBrother
昨年から下記の記事をよく目にしますが、
「水素水がパーキンソン病の予防、治療に効果と発表!! この度、パナソニック電工と 九州大学大学院薬学研究院は、 水素を含んだ水をあらかじめ飲用することで、 パーキンソン病などの脳神経疾患の予防と治療に有用な可能性があると発表した。」
皆さんの中で試した方がいたら、効果が有ったのかどうか教えてもらえるとうれしいです、是非お願いします。

(2010年12月19日 (日) 18時26分)

[7007] わかりませんが、 投稿者:チョコチップ > 以前、浄水ポットを買った時に、appleに相談メールをしました。
アルカリイオン水が良いとの事だったので、アルカリイオン浄水器に交換しに行ったら、
何万円かの違いに驚きましたが、引っ込みがつかずに買ってしまいました。

浄水ポットに取った水をろ過して(15分位)、電源の入った本体に載せてアルカリイオン水にするのに5分位。
出来上がりは、やかん1杯。
この本体が15回毎に、洗浄を要求します。色々、諸々あって・・・面倒でした。

結論を言いますと、うちの場合は家中の水道管が錆びていて、飲み水に適していなかったので
今回、水道管を入れ替えて貰ったら、面倒になって浄水ポットは使っていません。
鼻も効かないので、子供たちが言わなければ私には分からない事です。

築20年の家の手抜き工事で健康被害が出たと、訴えようかと思うくらい腹がたっておりました。

効果については、検査をして何かの数値が変化したというような研究結果を見なければ分からないのでは
ないでしょうか?

(2010年12月19日 (日) 22時00分)


[7011] ご参考まで 投稿者:青い山 (2010年12月20日 (月) 00時30分)


[7042] 水素水とそらまめ 投稿者:MyBrother 青い山さんのメールのURLをクリックしましたが、エラー表記(権限がない)で閲覧出来ませんでした、非常に興味が有ったので残念でした。自分の考えはどちらかと言うと治療というより予防なのかなと言うものですが、素人なので分かりません。フリーラジカル対策と理解しています。
又、そらまめも良いと聞き始めたところですが、どのくらいの量をいつ食べたら良いか分かりません、効果があるかどうか様子見している所です。Aplleのどこかに詳しく書かれていたかと思いますが、検索できません。まあこうやって色々試して、その知識を皆で共有していければ患者・家族にとって有益な情報交換の場となりますね!
(2010年12月25日 (土) 17時04分)


[7046] ご連絡、恐縮です 投稿者:青い山 (2010年12月26日 (日) 09時51分)


[7049] そらまめ 投稿者:sophia > My Brotherさん、

そらまめについての記事は下にあります。

http://www.geocities.jp/applereaderpage/iryou/favabeans.html

ただ、ソラマメの中に含まれるL-ドーパの量が正確にはわからないし、どれだけ食べるかにもよるので、ソラマメを食べることによって内服薬の調整が余計にややこしくなる可能性もあります。

敢えてソラマメでL-ドーパを摂取しなければいけない理由がわかりません。
脳で必要としている量を補えばいいのですから、それを薬で摂ろうと食物で摂ろうと変わらないのであれば薬の方が量がはっきりしてよいと思います。

それ以外にソラマメで摂るメリットがあれば別ですが。

十分に考えてからお試しになるようにお願いします。
(2010年12月26日 (日) 13時23分)


[7059] ミトコンドリアを増やすには 投稿者:piano
最近の地方新聞の記事です。

太田成男日本医大教授(日本ミトコンドリア学会理事長)が出版した本、「体が若くなる技術」(サンマーク出版)でミトコンドリアの重要さをアピールしている。

パーキンソン病は古くなったミトコンドリアを除くことができなくなって起こる病気とわかってきた…

ミト…の量を増やすには@自転車漕ぎやジョッギング等やや強めの有酸素運動をする。
A背筋を伸ばすB寒さを感じるC空腹を感じる
いずれも最新の論文に裏付けられている。

神経細胞のミト…を増やすには、脳の血流を増やす。運動は間接的に脳の血流を増やすことになるのでお勧め。新しいことに興味を持てば脳の血流を増やすことになる。

「ミト…の量が増えればエネルギー生産時の活性酸素の発生も抑えることが解ってきた。生命の根源であるミト…をふやせば、10年位はかんたんに若くなるはずです。」

かいつまんで紹介しました。
(2010年12月30日 (木) 03時12分)


[7063] ミトコンドリアに関する情報について 投稿者:MyBrother > pianoさんありがとうございます、貴重な情報を頂けました。いよいよ現代医学がPDを初めとする脳神経病の原因について核心に迫って来ているような気がします。確かにミトコンドリアの損傷に関する予防・修復と言うことが今後の研究のテーマになるのでしょうね、それに対して今現在有効な薬がないのでQ10だとか水素水が歯止めとなるのではと言う考え方が関係者にあるのかなという感じかな。自分としては前に書いたように水素水とそらまめ(L−ドーパ補給)に興味を持っておりまして、ソラマメを試していますが効果は良く分からないので、正月明けから水素水を試そうと思っています。紹介の本は興味があるので読んでみたいと思います、有難う御座いました。今は興味のあるものは試して見たいと言うのが偽らざる心境です。
(2010年12月30日 (木) 18時08分)


[7069] 同感ですね 投稿者:青い山 (2010年12月31日 (金) 10時38分)


[7084] 返信先の間違い 投稿者:MyBrother > この話題への返信をしたつもりが新規投稿となってしまいました、お恥ずかしい限りです。

pianoさんありがとうございます、

>太田成男日本医大教授(日本ミトコンドリア学会理事長)が出版した本、「体が若くな>る技術」(サンマーク出版)でミトコンドリアの重要さをアピールしている。
*まだ読んでおりませんが、本が届きましたので楽しみにしております。

青い山さん貴重な情報ありがとうございます。
>MyBrotherさん、同感です。pianoさんご紹介の書籍も購読してみます。‘ミトコンド>リア’と老化、パーキンソンD.に言及される本、著者では太田成男先生ほか日置正>人・・・安保徹氏がおられるようですね。
>[4997] 薬を飲まないでパーキンソン病が治るという本は買わないでください 投稿>
者:迷医 > 現在、薬物治療が主流であること、外科的治療、リハビリはこの後になり>ます。著者の中には神経学会の神経内科専門医は一人もいません。・・・を思い出し>ました。
*私の拙い考えとしてはPDと直接向かい合って治療を試みる方法(西洋医学)と体の免疫力を高める方法(東洋医学?及び上記の安保徹氏)の2種類がありそのどちらの方法にせよ将来的にはご指摘のミトコンドリアの問題・遺伝子情報の問題と言うことに落ち着くような気がします。対策としては新年なので勝手な夢みたいな記述する事をお許しいただけるとすると、@ミトコンドリアを正常化する新薬の開発A幹細胞の移植手術B遺伝子情報の書き換えなど新年の酔っ払いの独り言を言ってしまいました。

 現実はL-ドーパの処方が主流でありますが、自分も含め様々な副作用の不安・進行があり、現状維持の薬でなく完治する薬が発売されないかと誰しも熱望している状況だと思います。他の方の投稿を読んでいても、本当に辛く涙が出そうになりますが何もしてあげれない自分の無力さを感じてしまいます。

自分は処方に関しては主治医任せにしており、それ以外の免疫力を高めたり、固縮に有効な情報を身を持って収集するぐらいのものです。
 ただ、新年にあたり絶対に諦めてたまるかと言う気概を強くした事と去年より改善すると言う目標を持ちたいと思います、皆さんも一緒に頑張りましょう、乙武さんも頑張ってますから・・・。


(2011年01月04日 (火) 16時17分)


[7095] あるブログから 投稿者:青い山 私は書きました。[7069]>東洋医学では
PDの治療に血流の改善と酸素不足を唱えますが、フリ−ラジカルと呼ばれる‘活性酸素’の
扱いと位置付けでは如何なるのでしょうか。

つまり、好からぬ活性酸素にさらに酸素の供給を促すような論理ではとの危惧からでしたが。
以下、ヤフーブログのある記事が目に留まりました。

siro●●●wrote>交感神経の活性化は、アドレナリンの生成を促す。
するとアドレナリンレセプターを持つ顆粒球はそれを察知し、自分達の数を増やそうとする。
顆粒球は体内に活性酸素を保有するため、顆粒球の増加は必然的に活性
酸素も増加させる。だが体内に活性酸素中和剤が十分あるか、顆粒球数が
適正範囲内に収まっていれば、活性酸素が少々増えても、体はその悪影響
から逃れることができる。しかしそうでない場合、つまり中和剤不足や
顆粒球過剰の状態にある時、交感神経が活性化されると、多すぎる活性
酸素が体内で暴れ始め、人は病気を発症することとなる。

この記述の‘アドレナリン’を‘ドーパミン’と読み替えることは如何でしょうか?
私自身、まだまだ認識の不足も疑問も承知していますが、これって免疫学の範疇ですか。
どうか専門家のご意見をご教示下さい。


(2011年01月06日 (木) 21時06分)


[7098] ご参考になれば パーキンソンの原因 投稿者:MyBrother > パーキンソン病とその原因(SOARA療法HPより引用)
パーキンソン病は、中脳の黒質線条体系の障害に起因して、重要な神経伝達物質であるドーパミンが減少することにより発症する神経変性疾患であるといわれていますが、その根底には、体のエネルギー産生を担うミトコンドリアの機能低下と数の減少があることがわかってきました。
ストレスが長い間続いて自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ、交感神経の刺激によるアドレナリンの分泌が増加し続けると、血管は収縮して血流が滞り、酸素不足になって体温も低下します。
これはミトコンドリアにとって非常に働きにくい環境です。ミトコンドリアは各細胞の細胞質中にある小器官の一つで、血流によって細胞内に運ばれてきた栄養(グルコース)を、酸素を使って燃焼させることにより、体内のエネルギー通貨であるATP(アデノシン三リン酸)を産生しています。
このミトコンドリアによるATP産生が行われなくなると、本来多くのATPを必要とする脳の神経細胞は正常な活動ができなくなって酸化ストレスが蓄積され、ドーパミン合成や分泌に影響を与え、神経伝達の亢進と抑制のバランスが崩壊して、特徴的なパーキンソン症状の発現を導くと考えられています。
 全くの引用です、生意気ですが自分の考えを代弁しています。免疫学の第一人者である安保先生によるとPD罹患者は上記の交感神経の緊張が激しく長く続くと具合が悪くなるそうです。ですから極力ストレスは持たないようにしたいですね。

(2011年01月08日 (土) 12時43分)


[7099] なるほど、そしてある治療法が 投稿者:青い山 MyBrotherさん、
確かに私が書きました[7095]よりスマートな記述で助かりました。

また、現在読んでいる「ミトコンドリアを復活させる電子付加技術」との副題が付いた
書物では効率の良いこのATPの生産に触れ、次の様な論理展開をしています。

‘まさにミトコンドリアを包む外膜と内幕との両側では電子によって電位差と
呼ばれる電気化学的エネルギーが生じ・・・’と生化学反応の過程を模式図で示し、
‘ここで重要なのは効率を促すには、やはり酸素が必要’としながら‘その利用に
よってスーパーオキサイド、ROSなどの活性酸素種の発生を余儀なくする。’
また、これらの排除システムは‘スーパーオキサイドジスムターゼ(SOD)という
酵素を用いてH2O2反応から発し、グルタチオン・ペルオキターゼ(GPx)によって
無害化、体外排出となる。しかし、劣悪な環境や過度のストレスによる活性酸素の
過剰な発生は体内の金属(FeやCu)と反応し、活性酸素種で最も有害とされる
ヒドロキシラジカルを作出する。’が、‘我々の体内にはこの解毒システムはなく、
やがて人間にとって最も恐ろしいDNAの酸化損傷が開始される。’としながら、
‘これも不足した電子を補う環境を用意することで解決する。’とし持論である
‘イオン化セラミックES−27’を用いた電子付加治療へと誘っている。
   
 参考)‘不老長寿を実現させる科学’宇野克明著(日本免疫治療学会々長)

 
(2011年01月08日 (土) 15時33分)


[7101] 本題の水素水の効果についてに戻ります 投稿者:MyBrother > 本日水素水500mlが10パック届きました、ミンティさんから教わったように新しいことに「試し」てみます。
 <説明書から転記>
@活性酸素とは2種類ある、「善玉活性酸素」「悪玉活性酸素」。PD患者に関係有るのは「善玉活性酸素」で「神経伝達」「血管新生」「免疫機能」の役割担っている。
A水素は「悪玉活性酸素」のみ選別して還元する。ビタミンやポリフェノールは「善玉活性酸素」まで還元してしまう。
次が水素の優れたところで、L-ドーパの開発と同じように
B脳内の「血液脳関門」を通過出来る、L−ドーパと同じ原理ですね。L−ドーパ以前の薬はここを通過出来なかったので効き目がなかったと理解しております。ようするに水素は脳細胞に届くと言う事です。
以上が説明書に書いてあり、私が最初に投稿した
 昨年から下記の記事をよく目にしますが、
「水素水がパーキンソン病の予防、治療に効果と発表!! この度、パナソニック電工と 九州大学大学院薬学研究院は、 水素を含んだ水をあらかじめ飲用することで、 パーキンソン病などの脳神経疾患の予防と治療に有用な可能性があると発表した。」の原理です、まず自分で試してみようと思います。



(2011年01月08日 (土) 17時46分)


[7106] はじめまして 投稿者:うるめちゃん >  はじめて投稿します。 病歴6年53歳女性です。
この病気の一因に、長期にわたるストレス・・・とあり、思い切ってお尋ねします。
 私の夫は大変気難しい人で、結婚して25年になりますが、夫と一緒にいるときは常に気を張っていて、心が和むということはありません。
 私がこの病気になった一因に、気難しい夫との25年は関係ありでしょうか?

こんなおおまかな内容では答えも出ずらいでしょうが、長期にわたる忍耐が原因の一つになるかならないか・・・どうなんでしょう?

初めてなのにこんな重い質問ですみません。
(2011年01月09日 (日) 19時51分)


[7108] え? 投稿者:raisin > 発病の前に長期にわたるストレスがあったかもしれません
母は、それが私が病気になった原因だと言いますが、私自身はそう思いたくありません
違う生活をしていたら病気にならなかっただろうと思うことは、いままでの生活を否定するようなきがして・・・

ただし、元気だったらきりぬけらた環境でも、病気の身では無理ということはあるかもしれません
いろいろな方の生き方を読んでみては?

http://www.h2.dion.ne.jp/~park/books/list1.html#kanja

http://bbs2.sekkaku.net/bbs/nakama.html



(2011年01月09日 (日) 22時36分)


[7111] 常に気を張っていました。 投稿者:チョコチップ > 一因であると思っています。

「あんたは、僕のせいで具合が悪くなるんだなあー」
私の顔色が変わるのを見た、夫の一言。去年の事です。

発症6年、結婚30年、家の中はいつもピリピリしていました。
でも、子供たちが優しく育ってくれたので、ほっとしています。

還暦 迎える頃に反省されても・・・・・・・・・・・・複雑
人間  変われる部分と、変われない部分があるようです。
(2011年01月09日 (日) 23時46分)


[7116] わおー! 投稿者:raisin > むむ・・・
「あんたは、僕のせいで具合が悪くなるんだなあー」
って言ってくれるなんて、うらやましい

なぜピリピリしているのか????
ご主人が迫力ありすぎるのか?
経済的にも頼りになるんでしょ
そういう方を選んだ自分をほめていいと思います
反省してくれてるなら、これからたくさん甘えればいいと思います

(2011年01月10日 (月) 19時17分)


[7117] わぉー!ですね。ホント 投稿者:チョコチップ > そうです。笑って暮らすのに、遅すぎるということはありません。

 しかし、C2H5OH は、手ごわい!!!

病気になってからの私はちょっと強くなった。
言い返してもいいんだよ。 負けるな! 自分!
(2011年01月10日 (月) 22時02分)


[7119] がんばります! 投稿者:うるめちゃん >  貴重なご意見ありがとうございます。
自分の置かれている環境も踏まえて、病気と向き合います。
ここで紹介されるいろいろなものを積極的に試しながら・・。
病気を受け入れるだけじゃなくて、立ち向かう気持ちも大事ですね。
(2011年01月11日 (火) 08時03分)


[7120] しょうがないよね☆ 投稿者:ミンティ > <私の夫は大変気難しい人で、夫と一緒にいるときは常に気を張っていて、心が和むということはありません。>
私もです。結婚とは修行と思い精進してます。 付加的にPDが加わった感じです。
夫には話しませんが(本人に気の毒で話せないのです)
気晴らしも 多い私ですが 結構しんどいですわ〜
身体の動きが悪い時も話せないし、其れが 甘えられず 頑張ってるのかな〜♪
甘えたい自分でも、甘えない方が 良い時もあると信じてます。 絶望と期待の繰り返しで 自分の足で歩く事で 答えが出て来ると思います。
(2011年01月11日 (火) 14時47分)

PageTopへ
[7078]ジストニア(症例について) 投稿者:なおゆき HP・blog
こんばんは。P病3年目(症状が出てからほぼ丸3年です)。
ここ3ヶ月ほど毎朝通勤時、自宅から最寄り駅まで歩く際に、左足のジストニア(*1)で10m歩いては、やすんでストレッチ(ひざからお尻側にまげて引っ張る)状態になってしまいます。事実上通勤に支障をきたしてしまいます。

主治医には相談し、起きたらすぐに服薬する(ベッドの横に置く)。効かなければ水に溶かして飲むというアドバイスをもらっています。起きてから約40分で家を出て歩行を開始します。
しかし、やはり歩き始め30分程度は上述の「10m歩いては、やすんでストレッチ」になってしまいます。歩行による足裏への加重でジストニアを誘発しているように思えます。
今は、仕方が無いので最寄り駅までタクシーを利用しています。

週末やこの冬休みに入り、10時頃や、午後2時頃。普段なら仕事中の時間に駅まで歩いてみましたが、やはり「10m歩いては、やすんでストレッチ」状態に陥ります。平日仕事中ではこの時間帯にあるいてもこの症状はおきませんので、服薬の時間には関係なく起こるように思うのです。Lドパ(メネシット)の半減期は約1.5時間、レキップ(アゴニスト)は5〜6時間と認識しており、薬の不足や効きの遅れかとも思いましたが違うようです。精神的なもの(仕事に行くために駅に向かうのと、私用との差)も無いです。

このような状況に類似の経験談や、アドバイスいただければ幸いです。

(*1)ジストニア
足裏を中心に凸に曲がります。指先が下向き。手で言えばグーですが足なので丸まりきりません。ひざ下ふくらはぎから脚下箇所は攣っている状態です。

(*2)服薬
レキップ 2mg×1錠 4回/日 朝 昼 夕 夜
シンメトレル 50mg×2錠  朝 夕
メネシット 100mg 2,2,1/日  朝 昼 夕
ナウゼリン 頓服



(2011年01月03日 (月) 05時01分)

[7080] このご相談には… 投稿者:ふみくん (2011年01月03日 (月) 18時22分)


[7087] こんばんは(^^) 投稿者:なおゆき (2011年01月04日 (火) 22時09分)


[7089] 歩行時薬は効いていますか? 投稿者:ももんがまーこ > なおゆきさん、こんばんは
その歩行時は薬は効いているのですか?
ジストニアはONの時にも出るのですか?

私の場合はジストニアはOFFの時のみです。
昔、ジストニアで足の指が内側に曲がり靴が脱げて歩きずらい時期がありました。
その為、変な動作(歩き方)をして靴が脱げないようにする為足が痛くなることが
ありました。

この状態ではないのですか?

片方の指のみ内側に曲がっているということは、左右のバランスがとれていなく
どこかに負担がかかっている状態です。
ましてやその状態ではちゃんとした歩行は出来ず負担のかかっている所が痛くなり
歩けなくなる。

>平日仕事中ではこの時間帯にあるいてもこの症状はおきませんので
とありますが、その時、朝と同じような歩行距離ですか?
そこまで長距離あるいていないのでは。
それにその時は足の指は丸まっていないでしょ。
(2011年01月05日 (水) 23時00分)


[7100] こんばんは(^^) 投稿者:なおゆき (2011年01月08日 (土) 17時26分)


[7104] 同様のようです。 投稿者:ももんがまーこ > こんばんは
3.の部分は私の言葉足らずで実際は
なおゆきさんの状態と同じ状況でした。

この結果からすると
 1.このような時は余り歩かないようにする。
 2.服薬時間をもっと早くし通勤時に間に合わせる。
という解決策しかなさそうです。

今はもう2.のことはされているようなので
結果待ちということでしょうか。

薬が良く効くように
早寝早起きをし早めの服薬で出動体制完璧で挑む
という所ですね。
(2011年01月09日 (日) 04時11分)


[7114] ジストニア・・・ 投稿者:なおゆき (2011年01月10日 (月) 07時57分)

PageTopへ
[7103]なぜ、私はソラマメを食したか 投稿者:青い山 HP・blog

先ず、真摯にPD患者への治療に向き合ってこの場を提供されている
Appleのスタッフの皆様に、心よりお礼を申し上げます。

さて私事、私なりに避けて通れないと思う命題‘なぜ、私はソラマメを
食したか’を自身に提起します。
また、これは治療に東洋医学、漢方や鍼灸、整体ほかを併用される患者
さんがいても、抗酸化剤に代表されるサプリメントや食物、最近は水素
を含んだ水の摂取を試されたり、ダイエットや、生活全般の使用品にも
こだわってみても、現代医学という支点さえ外さなければ、何も偏った
意見でもなく、ここでは不当な揶揄は起きない筈です。

さて、本題へ戻りますが「なぜ、薬で済ませられないのか。」私も反面は
効果が期待出来るか半信半疑でした。また、これを真似てはいけない人も
いたかも知れなかったし、それなら公開しなくても良かったと。
しかし何がそうさせたか、納得のいく情報は少なく、分らないから是非と
も自身で試してみる価値を、衝動を感じたとしか。そう冒険、では研究者
の検証は充分になされて来ていたのだろうか。食物でのL-ドーパの含有数
値さえ見当たらない。

薬物は本質的には‘毒’ですが、使い方しだいで‘薬’になってこの上な
く人間に重宝して、医療現場では必至の薬物が沢山あり、日夜新薬の研究
と開発が進んで来ました。ましてPD患者の間においては、病気から離脱
出来る治療や薬が熱望され続けています。勿論、私もその一人なのです。

こと農業においても、農作物に除草剤(活性酸素)を撒けば、農作業の能
率や労働生産性が大きく上がり、また重労働となる身体の苦痛も大きく軽
減される訳です。

害虫の駆除に殺虫剤、植物の病気には殺菌剤。その他、収穫後の腐敗の防
止には抗生物質、芽が出て見場が悪くなる収穫物にかつてはガン誘発の危
険ある剤までがポストハーベストと称され。ここでもかなりの数と量の毒
劇物を含む薬物が、国の使用基準や農薬残留の適性検査をクリアーしたと
して使用されてきました。

だから、問題ない?ないかあるか?農薬により明らかな被害を受けた人で
なくても、使用しない、あるいは回数を減ずる。手間が要っても他の手段
を講ずる。諦めてしまう・・・いろんなリアクションがあるでしょうが。

この人たちに聞いてみましょうか。「なぜ、薬を使わないの。」果物から
ビタミンを摂取するなら、ビタミン剤を摂る方が遥かに効率的で安いでし
ょうと。しかし、時代は明らかに変わりました。上から目線は確実に拒絶
されるでしょう。情報化が進んだ分、個人の意見は多様化し、先ずお互い
に承知ありきでしょう。現在のコミュニケーションはそこから始まります。
それから、確認を重ね交感が進められてゆくのではと思っています。

私がソラマメを食してと述べた事由は、回りくどく申しましたがここにあり
ます。‘ソラマメに含有するL-ドーパが効いたか、効かなかったか’科学的
分析、検査手段を持たない私には、少しの時間を下さい。逆に言えば即効で
はなかったと言えますが、後は2年目の試技とし、継食中に有意な事柄が認
知出来れば、また報告をします。

そして、長年に亘り化学肥料や農薬の使用を続けてきて止めた圃場が、本来
の力と健康を取り戻し回復するにも暫くの時間が必要です。
さて、ここ‘Appelカフェ’にも、色々な手技の可能性と研鑽、暖かいアドバイ
スの生きるLOHASな土壌が芽生えますように・・・

以上です。
(2011年01月08日 (土) 22時20分)

[7105] いろいろな薬がある 投稿者:raisin > からだの中に不要なものを排除する薬(毒?)・・・抗生物質など
からだの中に必要なものを補う薬・・・ビタミン剤、Lドーパなど
区別して考えたほうがよいのでは?

(2011年01月09日 (日) 19時38分)


[7107] ”農薬がPDの原因の一つ”は頷ける 投稿者:piano
青い山さんのお話に出てきた”農薬”について、以前から思っていたことがあるので、思い過ごしかもしれませんが、この場をお借りして書かせていただきます。
青い山さんの主旨とは外れますがお許し下さい。

自分が27才の時、みかん畑から新興住宅地へと少しずつ開発されていた地域に小さな家を買い、20年ほど住みました。

家のすぐ東側はその後、十数年間みかんの栽培をして、年数回の消毒をしていました。消毒の日は、農家の旦那さんが「今日は消毒をします」と言いに来てくれるので、洗濯物は家の中に干しました。暑い時期が多かったので、家を閉めて、暫らくは子供をつれて公園に行ったり、2キロほど離れた実家で半日過ごしたりして気をつけていました。

40歳前頃だったか、やはりその畑とは家の南側を接している家の私より少し若いSさんが、震え、パーキンソンのような姿、消え入るような声、しかしもっと進行の早い病気であっという間に外で見ることはできなくなりました。

少し離れたところの、私より少し年上の女性もパーキンソンで病院でよく会います。

農家の旦那さんは60台でアルツハイマーになったらしいです。みかん畑はアパートにかわりました。

Sさんの子と私の子はアトピー性皮膚炎に悩まされました。

パーキンソンは1000人に一人か二人と言うけれど、その地域は多すぎるのではないかと思います。
まだ他にいるかもしれません。

青い山さん、失礼します。
ソラマメの食べすぎには気をつけてください。同じものをたくさん摂ると農薬が蓄積しないか心配です。



(2011年01月09日 (日) 22時35分)


[7109] 失礼を申し上げました 投稿者:青い山 [7103]は新年早々という事もあり、かなり気負って書きました。

>raisinさん
ご指摘の点は、‘農薬’と‘医薬’を混同したような表現で失礼をしました。
ただ、農作物での細菌性の病害に使われているマイシン類(抗生物質)は、
人の体に入れば必ずしも好ましくはないだろうとは思います。
 *食物連鎖・蓄積、身体的弱者では最悪
私も薬理には門外漢なのですが、‘治験’の経験が一年あります。
その時の経緯については発言を控えますが、凄まじい副作用と思う体験が続き、
新薬と聞いていたので首を傾げた事を思い出します。
 *それが治験なのかも知れませんが
どちらにせよ舌足らずであった事は、お詫び申し上げます。

>pianoさん
一昔前の‘農薬事情’は今では考え難いのですが、かなりのグレーですね。
また、私へのご心配には恐縮します。
(2011年01月09日 (日) 23時15分)

PageTopへ
[6934]忘年会(歓迎会)・・・ 投稿者:ミンティ
やっぱり 歓迎会兼忘年会 ですよね
それは、嬉しいのですが 食べ物に気を使う私としては
野菜が主な方だし わがままな話 声が通らなくなるので
あの飲み会の賑やかさは、嫌いなのです
 特に病気になるに従って感じてきましたが
話し声が他の人に、聞こえない様なので 
会話していると段々と、相手が近づいてくるのが 厄介です・・ 
後、時間が経つと疲れとで歩けなくなるような気がして 
不安が過るのです
会費だけは、払って早々に帰る事になりそうです
とうとう来た 忘年会です 
ここでカミングアウトしそうなので しっかりしなきゃ
PDだって言いそうなんです
気が重いが、みなさん 忘年会って好きですよね★
(2010年12月01日 (水) 22時32分)

[6950] 憂鬱な忘年会・新年会 投稿者:MyBrother > ミンティさんの気持ち良く分かります、お酒を飲むこと自体は嫌いな方ではないのですが、PDになってからは特に声が出難いので騒がしい場所は苦手です。長時間飲んでいると腰や足が痛くなり、帰りが不安になるので家で飲む以外遠慮しています。
 しかし来年の目標として月1〜2回飲みに行くという事は掲げております、気があう仲間とバカ話するのは楽しいものです、今はまだ辛いほうが先にたちます、残念。
 今年も13日がその日ですが不安になりキャンセルしてしまいました、このあいだ久しぶりに残業したらまともに歩けなかったからです。無理する必要はないですよね!

(2010年12月05日 (日) 17時45分)


[6952] 私の場合 投稿者:リラックマ > ご無沙汰しています(~_~)

12月・・・みなさん忘年会の季節なんですね!
うちの会社は、忘年会が無いのです。歓迎会・送別会は必ずあるのですが・・・。
症状がひどい当時は、すべて欠席してました。なんせ歩けないのだから無理、無理・・・(-_-;)

今は、薬を飲んで参加できるようになりました。帰る直前にも薬を追加するので、電車での帰宅もクリア出来ています(*^^)v
やはり、みんなと一緒にお酒も飲みたいし・・・特に送別会の欠席は気が引けました。(検査入院後だったので、理由にはなりましたが。)

無理せずに、体調に合わせて参加した方がいいと思います。職場では理解してもらえるかなかなか難しいとは思いますが・・・。
でも、みんな同じなんですね・・・声が通らないということ。私も職場で勉強会の講師をした時に、後ろまで聞こえないと言われて辛い思いをしました(>_<)

ミンティさんも、楽しく出席できるといいですね!
(2010年12月05日 (日) 19時17分)


[6953] LSVT loud を試してみては 投稿者:Befree >  始めまして、私はもともと声が小さく、挨拶しているのに聞こえてなかったり、電話で声が相手によく聞こえていなかったりで、職場での宴会は居酒屋でうるさい場所は苦手で話しても聞き返されるので。自分のいいたい事が伝わらなくて、気の合う友人としか話さなくなりました。

 患者会に入ってもインターネットの掲示板では、文字で気持ちが伝わらずストレスがたまり、余計な話をして相手のの気分を害したりKYと言われ辛い思いをしました。

 今は友人全員にカミングアウトし、心配して訪ねてきてくれて食事をおごってくれたり大学の友人が同窓会を開いてくれて、20数年ぶりに会いました。

 LSVTは小声を自覚し大きい声を出すストレス解消にもなり、毎日STさんと話すことが楽しくなり、自分に自信が付きます。

 カラオケを歌ったり、卓球など楽しくリハビリすると自前のドーパミンがよく出るような気がします。おすすめします。

 


(2010年12月05日 (日) 20時04分)


[6956] LSVT loud とは何でしょうか? 投稿者:ミンティ > Befree さんへ、教えてください
 
LSVT loud とは、お薬ですか?

短い文章ですが、よろしくお願いします

今日一日、PCとミシンと一緒でした 明日は、プールです

おやすみなさいね☆彡
(2010年12月05日 (日) 21時56分)


[6958] LSVT 投稿者:sophia > LSVTとはリーシルバーマン法というパーキンソン病のためのボイストレーニング法です。
APPLE内の補助療法の中にファイルにしてあります。

http://www9.ocn.ne.jp/~pdiyasi/hojo/031.html

このAPPLEカフェの中でも何度か話題になっています。
検索してみてください。


(2010年12月05日 (日) 23時17分)


[6992] もっと具体的に教えてください 投稿者:MyBrother > 初めてLSVTについて読んでいたら、結論として以下の記述がありました。
国立精神神経医療研究センター病院(東京・小平)で、2010年6月からLSVT BIGが始まる。おそらく日本で初めて、唯一の病院であろう。
 これではいくら良い理論であっても、ほとんどの方は体験できませんし、詳細も英文で自分の能力外であり、もっと万人が参加出来るサイトがあったらsophiaさん教えてください。自分の不勉強さを棚に上げて申し訳ありません、良いものであれば普及すると思います。
(2010年12月12日 (日) 17時13分)


[6993] リーシルバーマン法について 投稿者:sophia > 日本語のサイトでリーシルバーマン法について詳しく書かれているサイトを当然検索していますが見つかりません。で、外国のサイトをいろいろ探してそのうちでもっともよいと思われるサイトを訳して掲載しました。
リーシルバーマン法の詳細については公開が多分禁じられているものと思います。
というのはこの方法を実際に行うには資格をもつ言語聴覚士の指導の下に行うようにされているからです。
LSVTについてはかなり古くからある方法であり、補助療法のファイルを作った2003年の時点ですでにパーキンソン病に効果がある方法として記載しています。
その後言語療法を研究している大学の先生に問い合わせたこともありますが、日本ではまだ実施されていないということでした。
最近になってリハビリが見直されてきたのに伴って日本でも行われるようになってきたものと思われます。
外国では言語療法士がかなり前からいましたが、日本で言語療法士がパーキンソン病のリハビリに取り組み始めたのはここ数年と思います。ですから、LSVTを行っている病院も1つだけですし、資格をもつ言語聴覚士もまだ少ないのでしょう。

日本で言語聴覚士のいる病院の所在については日本言語聴覚士協会のサイトにあります。
http://www.jaslht.or.jp/index.html


(2010年12月12日 (日) 17時56分)


[6997] 継続は力なり 投稿者:befree21 > MyBrotherさん、ミンティさんLSVTに関心をもっていただきうれしいです。

私はLSVTを国立精神・神経医療研究センターでLoud〜Bicと両方体験しました。両方体験し成功した患者は未だいないそうです。ちょっと自慢です(^^

私はPD発症して4年位はスポーツジムで筋トレやストレッチ、エアロビクス、団地の運河沿いの長ーい遊歩道でジョギングをしてました。

 歩道の切れ目などちょっとした段差につまづくことが多くなり、ある朝、前に転倒し怖くなり、実家に戻り御近所に、病気を隠しての就活でますます、運動不足からだが硬くなりました。

 パーキンソン病は進行に伴い体が硬く、姿勢反射障害でバランスを崩しや怪我をしやすくなります。発症当初からLSVTを開始していれば、進行を遅らせストレスも減ると思います。

 DBSで頭に穴を空けるのも、今後日本で認可されるDuo-dopaでお腹に胃瘻を作り薬を入れるのも、いやな方に第三の選択肢としてLSVTをお勧めします。

 残念ながら就業中は1ヶ月も休養できる余裕のある企業は無いし、戻ってきたら自分の席は無いかもしれません。

国立精神・神経医療研究センターにもこれまでパーキンソン病専門リハビリは無く、同病院の廣實真弓STが学会で発表してからBicは開始されたので、私でまだ5人目でloudも30人目位です。

 Soghiaさんの言われるようにこの訓練の詳細を公開禁止されています。講習会で資格取得しライセンスを取得したST(言語療法士)さん以外は他人に教える事はできません。

廣實、日高STは米国で資格取得されたエキスパートです。内容は単純に見えますが、STさんの正確な見極め、指導力が大きいと思います。

LSVTは自分の意思で1ヶ月やり抜く事、その後も意識しなくても良い声がでるまで自主トレが必要になります。継続は力なりです。

(2010年12月13日 (月) 16時15分)


[7002] LSVT 投稿者:sophia > 私の主治医に話を聞いてきました。

LSVT自体は10年ちかくまえから知られているものであり、講習を受けていない言語療法士でもそれに近いトレーニングはできると思う。
LSVT loudについては確かに4週間やった後の効果ははっきりとある。しかし問題はそのあとをどうやって維持するかであり、たいていの人は自分でそのあとのトレーニングができなくて、せっかくやってもまた元に戻ってしまうことが多い。
効果を維持するためには、何人かでやれるような場所なども必要になるので、通所リハビリのようなところで定期的にやることを考えたりしなければなかなか続けられないだろう。
言語指導してくれる言語聴覚士がどこにいるかは日本言語聴覚士協会に問い合わせればわかると思う。
言語関係の学会でのLSVTについての発表は以前からいくつかのグループでなされているので、学会抄録をみればやっている地域がわかるのではないだろうか。

とのことでした。

(2010年12月17日 (金) 10時55分)


[7003] 望燃快←ぼうねんかい 投稿者: > 今年もあと少し。
一年をふり返り想う。

頑張りすぎでじぶんを疲れさせる一年だったような気がしました。

来年は少し吞気な感じにしようと思います。


今日は元気村という所で沖縄三味線を弾くので楽しみです。
(2010年12月18日 (土) 08時49分)


[7014] LSVT loud をすると 投稿者:ミンティ >  綺麗に響く声と歌も上手なれるかな?
それなら、お試しでもあれば試したいです

忘年会に行きます ローテンションで参加いたします 

所長に、カミングアウトして理事長にいかに伝えるかを伝授してもらい
心が軽くなりました 薬の効き具合が悪い日・時間は足を引きずるものね

万が一 私を飲み会に誘う方がいらっしゃいましたら 
その時もローテンションですので 楽しい事はしません 芳しくありませんので 
あしからず
(2010年12月20日 (月) 20時35分)


[7048] こにゃにゃちは 投稿者:Befree >  ミンティさん

こにゃにゃちは(≡^∇^≡)
LSVTはお試しではできません。基本的には腹式呼吸で、最初は自分の声が出る限界まで声を出します。

>綺麗に響く声と歌も上手なれるかな?
→オペラ歌手のような良い声が出ている自分に驚きます\(゜□゜)/

>忘年会に行きます ローテンションで参加いたします 
ハイテンションで行きましょう。人と話す事が楽しくてカラオケで歌いたくなりますよ。
>カミングアウトして理事長にいかに伝えるかを伝授してもらい心が軽くなりました。 薬の効き具合が悪い日・時間は足を引きずるものね

カミングアウトしてココロが軽くなり、良かったですね( ̄▽ ̄)=3
楽しい事するとストレス解消、ぶらせぼお自前のドーパミンが良く出てるような気がします。





(2010年12月26日 (日) 12時08分)


[7051] 火曜日☆ 投稿者:ミンティ > 職場ではかなり自然体で過ごしてますので 気楽です
利用者の病気・家庭環境を哀しんでいましたが、一度真剣に悩んだら
もう背負いきれない自分に気が付き精神の病気でも 基本同じ人 共に生きる人たち
と 思えるようになりました 
PDではありませんが、気持ちのON/OFF 具合が分るようになって 良かったと思ってます

忘年会ね 楽しんできますね☆ 6年ぶり位の忘年会かな〜随分間が空きました
(2010年12月26日 (日) 23時01分)


[7060] 木曜日☆ 投稿者:ミンティ >  すっかり年の瀬になり 慌ただしくなりました いかがお過ごしですか?
さて 忘年会ですが (打ち込んでるうちに 笑いたくなります 失礼します)
楽しく過ごして来ました  ぺルマックスを半分16:00追加して 参加しました
食べ物が美味しくて 何より サラダが目の前にあり すっかり平らげ 二次会参加
微妙に寒い 歩くにくい ”夕方の薬”忘れてた!! 20:30食後の薬を服薬 条件としては 良かったが 二次会で カラオケが何故か 順番が早くて 声が出なくて マイクが 大変でした・・
順番3回目位から 普通に動けたのでホッとしましたが 
その間 職場のセクハラおじさんを あしらうのが なかなか 大変でした 

お酒は飲んでいなくても ”素”で 面白いという自信が役に立ちました

色々書き足りないのですが 
ずいぶん忘年会で 心配かけました
いつまでも すみません 大丈夫でした☆ 
(2010年12月30日 (木) 14時44分)


[7062] 良かったですね 投稿者:MyBrother > 6年越の忘年会の出席おめでとうございます、途中で投稿した身としても本当にうれしく思いますし、励みとなり勇気の源泉となりそうです。
 薬の服用について詳しく述べられており、共感いたします。私は今の投薬のタイミングに自信がなく、忘年会を欠席してしまいました。しかしその後主治医に残業・飲み会で遅くなるときはネオドパストンを1錠追加してよいと了承を頂きました。勇気を持って近い内飲み会に参加しようと思っております。
 ミンティさんの文面から察すると非常に楽しかったようですね、私はカラオケ関係の仕事をしており、非常にストレス発散でき健康に良いですよ、今後も勇気を下さいね!
(2010年12月30日 (木) 17時35分)


[7066] 良かったよ〜 投稿者:チェリー > とても楽しい忘年会になって良かったです。これで次回に会があっても自信がつきましたね。これからは、楽しむ場の一つになるといいですね。
私は、温かくなったら学生の頃の友達と飲み会を企画する予定です。今はちょっと寒さが身に堪えます。腰痛・骨盤痛に悩まされてましたが、だいぶ緩和されました。今夜は、近くのお寺ですが除夜の鐘をつきに行きます。暖かくして出たいと思います。
皆さん,良いお年を!そして、仲間にして頂き有難うございました。
(2010年12月31日 (金) 09時21分)


[7068] 皆様に出会えて、教えて頂き 投稿者:ミンティ > 今回の体験が MyBrother さんに勇気を与える事が出来て 幸いです
何か調整用に 一つお薬があると 安心感が違います『 大丈夫 』心の中で
唱えると 勇気が湧くかもしれませんね それが ストレス軽減に繋がり 楽しい事の連鎖を生みだし 明るい表情に 発展していくと思います 
私自身が 実験で それが 大変の時もありますが すべての人に 明るい未来が少しである事を 感じとってくれたら嬉しいです  皆様のお仲間にして貰い 喜ばれる出会いで あれば
来年の頑張りに成れそうです 今年は 大変お世話に成りました ありがとうございました☆
(2010年12月31日 (金) 10時26分)


[7085] 母のような温もり 投稿者:MyBrother > ミンティーさん有難う御座いました。
何か聖母から暖かい魔法の言葉を頂けたようです、一字一句をかみ締めて読んでおります。
 たまたま聞いている音楽の歌詞が自分を「決して諦めるな」と慰めてくれて、正月気分で軽く飲んでおりますと、涙が止まらなくなりました。
 自分も大変ですが、この病気に罹患した人にしか分からない悩みに挑戦し乗り越えられた喜びに共感します。
 まったく同じ悩みを共有し、解決策まで見ず知らずの人に教えてもらえるなんてAPPLEに感謝すると共に性善説を感じます。とはいえ、明日から仕事と思うと苦しみが先に思い起こされてしまいます、駄目ですね。ただ、絶対に挫けないという事は心に誓っております。今後とも、心温まる言葉を皆期待しているかと思います、ただ実験台になってとは言いませんのでご安心を・・・。
 
(2011年01月04日 (火) 16時41分)


[7088] ”  試す ”気持ち 投稿者:ミンティ > ありがとうございます
私自身 どうかな? と” 試して ”いる所はあるんですよ
=薬を ジェネリックに替えてみたり=ぺルマックスは身体に合わなかったけれど、メネシットは ジェネリックでも良かった=とか 調子を見ながら” 試して ”ます

薬に関しては 恐る・・恐る・・です  家族にも迷惑をかけるので これは 勧められません  
飲み会は ”試した”結果 良いようですよ  
色々ありますが ストレスはかなり影響するので 心から 心配になるような ストレスは 私の場合 <歩けなくなる> ので 気を付けてます 
空を見上げる様な気持ちで・・・ 下を向かないで☆
(2011年01月04日 (火) 22時56分)


[7102] 今年のキーワード 投稿者:MyBrother > ミンティさんからいつも本当に素晴らしいひらめきを頂きます。
試す気持ちを読んでいて、大切な2つの事に気付きました。
1.何事にも積極的に関心を持ち”試してみる”事
2.下を向かず背筋を伸ばす事
ここ数日以前よりましな歩き方が出来るようになりました、何故かというと今までは上手く歩けないので無意識に猫背で歩いていたのですが、下を向かずに歩くように心がけたらましな歩き方が出来るようになりました。考えてみれば下を向いて歩くと言うことは同時に足を上げずらい状態になっていた訳ですから、なるほど理に叶っている訳ですね。この勢いで実家の母にPD告知以来初めて会いに行きます、随分心配して2度と会えないんじゃないかと言っていたんで、少しは親孝行してきます。
 本当に珠玉な言葉にいつも感謝しております。

(2011年01月08日 (土) 18時07分)

PageTopへ
[7086]ドパミン作動薬の休薬でPD患者の初期学習が向上 投稿者:yamada
Journal of Neurophysiology(2010;103:942-949) より

PD患者が、初期学習の過程でドパミン作動薬を投与しない方が学習能力にすぐれ、特に早期PD患者に著明である事がわかった。
@病変部以外でドパミン過剰に
ほとんどのPD患者は、いわゆる4主症状を呈する。疾患が進行しこのような症状が顕著になるにつれ歩行、会話、他の単純作業の完遂が困難になる。それに伴い、杖や歩行器を用いて身体を安定させるなどの作業の習得が必要となる事が多い。

PDでは、まず脳の上部から障害が始まり、下部に影響が拡大していく事が多いが一連の動作の学習過程には、この脳の下部が関係している。脳の各領域の連絡には、通常ドパミンが関与している。PD患者はドパミン濃度が減少しているのでこの連絡に障害がおこる。現在用いられているPD治療薬のいくつかは、ドパミン濃度は高めるが病変部以外でドパミンが‘過剰’となり学習の妨げになることがある。
A投薬時に学習障害の徴候
今回の研究でPD患者を投薬群と非投薬群の状態におき、2日間試験を実施した。同時に健康な対照群も同様に試験を行い比較した。PD群はドパミン作動薬の標準量を投与されていたが、試験開始の12~18時間前に投薬を中止した。
・コンピュータ画面に物体が明滅した時ボタンを押して反応をみる。
‘X’の文字を出来るだけ早く押す。
 所定の順序でキーを押す。
 
 ・試験の結果
非投薬時の反応はPD患者群と健康対照群で全く同じ
投与時には患者群で学習障害の徴候が確認
 
B結論
  ドパミンを補う薬剤の投与は、ある程度は運動神経の能力が改善すると考えられて 
  るが、疾病早期には影響を受けない挙動も残っており、その挙動もドパミンが神経
  伝達物質として用いられている。
 
  ドパミン補充療法には、部位選択性はなく投与で脳全体に行き渡るため、脳の健康
  な部位に過剰なドパミンが取り込まれる。

★PDに対する新たな治療戦略として、特に標的を絞り込んだ薬剤送達の開発がのぞまれる。

(2011年01月04日 (火) 17時57分)
PageTopへ
[7096]パーキンソン病治療時の脅迫行動 投稿者:yamada


Archives of Neurology (2010;67:589-595) より

ペンシルベニア大学とフィラデルフィア退役軍人医療センターでPD治療薬のうちドパミン作動薬を服用している患者で、ギャンブル依存症(5%)、強迫的購買行動(5.7%)、脅迫的性衝動(3.5%)過食症(4.3%)など、患者の13.6%で衝動調節障害がより多く認められると発表された。
またこれらの障害は、ドパミン作動薬非服用者6.9%にたいして服用者17.1%とドパミン作動薬服用者で多かった。

PD患者ではドパミン作動薬の投与にともない、衝動調節障害のオッズが2~3.5倍に増加した。これは薬剤の種類と衝動調節障害に関連性があることを示している。

ドパミン作動薬は、レストレスレッグ症候群や線維筋痛症などの疾患に対する治療薬として使用も増加している。このような別の集団も対象とした大規模な疫学研究を行い、ドパミン作動薬治療や他の臨床的特徴と衝動調節障害との関係を調べる必要がある。


(2011年01月07日 (金) 06時27分)
PageTopへ
[6965]母のこと 投稿者:ゆう
はじめまして。よろしくおねがいします。
母のことです。
母は5年位前にパーキンソン病にかかりました。3年ほど前から妄想幻想幻覚がはげしくなり、一時きちがいとも言える状態がつづき、父だけが介護していましたが、私も仕事を辞め2人で介護中です。一度薬を調整しておさまったかに見えましたが、おさまっておらず、また幻覚に悩まされる日々が続いています。
幻覚症状は、父の妹が、家の屋根裏で泣いていたり、母の持ち物にいたずらをしたりするそうです。否定的なことを言うと、かばっているとか仲間だとか。いわれます。幻覚症状を抑える薬も今は飲まないようです。本当だと信じきっているみたいです。医者に相談して処方など変えようとすると、おどすようなこといったり、荒れてしまうので相談もままならない状態です。
週2回リハビリかねて、センターに行かせても。毎日の妄想幻覚には何の変化もなく、徐々にエスカレートしていきます。非現実的なことで、私も父もどうして上げることもできません。次第にいらいらして、どなりつけてしまいます。その時も言葉一つ一つ覚えてあとで、こういわれたと揚げ足取られます。病気なのでほってもおけず、でもうまくいかず。
もうどうしていいかわからないです。
同じような体験してらっしゃる人、意見聞かせてください。よろしくお願いします。
(2010年12月06日 (月) 23時17分)

[6966] 役に立つかわかりませんが・・・ 投稿者:raisin > 役に立つかわかりませんが、読んでみてください


(2010年12月07日 (火) 00時45分)


[6967] raisinさんありがとうございます 投稿者:ゆう > ありがとうございます。こんな私の的外れな質問に投稿して頂きうれしくおもいました。

母は幻想を幻想と認めず、幻想に対する薬を、病気が進んだときの薬の調整の妨げになるといい、医者に幻想で無いと医者に証言してほしいといい 薬を元に戻してほしいといいます。

体が不自由なことのケアは父と協力してやっていこうとがんばっていますが、幻想の話だけはなんともいえません。否定すると怒るし。永遠ぼそぼそ聞こえるか聞こえないかの大きさの声で父の睡眠妨げるし。薬が無くなったとか物がなくなったとか。持ち物にいたずらされたとか。泣いているとか。自分の荷物をどこに行くのでも持ち歩きます。バック5・6個ぶんほど。家の中でも持ち歩きます。車椅子も使用してますが、その荷物を押すハンドルに引っ掛け一緒に移動したり、時には車椅子には乗らず、荷物を山済みに載せて押して歩きます。何のための車椅子川からなくなります。

そんな毎日が続いています。
つらいです。

(2010年12月07日 (火) 03時48分)


[6975] ううううーむ 投稿者:raisin > お母様はとてもこまっておられること、自分のことのように感じます
何だかわからないけれど薬は増え、かといって良くなったと感じられない
くすりが増えて自分が自分でコントロールできなくなっていくように感じることがありました
入院したら主治医が変わり処方も変わりました
長い入院になり、その間にあれ減らしてくれ、これ止めたいと先生を困らせました
家族が私の感じていることより医者の「客観的?」判断を信用するのは、とても悲しかったです

(2010年12月08日 (水) 16時23分)


[6978] raisinさん 投稿してくれて どうもです 投稿者:ゆう > 今夜も大喧嘩しました。
けんかの原因は ただひとつです。
幽霊的存在(母にいたずらする父の妹。)を何とかしてほしい。

でも実際そんな存在は家にはいないので、否定するしかありません。
薬の副作用というと、そうではない現実である、と言い張るばかりで、当人同士が何かしているわけでないのに 喧嘩してます。

私は言いました。『病気と向き合ってください。先生にそのことを相談して、薬調整すれば、なくなりますから。時間かかったり、何回か調整して、現象なくなるよう、私たちも一緒に戦うから。』

憎むべき対象を間違っている。母も直接私と父が悪さしてるといってません。でも、実在しないものなので、対処しようがありません。本人もわかっている気がします。ただ、医者に相談して、今利いている薬が変わることにたいしての恐怖があるように思います。

どうしたら 幻想を幻想と認められるでしょうか?

憎むべき対象が違うと思ってなりません。


(2010年12月09日 (木) 02時11分)


[6979] 放っておけば? 投稿者:raisin > 「実際そんな存在は家にはいない」のに「現実である、と言い張るばかり」というのは、本人が薬に支配されているのではないでしょうか。
その状態の方と喧嘩しても意味ないように思います
正しくてもまちがっていても、おっしゃることを肯定も否定もしないできいてあげたら何か変わるかも・・・
笑う門には福来る-----お笑い番組でも見てガッハッハと笑ってみませんか?
まじめなご家族には、誰かが新しい空気・発想を!!



(2010年12月09日 (木) 09時23分)


[6980] 寄添ってあげて・・・・ 投稿者:たんぽぽ > 姫路市にパーキンソン病の患者さんを主体に神経難病の方中心のデイサービスがあります。
その雰囲気が好きでたまにいかせてもらうのですが、ある日、おばあちゃん達が、(ちなみに私は53歳です。)楽しく盛り上がっているので、「何の話?」と聞くとお客さんの話だと言われるんです。

しばらく聞いていると「?」なんですよ。で、指導員さんが耳打ちしてくれたんです。「夕べの幻想の話だよ」って。話っていうのが、想像を絶することばかり。
お世話されている方々は、「ニコニコとそれは大変だったわね」ていう感じで聞いています。否定は全くされません。

私たちも小さな患者会をしていて、幻覚、幻聴には困っている人も居たので、否定せずに付き合うことにしました。

私も患者です。
患者の立場で申しあげると『病気と向き合ってください。先生にそのことを相談して、薬調整すれば、なくなりますから。時間かかったり、何回か調整して、現象なくなるよう、私たちも一緒に戦うから。』というのはちょっと辛いかなと思います。

私は今のところ精神症状は出ていいないと思っています。だけど、否定されるようなことを家族に言われると精神的に不安定になります。

うちの会でも、「最近お客さんは?」とか言って積極的に肯定して話をするようにしたら、最近ではあまり出なくなってきています。
ある奥さんは、ご主人のお客さんに付き合ってお茶まで出したりしたそうです。

薬を減らすことは大事なことだとは思いますが、それだけではないように思います。





(2010年12月09日 (木) 12時40分)


[6981] raisin さん たんぽぽさん ありがとう 投稿者:ゆう > 投稿ありがとうございます。
放っておきたい。寄り添いたい。気持ちは山々なんですが・・・。

話の内容が 放っておけないんですよ。

いくつか内容を挙げるとですね。
・母のダイヤの指輪がなくなったそうです。それを盗んだのが霊的存在の父の妹らしいんです。母は父に言います。返してもらってください。と。事実ではないので父は困ります。
・毎日免許証の写真を磨いています。母は言います。真っ黒にいたずらされます。やめさせてください。父は困ります。
・携帯電話の設定が変えられると父にメールします。普段キーロックされていて誰も開くことさえできません。
・自分の大切なものがなくなったと、いいます。たとえ見つかっても、自分が置いた場所と違うといい、見つけてくれた父に、場所を変えられたと、その犯人はもちろん霊的な父の妹です。
など、持ち物が無くなくなるという訴えが一番多いです。
家の中でも外へ出るのでも、袋5−10くらい荷物をもち 移動します。

屋根裏に住んでいると思っています。どこかに出かけても、ついてくるみたいです。

父と私は 仲間で 嘘をついているといいます。

これは放っては置けない。というか こちらが 気が変になります。

お医者さんからも そんな現象に対しての薬も出してもらいいているみたいです。しかし、体の動きの低下があるらしく、飲んでいません。その部分がいけないと指摘したいんです。肉体的な病気は認めているが、精神的な部分に対しては否定します。誰にも迷惑がかからなければ、それでよいと思います。でも 私も父も 我慢できる範囲を超えていて。

その件意外に関しては、なにも言うことは無いです。

ちなみに、家は 私 父 母 3人で暮らしています。

ボケではないです。検査も受けて結果も出ていますし、一緒にいてそうは思いません。
(2010年12月10日 (金) 02時37分)


[6982] いいわすれました 投稿者:ゆう > こんな私に対して ご意見 体験談 など 書き込んでくれるかたがた 本当にありがたいです。感謝します。
(2010年12月10日 (金) 02時44分)


[6983] スキンシップか? 投稿者:raisin > こまっておられるのはわかります
荷物を持って歩きまわれるのは薬が十分すぎるのだろうと思いますが・・・
もう、ゆうさんとお父様がなかよくしないで、どちらかがお母様の味方になるくらいしか思いつきません
ゆうさんがわるものになるとか、みんなでわーわー泣いてしまって、だきしめてあげるとか・・・


(2010年12月10日 (金) 07時39分)


[6986] 本もいろいろあります 投稿者:raisin > お母様に
http://www.h2.dion.ne.jp/~park/digest/creen.html
ゆうさんに
http://www.h2.dion.ne.jp/~park/books/2009new.html



(2010年12月10日 (金) 09時31分)


[6987] raisin さん  ありがとう 投稿者:ゆう > いつも 投稿ありがとうございます。ありがたく拝見しております。

そうなんです。もうどうしようもない状態です。

幻覚さえなければ こんなに苦しまずにすんでいるはず。

3人で生活していて 直接誰かが誰かに 何かしているわけでないのに 何でこんなに苦しいのか?


(2010年12月11日 (土) 01時14分)


[7013] 同じデス 投稿者:もこ > 家の母も 罹患して10年ほどになりますが、今年の夏から幻覚が出始めました。
最初は、否定もせず ご先祖様が心配して様子見にきてるんじゃない? なんて言ってごまかしてましたが、最近は、出てくる人たちも固定化して 子どもがいたり長靴はいて家中歩く男の人だったり さまざまです。
やはり よくいたずらをされるようですよ。
洗濯物を勝手に出したり、袋をかぶせたり・・・
人がいるからと、お風呂に入りたがらなくなりました。
一人暮らしの母なものですから、先週は隣の家に逃げ込んだりもしたそうです。
症状の進みっぷりに、とても悩んでいます。


(2010年12月20日 (月) 15時38分)


[7026] どうしたらよいのでしょうね 投稿者:ゆう > もこさん 投稿ありがとうございます。

うちもそうなんですけど、ごまかしはききません。
どんなに 言い聞かせようと おそらく わかちあえないかもしれないです。
体の病気は受け入れますが、幻覚的症状は誰がなんと言おうとも譲らないといっていました。

もこさんに ひとつ いいたいです。
一人で対処しないほうがいいです。いろいろあるとは思いますが、何人かで対処したほうがいいように思います。
(2010年12月22日 (水) 09時30分)


[7027] 勘違いしないでほしいです 投稿者:ゆう > 実際この病気の方も、閲覧されているかと思います。
気にさわる文もあると思います。
本人も、介護する私たちも 苦しくてなりません。

解決できない悩みかもしれません。
同じような体験をしている、またはされていた方のお話を聞きたいと思い投稿しています。
(2010年12月22日 (水) 10時23分)


[7032] 医師への相談の仕方 投稿者:通りすがりの者 > 病院の診察の際に、家族が本人についていって日常の様子を具体的に伝えることは、医療者側にとって効率的に診察ができて、正確な情報が得られ、非常に助かることだと思います。幻覚や認知症、高次脳機能障害などがある患者さんであれば、本人が医師に正確に、ごまかさずに日常の様子を伝えられるわけが無いからです。医療者側は、客観的な検査結果だけでなく、日常生活の様子を知りたい(それによって、治療方針、薬の処方など考えていく)のだと思います。本人の口からだけでなく、家族からの情報を必要としています。私は個人的には家族が付き添うことは必須とさえ考えています。家族だけで悩まずに、現状を医師に伝えるように工夫してはいかがでしょうか?
その際に、やはり本人を目の前にして医師に相談するのはうまくない思うので、書面に「受診に家族が付き添う意図」「お困りごとと」、「家族としての希望すること」、「お聞きしたいこと」 などまとめたものを、診察前に医師に目を通していただけるように、事務さんを通して渡すか、医師宛に郵送しておくとうまく事が運ぶのではないかと思うのですがいかがでしょうか?
(2010年12月23日 (木) 12時34分)


[7035] 私もそう思います 投稿者:ゆう > 通りすがりの者さん ありがとうございます。

私もそう考えます。それが一番の方法だと思います。それしかない気がします。
私も医師に相談することしか もう手段はないと考えております。

ただ どういう形で伝えたらよいか、悩むところです。私は父にそうしなければと何度か伝えてあります。たぶん父は跳ね返りが怖いのでしょう。主治医の対応が変わることで私達がそうさせたとおもうでしょう。そういった部分に関しては鋭いですから。薬に関してもです。

一日3回服用の薬を一日4回に変更してほしいと、医師に訴え(本人が)、医者から条件として、幻想を抑える薬を一日2回飲むよういわれ、了承の元変更されたようです。が、家でその薬を飲んでいません。本人は幻想と思わず、その薬は体の動きに影響する(動きが悪くなるらしいです)といい捨てているようです。

先生も わかっているかもしれません。以前父はその抑える薬飲んでないですと先生の前で言ったこともあるようですから。

そんな経緯から 先生に現状を伝えることも困難な状況が続いています。ただただ 振り回される毎日です。

家族で無い立場なら 強硬な手段も取れると思います。本人をほうっておくことも、先生にありのままを伝えることも。
(2010年12月24日 (金) 13時10分)


[7036] 投稿してくださる皆様 投稿者:ゆう > ありがたいです。


(2010年12月24日 (金) 13時14分)


[7093] 気付くのが遅くて・・・ 投稿者:ももんがまーこ > 初投稿から1ヵ月経ってしまったのですね。
私がもっと早く気付いていれば・・・
一番いい方法は入院して薬の調整やその他のことを全て先生方にお任せすることです。
先生との連絡は、お母様のいない所で隠密に。
当のご本人のお母様はそれが妄想や幻覚や幻聴だとは思っていないからです。
本当に鮮明に聞こえたり見えたりするのですものね。
私は50日程入院しましたが退院時にはまだ幻聴だとは思えずただ自宅に帰りたい為
「もう聞こえません」 と嘘をついて退院しました。
実際はおぼろげですがしていました。
退院後、半月経った頃やっと声もほとんどしなくなり幻聴だったと受入れることができました。
(2011年01月06日 (木) 13時42分)

PageTopへ
[7077]初めましてです。 投稿者:beachlife
皆様

明けましておめでとうございます。そして初めましてです。
私の母がパーちゃん(我が家ではパーキンソン。と言う響きよりも、こちらの方が
心に重くならないので、私がこう呼び始めました。)になってから約2年経ちました。
現在、薬療法でゆっくり進行するパーちゃんと、家族皆で付き合っております。

実は母のパーちゃんがきっかけで、こちらのHPを知りました。
そしてここのお庭は皆様が温かくそして前向きなお気持ちという事を、皆様の
綴る言葉で知りまして、今日初めて投稿させて頂きました。

母は1年以上、我が家のかかりつけの一般内科にて、パーちゃんの治療を
続けており、約1ヶ月半前から思い切って専門医へ替わりました(なかなか勇気が
出せずにセカンドオピニオンが受けられなかったのです)

そして新しい専門医の先生が脳のMRIのデーターが欲しいとの事で、先月撮って
参りました。
そこでなんと5ミリの脳動脈瘤が発見されました。そしてこれはパーちゃんとの
因果関係は無い。と言われました。
本人は勿論の事、父も私もとてもショックでした。
でも未然に発見出来たのだから。と、私は前向きにしか考えておりません。
あさっての4日に、紹介先の専門の先生に診察してもらう事になっております。
専門の先生は、私の住む街では大変な名医だそうです(本屋さんでも調べました)
そこでどうするかが判断されます。

こちらのお庭では同じ様なお方はいらっしゃいますでしょうか?
楽観視はしておりませんが、母のバックアップ、そしてサポート隊長の私は
この事を必ず乗り越えます。

初めての書き込みなのに、長々と失礼致しました。
これからもこちらを見に参ります。宜しくお願い致します。
ここまで読んで頂きまして、どうもありがとうございました。

(2011年01月03日 (月) 00時40分)

[7079] サポート隊長さま 投稿者:あさひ > 拝見、いたし思わず 胸が、熱くなりました。
その お覚悟に ただ、ただ感服。読み返しながら、幾度も頷いている私です。
母も二十年ばかり前の発症当時、近所の開業医に通っていました。
その先生の勧めで紹介状を持って地元の大学病院に受診しPDと判明。
その結果、徐々に復調し高いQOL、日常生活を取り戻せました。
当初、迷いと驚きもありましたが、今でもその時の開業医に感謝いたしております。

脳内に外科的な異常が判明とのことで、ご心配の様子。
Appleに書込みされるぐらいなので"書店で"医療情報を得ていらっしゃるだけではなく
ネットでも調べていらっしゃるかとは思いますが、以下、ご参考まで。
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/integrate/search.jsp
http://blog.goo.ne.jp/yukio_asahi (2011年01月03日 (月) 07時29分)


[7083] あさひ様☆ 投稿者:beachlife > ご丁寧で温かいお返事に、こちらこそただただ恐縮しております。
どうも有難うございました。

母は大好きで大切な存在です。サポートしている事は当然の事と思っております。
手を繋ぐ事も、転倒の回避ばかりではなく心を通わせられれば嬉しい。そして
少しでも安心してもらえれば。。。という私の気持ちです。

今回の事は、前向きでそして明るい未来の事しか、考えていないです。

そしてあさひ様の載せて頂きましたURL、とても感謝しております。

またここへお邪魔させて頂きます。
本当に有難うございます。とてもとても心強い私です。
(2011年01月04日 (火) 01時29分)

PageTopへ
[7082]免疫力を高める 投稿者:MyBrother
pianoさんありがとうございます、

>太田成男日本医大教授(日本ミトコンドリア学会理事長)が出版した本、「体が若くな>る技術」(サンマーク出版)でミトコンドリアの重要さをアピールしている。
*まだ読んでおりませんが、本が届きましたので楽しみにしております。

青い山さん貴重な情報ありがとうございます。
>MyBrotherさん、同感です。pianoさんご紹介の書籍も購読してみます。‘ミトコンド>リア’と老化、パーキンソンD.に言及される本、著者では太田成男先生ほか日置正>人・・・安保徹氏がおられるようですね。
>[4997] 薬を飲まないでパーキンソン病が治るという本は買わないでください 投稿>
者:迷医 > 現在、薬物治療が主流であること、外科的治療、リハビリはこの後になり>ます。著者の中には神経学会の神経内科専門医は一人もいません。・・・を思い出し>ました。
*私の拙い考えとしてはPDと直接向かい合って治療を試みる方法(西洋医学)と体の免疫力を高める方法(東洋医学?及び上記の安保徹氏)の2種類がありそのどちらの方法にせよ将来的にはご指摘のミトコンドリアの問題・遺伝子情報の問題と言うことに落ち着くような気がします。対策としては新年なので勝手な夢みたいな記述する事をお許しいただけるとすると、@ミトコンドリアを正常化する新薬の開発A幹細胞の移植手術B遺伝子情報の書き換えなど新年の酔っ払いの独り言を言ってしまいました。

 現実はL-ドーパの処方が主流でありますが、自分も含め様々な副作用の不安・進行があり、現状維持の薬でなく完治する薬が発売されないかと誰しも熱望している状況だと思います。他の方の投稿を読んでいても、本当に辛く涙が出そうになりますが何もしてあげれない自分の無力さを感じてしまいます。

自分は処方に関しては主治医任せにしており、それ以外の免疫力を高めたり、固縮に有効な情報を身を持って収集するぐらいのものです。
 ただ、新年にあたり絶対に諦めてたまるかと言う気概を強くした事と去年より改善すると言う目標を持ちたいと思います、皆さんも一緒に頑張りましょう、乙武さんも頑張ってますから・・・。


(2011年01月03日 (月) 19時00分)
PageTopへ
[6964]朝日新聞12月3日(金)科学欄から 投稿者:青い山 HP・blog
 記事はプロローグで‘食生活などの生活習慣や老化、ストレスといった後天的な要因で遺伝子の働きが変わる「エピゲノム」と呼ばれる現象を、病気の診断や治療に役立てる試みが広がりつつある。米国ではがんの治療薬が登場し、国内でも臨床試験が進められている。’-中略-‘・・・糖尿病やアルツハイマー病、パーキンソン病など、がん以外の病気でも関連性の研究が進んでいるという。’と締めている。         
 何が如何だと言わなくても、ここAppleに集う者達の気持ちは同じだろう。それにしても、紙面の行間に漂う熱き研究とは裏腹に、自身の非力を悲しく思う。       
(2010年12月06日 (月) 22時54分)

[7053] 迷医さんは、何処? 投稿者:青い山 (2010年12月26日 (日) 23時24分)


[7081] 迷医さんは… 投稿者:ふみくん (2011年01月03日 (月) 18時26分)

PageTopへ
[7073]Xcell-Centerのこと 投稿者:yanbo
『パーキンソン病の最新治療』と検索したら、幹細胞の移植か何かよくわかりませんが、ドイツのデュセツドルフにあるXcell-centerというところで、何か再生細胞か幹細胞かよくわからないのですが、パーキンソン患者への治療を施術している模様でした。金額も明記されてて、、4〜5日の滞在で治療が可能とのこと。 
患者の談話が掲載されてますが、日本人は載ってませんでした。

日本では同じよな治療はまだできないのでしょうか?
どなたかご存じないですか?

最近オンオフの差が激しく、年老いた両親に甘えた生活をしてます。どうにか早く病気を治し親孝行がしたいです。

やっぱり術後に他の病気の併発やら問題があるのでしょうか?
(2010年12月31日 (金) 15時01分)

[7074] プレイバック’2008 投稿者:青い山 同様の話題は丁度2年前にあり、‘ELIXCELL’としてインドの医療機関が同程度の費用で治療内容も酷似、Webにての勧誘がありました。それは、(Appleカフェのアーカイブ[4580]以降を参考に)その時も同様の話題となりました。私の記憶では当時、日本の連絡所が所沢にあったようです。現在はWeb検索で、所沢にある潟Xテムセルサイエンスが「事業の中核として細胞製剤の開発、関連細胞の生産・販売・輸出入を行い、再生医療の実現を目指している。」として、株主にELIXCELLが記されています。当時、ELIXCELLの存在は私のPDの主治医も承知の様子でしたが、その後治療にインドに向かわれた方があったか如何かまでは確認できていません。が、日本全国なら如何でしょうか。


(2010年12月31日 (金) 21時14分)


[7075] 知りませんでした。 投稿者:yanbo > 2年前話題になったことは知りませんでした。お返事頂きましてありがとうございます。 
新薬や新治療の開発状況等明るいニュースでいっぱいの一年になりますように…・

(2011年01月01日 (土) 13時40分)


[7076] 希望の持てる年に 投稿者:青い山

もう切羽詰った、時間も費用も限られている方も少なくないと思います。
どうか、希望の叶う最新の治療が日本でも受けられますよう、切に望みます。
(2011年01月02日 (日) 09時17分)

PageTopへ
[6894]ラジオで放送されます 投稿者:sophia

私たちの書いた「オンオフのある暮らし〜〜〜パーキンソン病をしなやかに生きる」の本についてのインタヴューがNHKで放送されます。

放送は
MHK第2放送「ともに生きる ピアスタジオ〜生活の工夫!」
11月28日(日曜日)午前8時〜8時30分
再放送 同日     午後7時〜7時30分

若い時に交通事故に遭い障害を持つことになった長崎圭子さんがキャスターを務めているインタヴュー番組で、毎週同時間帯で放送しています。
障害を持ちながら生活する人を、自ら障害者の目でとらえ10年間続いているNHK大阪製作のラジオ番組です。
朝日新聞に掲載された「オンオフのある暮らし」の記事を読んで、生活の工夫をほかの人にも伝えたいと取材申し込みを受けました。


放送は前半の約20分が私たち、後半に脊髄損傷の男性の生活の工夫の紹介があります。
障害をもちながら生きるということについて真剣に取り組んでいる番組です。
是非聞いてみてください。

「ともに生きる」紹介ページ
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/tomoiki/index.html

(2010年11月26日 (金) 09時36分)

[6909] ラジオ、楽しく聞きました 投稿者:ミルキー
いつもネットや本の活字でお世話になっていますが、
お声を聞いて、一段と身近に暖かく感じられました。
薬を始めて2年になります。
これからも、知恵と元気を分けてください。

(2010年11月28日 (日) 20時15分)


[6910] ミンティさんと似てますね 投稿者:チョコチップ > 失礼しました。
ミルキーの名前を変えます。
(2010年11月28日 (日) 20時26分)


[6918] 姉妹みたいです 投稿者:ミンティ > チョコチップさん
ミルキーも可愛いよ
姉妹みたい
(2010年11月29日 (月) 13時32分)


[6937] おねえさんは・・・ 投稿者:チョコチップ
毎日毎日、落ち葉を掃いては山に投げ込んでおりました。
はじめまして!よろしくお願いします!
私は、30代の頃からいろいろあって、ネットの情報にはとても助われてました。
Appleは私にとって、宝石箱みたいで、どこを押してもびっくりな情報がたくさんで、
先日ふと押したページに出てきた、「愚痴を言う」事を読んで、

涙があふれて止まりませんでした。
歌を聴いても、ドラマを観てもすぐに涙が出て笑われる私ですが、自分の病気の事で
涙したのは初めての事でした。

その時に、ふと投稿してみようかな〜という気持ちになりました。

自己紹介するだけで、午前中の薬が切れました。ドキドキです。
3回目を飲んで、落ち葉の山を作ってきま〜す
(2010年12月02日 (木) 11時18分)


[6942] 最初はドキドキだったよ!! 投稿者:ミンティ > こんばんわ!!チョコチップさん
私も最初は ☆彡ドキドキ☆彡 で掲示板使って
沢山のメールが来て大変かも・・
と思いました。そんなにメールは来ませんでした。
一安心★ 日本のどこかで、PDになって (*0*) 困っている人が沢山いると思います。
まだまだ病気との付き合いはこれからですが、なんとかやって行こうと思います。
この頃感じるのは、私の方が年齢的に お姉さんって事です。病気的には、私は薬手帳では、今年の4月〜ぺルマックスを飲んでいます。
会話の端々に、なぜこんなに (^_^;) 焦って食事をしたいのか!
必死に頑張ってしまうのか??(ぼちぼちやっている割に、頑張っていたみたい♪)
不思議がられる毎日です。
カミングアウトした方が、楽か? 同情されて終わりか?
一人悩む私です。
ビシフロールを、服用できるか主治医の先生に連絡したいのですが
タイミングが合わず 先生居ないかも?と ドキドキ して 連絡、出来ない私です。
小心者なんだけど そう 見えないようです(-_-;)



(2010年12月03日 (金) 21時30分)


[6961] 昨夜は 投稿者:ミンティ
チャットで、打ち込みが
遅いとプレッシャーを感じながら参加しましたが
慣れなくてドキドキでした
行方不明と表示されると あらあら・・と
吃驚でした 大変 なのですが 先輩たちが 一緒だった事が
楽しく どきどきでした
病気は、けせらせらでした

30代には、どんな事ありましたか?
良かったら 無難な所から 話してね ゆっくりは 良いね〜★
(2010年12月06日 (月) 15時54分)


[7070] チョコチップさん お手紙 投稿者:ミンティ > 今年最後ですが
チョコチップさん お手紙 くださいませ

待ってます

ミンティより
(2010年12月31日 (金) 13時11分)

PageTopへ
[7054]すいません、ひとつ教えてください。 投稿者:ふみくん HP・blog

どなたか「グルタチオン点滴」なるものを知ってらっしゃる方、いませんか?
(2010年12月27日 (月) 19時23分)

[7055] 参考に 投稿者:momosaku > ブログで取り上げた程度ですが、参考になれば。

http://search.ameba.jp/search.html?q=%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3&aid=momosakuchan

(2010年12月27日 (月) 20時39分)


[7058] グルタチオン 投稿者:sophia > APPLEカフェ掲示板のなかでグルタチオンで検索してみてください。
以前に話題になったことが数回あります。
Ask the doctor BBSにも記事があるはずです。

グルタチオンが脳内で減っているという事実があるのは確かですが、グルタチオンを点滴しても、グルタチオンは分子が大きく脳血管関門を通ることができません。

ですから、脳内のグルタチオンが点滴で増えることはなく、理論的には効果があるとは思えないのです。
しかし、効果があるという人もいます。
ただ、保険診療ではないこと、週に数回通って点滴を受ける手間、効果があったとしても点滴をやめれば元に戻るだろうということなどを考えるとどうかな?という気がします。

グルタチオンを大量に点滴しても副作用は多分ないだろうと思いますが・・・。
(2010年12月29日 (水) 23時22分)


[7064] ありがとうございました 投稿者:ふみくん (2010年12月30日 (木) 23時00分)

PageTopへ
[7061]7057を削除しました 投稿者:管理人ハトポッポ
タイ古式マッサージについての7057の書き込みは宣伝行為と判断して削除しました。ご了承ください
(2010年12月30日 (木) 16時12分)
PageTopへ
[7056]カフェインの抗パーキンソン病作用 投稿者:yamada
<カフェインの抗パーキンソン病作用>

コ―ヒーの薬理成分として良く知られているカフェインは、多様な薬理活性をもつ事が知られていますが、前回、アデノシンA2A受容体拮抗作用がPDの運動疾患の治療に結びつくことを話しました

PDの治療としては、現在ドパミン含量が著明に減少する線条体にドパミンを補充するため導入されたレボドパがもっとも有効ですが、長期治療に伴い効果の減弱や不随意運動などを引き起こし、ドパミン系療法由来と考えられる副作用などが解決されていないのが現状です。

アデノシンは生体内に広く存在し、ATPの構成成分として良く知られています。
脳内のアデノシン濃度は起床後時間の経過とともに上昇し、最終的には眠気を生じさせます。脳はアデノシン濃度によって、起きてから時間が経過した事、大量のエネルギーを消費した事、就寝時間である事を伝達します。
よって、いわゆるカフェインで目が覚めるのはアデノシン受容体阻害の機序によるものです。

このアデノシンが特定の生理機能を担うためには、その受容体サブタイプの分類と分布が重要になってきます。
アデノシンは4種のサブタイプの受容体が知られていて、そのうちの一つアデノシンA2A受容体は大脳基底核を中心に線条体、淡蒼球などに高密度に分布しています。

PDでは脳の運動機能制御を司る大脳基底核神経回路全体のバランスの喪失とそれに伴う大脳皮質から脳幹/脊髄への出力異常により、運動疾患の主症状がもたらされます。
線条体はこの神経回路の中核を担いその全神経細胞の90%以上をGABA神経細胞が占めています。GABA神経細胞はドパミン受容体を豊富に持ちドパミン系抗PD薬の薬理作用発現部位です。PDでは、ドパミン神経の変性脱落にドパミンD2受容体を介した抑制性制御の低下によりGABA神経細胞が過剰興奮となり、これが引き金となって大脳基底核回路全体のバランスが喪失し、視床、大脳皮質の活動性が抑制され脊髄への出力が低下して、運動症状の発現につながると考えられています。
よって、別のアプローチでこの線条体から淡蒼球に投射するGABA神経細胞の過剰活性を抑制出来れば、それは非ドパミン系の抗PD薬になります。

では、カフェインに抗PD効果があり医薬品として成り立つかと言うと、確かにカフェインの摂取とパーキンソン病のリスク軽減との関連を示す疫学研究は報告されています。
しかし、カフェインは非選択的アデノシン受容体拮抗薬でA2AのみならずA1受容体も阻害します。パーキンソン病治療薬として開発するならば、A2A受容体に選択的な薬剤が望ましいと考えられます。

しかし、その後の発表でカフェインがノックアウトマウスにおいてジスキネジア減少に寄与している。また、カフェインがパーキンソン病モデルラットのドパミン神経保護効果があるとの報告もされました。さらに、協和発酵キリン(株)がkw6002を開発しましたが、それよりも親和性も選択性も高い新しいアデノシンA2A受容体拮抗薬K-056も発表されています。リスボン大学のグループは神経筋接合部のアセチルコリンによる伝達がアデノシンA1及びA2A受容体により調節されているという研究がなされているそうです。これが加齢により変化しA2A受容体の作用が減少することを発表しました。


(参考文献)日薬理誌 129, 390 (2007)
Nature Medicine(2008;14;75-80)
Neuroscience 2009

(2010年12月28日 (火) 19時43分)
PageTopへ
[7050]すみれ日和 投稿者:あーもんど
新刊ではありませんが、書籍の紹介です。

望月すみえ著「すみれ日和」
〜職業病も乳がんもパーキンソン病も友だちにして〜

紹介記事は書籍の掲示板にあります。
http://bbs1.sekkaku.net/bbs/book83.html#84

教育史料出版会


(2010年12月26日 (日) 21時38分)
PageTopへ
[6994]打たれ強い事 投稿者:ミンティ
一週間頑張りました★
色んな事がありました職場や個人的にも、華々しい人生(前ここで、投稿したと思い思いますが・・・)ではなかった為か、打たれ強いようです
色んな人が居る事を学びました  ひらめきが早く 素早い 立ち直りが出来る
自分を発見しました

失敗したなって事も、ありました ここで謝ります ”ごめんなさい”

欝傾向について効くという薬を、みなさんより お聞きしたのですが ビーシフロールは睡眠傾向が強い事と言う事と作用が弱いという事で 次回 外来での話し合いでという事に主治医の先生が
話してくれました

まだ 研修続きの先生ですが
最初から診て頂いてる先生なので話を聞いて貰い、声を聞くと安心します
やっと先生に聞いて貰った という安堵感です
来年まで、頑張れそうです(^^)




(2010年12月12日 (日) 20時14分)

[6998] 遅くなりました 投稿者:チョコチップ
ミンテイさん、こんばんは
先日は私の始めての投稿にやさしい返信をありがとうございました!

たった1度の投稿でしたが、私はいろんな事に気がつきました。

・私が今まで(2年位)読んだのは、appleのホンの一部に過ぎなかったこと・
・まだまだ、たくさんの情報が記録されていること・
・もっと大切に丁寧に読めば、必要な情報は殆ど見つかること・
・人に読んでもらう文章を書くには、たくさんのエネルギーが要ること・
 
本当に肝心な事は
私には、教えてもらいたい事はたくさんあるけれど、
自分の事を話せる心の準備はまだできていなかったということです。

ほうきを使った後で、手が震えてびっくりしたのが最初の大きな症状でした。
3年経って、今は利き手を持ち替えて、ほうきでリハビリしながら庭掃除しています。
肩の痛いのに効くようです。

これから回りの人にどう話すか、何を話すべきか、ゆっくり考えていきたいと思います。
また悩んだらおじゃまします。
(2010年12月13日 (月) 23時36分)


[7030] 来てくださいね 投稿者:ミンティ > そうですね(^^)
私も、文章力は気になっていました
相手がどう受け止めるか 自分が病気であり そして 相手も病気
相手を元気付けてそして、本当は自分も 元気な気持ちに戻りたいのです

朝起きてたら もしかしたら大丈夫かもしれない**と思いつつ
同じ毎日かもしれませんが 
現状維持が最高の状態かもしれませんね
(自分もそうなんですよ)

焦らずいきましょうね お互いにね☆彡
(2010年12月22日 (水) 20時44分)


[7031] 来ましたよ〜 投稿者:チョコチップ
ここ何年も年賀状を書いていません。
連れ合いが、住所を書いて出してました。(そのうち止めてもいいし・・・というのが本心でした)

ところが、去年、同級生から貰った年賀状に「お嫁さんがきました」と写真があるのを見て、
俄然やる気が出たのです。
「お婿さんがきたよ」と返事を出そうと!

な〜に張り合ってんの??と、笑われそうですが、これも大事な”やる気”の1歩!

で、葉書に写真は嫌なので、メールにしようとスキャナーで取り込んで・・・
ファイルで開くんですね。サイズを変えたいけど・・分からない

軽〜く携帯メールで送ろうかな〜?なんて、甘かった。ここで、諦めてなるものか!
しばらくは、挑戦してみます。

「この、負けん気の強さがあるから、私には、いろんな試練が与えられているんだ!」などと、ひとりごちながら・・・
(2010年12月22日 (水) 23時07分)


[7034] 思うけれど・・ 投稿者:ミンティ > 女性は、母として妻として家庭を守る女として
強いんじゃないかな?って 見た目は一寸頼りなげだけれど
機転は利くぞ
みたいな感じですか? 私的には、大変が面白いというのが欠点であり
利点です 髄液採取の時「岩盤浴行きたい!」と話してましたからね

でも、母は大変です
子供のお陰で、元気なんだと思ってます

日頃薬を効かせたいので、勝手に野菜生活を送ってます
ので、時々湯船で貧血気味です
ああ。しんどん
と、倒れてます
無理せず、婿さんと歩いてね☆彡


(2010年12月23日 (木) 21時29分)


[7038] ビ・シフロール 投稿者:ふみくん (2010年12月25日 (土) 12時03分)


[7047] 次回外来で 話してもらいます 投稿者:ミンティ > 今年の病院は終わったので
23年になってから 先生が話してくれるので
私は大丈夫ですよ
心配してくれて ありがとう
(^^)v

(2010年12月26日 (日) 10時17分)

PageTopへ
[4644]65歳以上の方へ―確定申告で障害者控除を受ける 投稿者:あーもんど
確定申告の際、障害者控除を受けられるのは通常、障害者手帳を交付されている人です。
しかし、
【65歳以上の方は障害者手帳を持っていなくても市町村が”障害に準じる”と認定すれば障害者控除を受けられます。】

 納税者自身又は控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを障害者控除といいます。
 控除できる金額は障害者一人について27万円です。また、特別障害者に該当する場合は40万円になります。

2 障害者控除の対象となる人の範囲
 障害者控除の対象となるのは、パーキンソン病患者の場合、次のいずれかに当てはまる人です。

(4) 身体障害者福祉法の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、身体上の障害がある人として記載されている人。
 このうち障害の程度が1級又は2級と記載されている人は、特別障害者になります。

(5) 精神又は身体に障害のある年齢が満65歳以上の人で、その障害の程度が(1)、(2)又は(4)に掲げる人に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人。
 このうち特別障害者に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人は特別障害者になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm

市町村によっては介護認定を受けていることを条件にしているところもありますが、国税庁のサイトには

≫護保険法の要介護認定の有無にかかわらず上記の市町村長等の認定を受けた場合には、障害者控除の対象となります。≪
とあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1185.htm

また、障害者手帳を申請中の方も対象になります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1186.htm

65歳以上の方で障害者手帳を交付されてなくても、市町村で”障害者に準じる”と認定されれば障害者控除を受けられるということになります。
詳しくはお住まいの市町村の高齢支援課あるいは高齢介護課などでお尋ねください。

(2008年12月24日 (水) 21時31分)

[7015] 無知ですみません 投稿者:うた > 今年はじめて障害者手帳を交付され障害者控除の手続きもしてありますが、そもそも控除額の27万円はそのままの金額が還ってくるのですか?
(2010年12月21日 (火) 10時09分)


[7017] うたさんへ 投稿者:ふみくん (2010年12月21日 (火) 19時04分)


[7021] ふみくんへ 投稿者:うた > わかりました。ありがとうございました。
恥ずかしいです。いい歳してそんな事も判らないなんて・・・
でも聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥と申しますものね。
Appleは時々、覗いてDBSの事などを調べたりしていましたが、初めて投稿しました。
これから、宜しくお願いします。
(2010年12月21日 (火) 21時13分)


[7023] おまけ 投稿者:raisin > 念のため・・・私のように収入が少ないと所得税0円ですから、障害者控除をしても1円も帰ってきません。
娘の扶養家族にしてもらうことも考えましたが、別世帯のままにしてあったので、入院時の費用が医療費助成でカバーできました
(2010年12月21日 (火) 23時33分)


[7040] うたさんへ 投稿者:ふみくん (2010年12月25日 (土) 12時22分)

PageTopへ
[7033]マグネット(磁石の)ボタン 投稿者:クリオネ
北海道のクリオネです。パーキンソン病の悩みに洋服の着替えでボタンが苦手という方が多いと思います。年輩の方にも「何かいいアイデアがないかしら」と聞かれたこともありました。先日、NHKの北海道放送の中で紹介していたので「これはつかえる」と思ったのでお知らせします。もう「知っているわ」という方もいるかもしれませんが、・・・。前置きが長くなりましたが磁石のボタンです。わたしが説明するよりホームページのアドレスを紹介します。http://matikadoinfo.seesaa.net/article/174387870.html
興味のある方ごらんください。
クリオネでした。
(2010年12月23日 (木) 18時54分)
PageTopへ
[7004]テレビ朝日でパーキンソン病の震えについて 投稿者:seiken
12月21日火曜日の午後5時34分からテレビ朝日『スーパーJチャンネル』で、パーキンソン病の震えについて、紹介する番組があります。

解説は村田美穂先生、患者は、seikenほか二人,うち一人は類縁疾患の進行性核上性麻痺 それに本態性振戦の患者さんが登場するようです。

パーキンソン病は、薬を主とし外科的治療を補助的に用い、それにリハビリテーションを組み合わせて進行を抑制し出来るだけ現状を維持する医療実態です。

そこでリハビリ効果のえられる方法として、さまざま行われている中で、集中力を高め運動機能を維持するために始めた卓球を紹介しました。

患者なかまで行っている練習風景を最後の場面に使うようです。

来年の東京大会の卓球の参加者が増えることを期待しています。


(2010年12月18日 (土) 09時58分)

[7005] seikenさんが出演 投稿者:ぱききゅう子 > いつもアップルカフェでお世話になってるseikenさんてどんな方なのかナァ?テレビみますね。番組の内容よりseikenさんを楽しみにしています????。パーキンソンになってスポーツをするなんて考えられなかったんですが、2年前から勧められて弓道を始めました。とてもパーキンソンにはいいスポーツです。集中力、精神修養、筋力の衰えを防ぐなど練習もマイペースで出来ます。卓球もいいなんて知りませんでした。それに出来るとは?番組是非みたいです。卓球も好きなんで、やれるなんて・・・なんでも挑戦してみなくては分かりませんね。情報ありがとうございます。
(2010年12月19日 (日) 17時44分)


[7012] 私も楽しみに見ます 投稿者:BeFree > ぱききゅう子さん
 私は昨年民さんの紹介で患者会で卓球の練習に参加し、無謀にも直ぐ関東地区予選に参加しましした。かなりの運動量があり、姿勢反射障害などバランスを崩しての転倒の予防、ストレス解消になり。楽しくリハビリできできます。

seikenさんはJPDA富山の全国大会で東京支部会長、若年部会で歴任され、八王子支部のリハビリテーションなど活動や、先日もNPOオズ主催のシンポジウム、リラの会の卓球の練習や定例会昨日ののクリスマス会にPD患者の立場で参加されていました。

 Apple管統括管理グループの代表でもあり。ご自宅でのPCでの在宅ワークをされており、若年PD患者の就労問題をめぐり、今年の大阪大会、来年の東京開催へ向け、患者会や支援組織との交渉にあたられておられ大変お世話になっています。

 インターネットのSNSで双方向の情報発信のできる時代になりましたが、私は以前放送の送りて側にいたのでテレビの影響力はまだまだ大きいと思っています。

 テレビは制作側の編集しだいで取材される側のアピ−ルしたいことが伝わらないことも多いと思います。村田美穂先生は私の主治医でもあり注目しています。

 夕方放映なので就労されている方は視聴しにくい時間ですが、多くの方に見ていただご意見をいただきたいと思っています、私も楽しみに見ます。
(2010年12月20日 (月) 09時29分)


[7018] 残念 投稿者:ふみくん (2010年12月21日 (火) 19時05分)


[7020] 視聴者にPD患者の気持ちが伝わらない気がします 投稿者:BeFree (2010年12月21日 (火) 20時59分)


[7022] 見ました 投稿者:ぱききゅう子 > seikenさん、お若くてやさしそうでかっこいーい。お顔を知ってて投稿を読むのと知らないで読むのと違います物ね。もう少し卓球しているとこ見たかったなぁ。パーキンソン病知らない人に、分かってもらうにはちょっと・・・見てて物足りなっかたです。
(2010年12月21日 (火) 23時08分)


[7028] 感謝します 投稿者:piano
次から次へ増える薬を前に、不安で落ち込んでいた私は、村田先生の「何もしなければ10年で寝たきりになるでしょう」「薬を飲んでいれば大丈夫です」に少しだけ気持ちが晴れた感じがします。
seikenさん、いつも情報をありがとうございます。
(2010年12月22日 (水) 13時19分)


[7029] コメントをお寄せ下さった皆さんありがとう。 投稿者:seiken パーキンソン病の震えがテーマではなく、震える病気がテーマの番組となっていました。
お宅訪問の玄関口の場面は全くの余計な画でしたし、なぜ再現ドラマが必要なのかもわかりかねます。
期待していた震えで日常生活がいかに困難になるかの訴えは、全て本態性振戦の説明に用いられ、同じように震えで困難になる私の説明は本態性振戦との違いについて、説明するためのみに使われていました。

インターネット時代に生き残るテレビ放送会社は、オピニオンリーダーの気概を持って番組作りをしているのでしょうか?危機感は伺えません。

放送内容への共感よりも、個人的な感想で好感を持っていただいたことは、望外の喜びです〔笑い〕。
(2010年12月22日 (水) 20時20分)

PageTopへ
[6989]患者会 投稿者:アンディ HP・blog
皆さん始めまして、自己紹介をします。47歳、男性、病名”脊髄小脳変性症”と言っても解らないと思いますので”1リットルの涙”と言った方が早いと思います。出身、名古屋現住所、群馬、群馬県には患者会が無かったので、作ったのですが、お金、人、集まらない為、危機を迎えています。この患者会を作るのに3年掛かりました。
運営は患者である私には、難しく、厳しいです。誰か連絡下さい。
(2010年12月12日 (日) 13時58分)

[6995] はじめまして 投稿者: > 地元に知り合いがいます。
ひとりの方は長い事、活動を休止していた病気を特定しない難病の会を復活させたいって話してましたよ。
地域で協力してくれる人が現れるといいですね。
(2010年12月12日 (日) 23時07分)


[7016] 投稿者:アンディ (2010年12月21日 (火) 15時18分)

PageTopへ
[7000]お酒の会が嫌いなだけかも・・ 投稿者:ミンティ
風邪が流行ってますね
みなさんお元気ですか?
朝肩がガタガタ鳴った昼はどうも昼頃に、肩に岩状態です
朝鳴らない時は、良いみたいです
さて、忘年会のメニューを考えて盛り上がる今日この頃・・
私は、どうもお酒の会が嫌いなだけかもしれません(;;)

寒い折・・貧血にも気お付けてね 血行不良も体調に悪いからね
チョコチップさんも
ちなみに、娘はチョコが大好きです!!(^^)
(2010年12月15日 (水) 20時23分)
PageTopへ
[6990]医者よりもすごい! 投稿者:リラックマ
それは10日の金曜日のこと・・・。
いつもより早く仕事が終わったので髪をカットしに近くの美容室へ・・・。担当の方は出産のため辞めてしまっていたので・・・その店では店長のような立場の年配の方に担当してもらいました。
私の髪を触って・・・「髪が抜けることがある?」と一言。このところ、抜け毛に悩んでいたので「近頃、すごく抜けるんです・・・」と私。血流が悪いと抜けるから・・・暇なときは頭皮をたたいて刺激してあげるといいよ、とアドバイスを受けた。
それからというもの・・・強い薬をのんだり、ストレスからも髪は抜けること。だから、薬を身体に入れない(それは、無理^_^;)、ストレスを溜めない・・・。と、いろいろ話が続いた。私の病気のことは知らないはずなのに・・・すべてお見通しのように、今の私の気持ちを読み取られた気がしました(゜.゜)
だから、デトックス・・・毒は出さないとダメよね・・・と。その方の言葉一つ一つが、医者よりも素直に心に響きました(*^_^*)
病は気から・・・と言いますが、気持ちが負けてしまうとこの病気はひどくなるような気がします。いつも元気に、とはいきませんが・・・何か楽しいことをみつけて毎日を送りたいなと思いました。

そこで、便利でかわいい文房具をネットで注文・・・せめて仕事も楽しく!明日から、また1週間頑張ります(*^^)v
(2010年12月12日 (日) 15時57分)

[6991] 同感 投稿者:MyBrother > 私も最近薄毛に悩んでいます、リラックマさんの投稿を読んでいて思い当たる事がありました。ずっとPDではないかと言う状況を受け入れられず3年が経ち、女房の実家に帰った時に義理のお母さんがびっこを引いて歩いている姿を見てひどく心配し、ちょっとした会話から「今の姿では孫が余りにもかわいそう、下の子はまだ小学生でこのままじゃ上の学校にも行けそうにない・・・」なんて話になり、とにかく医者に見てもらいなさいとあの優しいお母さんから初めてあんなに強く言われました。
 その言葉がショックで、紹介で区立の大手病院に検査入院しました、結果はグレーでどちらとも言えないと言うものでした。その時に主治医より、脳の一部に血流の悪い箇所がありアルツハイマーの疑いがあるとショッキングな内容を告げられました。
 初めに戻るのですが、最近急に薄毛になりはげるは歩けないわで散々です。でも薄毛の件は歩くのに比べ、日常生活に支障がないので大して気にしてませんが、PDの原因が脳の血行不良からなるという先生もいますので、血液の循環を良くするサプリメントと育毛剤を試しています、二つともいい感じですね、何が言いたいかというと諦めず挑戦してみる事が大事かなということです。そういう挑戦が自分の楽しみで効果があると気が楽になります。
(2010年12月12日 (日) 16時51分)

PageTopへ
[6933]メネシットからドパゾールへ 投稿者:ふみくん HP・blog
ここしばらく下記のようなことが頻発、先月末の診察でL-Dopaをメネシットから単剤のドパゾールに変更した。まだ数日だが、私の場合には様々な問題が起きた。
一患者の体験として記するものである。

1.変更前の困った症状
 (1)突進歩行が頻発
 (2)周囲から「落ち着きがない」と言われた
 (3)感情の起伏が大きい

2.変更後の困った症状
 (1)突進歩行はやや軽減したものの残存
 (2)もろもろに対する執着心、意欲が低下
 (3)感情の起伏が相変わらず激しい

主治医や職場と相談した。特に職場では「動き回る私」と「判断の遅い私」どちらを選択しますかと尋ね、後者を選択したため、今後もドパゾールで様子見とした。
(2010年12月01日 (水) 18時50分)

[6971] 職場の対応 投稿者:なおゆき (2010年12月08日 (水) 05時27分)


[6976] …と思ったら 投稿者:ふみくん (2010年12月08日 (水) 21時44分)

PageTopへ
[4789]母のこと 投稿者:かおる
はじめまして。かおると言います。
パーキンソン病の母のことでお聞きしたいことがあります。
母はパーキンソン病になって、11年目になります。5年くらい前から幻覚が始まりました。今は幻覚、幻聴、妄想がだんだん激しくなってきています。困るのは、その状態を本人は本当に起きていることだと確信していることです。今現在私自身は結婚して一緒に暮らしていないので、時々母から幻覚の話を聞いてあげるくらいしかできないのですが、毎日介護をしている父は話を合わせることにかなり疲れてしまって、最近では幻覚の話をする母に対して、声をあらげるような事もあるみたいで、その事が母には相当辛いみたいです。
母の気持ちもわかるし、父の大変さもわかるので、どうしたらいいのか、この先母にどう対応していいのか悩んでいます。みなさんの意見を聞かせてください。よろしくお願いします。

(2009年03月24日 (火) 23時20分)

[4790] 主治医に相談 投稿者:介護人ぱきぱき > もしかしたら主治医の先生に相談したけど、解決しないのでここでアドバイスをもらえれば。。。ということでしたらスミマセン。

かおるさん、こんにちは。介護人ぱきぱきと申します。「幻聴」という言葉に激しく反応し、書き込みをすることにしました。

私の理解では、精神症状(幻覚、幻聴、妄想)はパーキンソン病の症状ではなく、薬の副作用のはず。今服用されている薬が合わないのではないですか?

うちの夫も精神症状が出やすいタイプなので、幻聴や被害妄想でかなり苦しみました。その度に薬を変えて、今はどうにか精神症状は出ていません。

かおるさんのご相談が、「いろんな種類の薬を試してみたのに、精神症状が出続けている」というお悩みでしたら。。。うーん、これもやっぱり主治医の先生に相談しかないですよね。思い切って他の病院で診てもらうというのはどうでしょう?

最近全然更新してませんが、私のブログへのリンクをお知らせしておきます。左に「副作用(精神症状)」というカテゴリーがあるので、そこをクリックしてもらえると、我が家の被害妄想日記がダダダーンと出てきます。参考になるといいんですけど。

被害妄想は本人も大変ですけど、同居人もつらいものです。お父様のお気持ち、よくわかります。かおるさんも心配ですよね。お母様が早く妄想の世界から解放されるといいですね。ね。
http://blog.goo.ne.jp/pakipaki_2005/ (2009年03月25日 (水) 01時11分)


[4792] どうぞAsk the Doctor BBSへ 投稿者:ハトポッポ > ぱきぱきさんも書かれた通りこれは本人も辛い周りも辛い、本当に大変なことです。私たちパーキンソン病患者は長く病気の生活を送りますので精神的に安定していることが大切でしょう。

さて、このサイトAPPLEで自慢できるものはいろいろあるとおもいますが、Ask The Doctor BBSはそのひとつです。質問を書き込むと即座に村田美穂先生または服部信孝先生が回答してくださいます。お二人の経歴についてはAsk the ADoctor BBS に書いてあるとおり、今のわが国でパーキンソン病治療第一人者であることは間違いありません。

これを利用されたらいかがでしょうか。
(2009年03月25日 (水) 01時39分)


[4794] ありがとうございます。 投稿者:かおる > 介護人ぱきぱきさん、ブログを読ませていただきました。
読んでいくうちに、私はまだまだ努力が足りないなぁって感じました。
もっといろいろ勉強して、母の病気と向き合っていこうと思います。
はとぽっぽさん、Ask the ADoctor BBSで先生に質問しようと思います。
貴重なご意見ほんとにありがとうございました。



(2009年03月25日 (水) 14時23分)


[4858] 投稿を削除しました。 投稿者:管理人 > 糖鎖を紹介する投稿を削除しました。

(2009年05月14日 (木) 14時45分)


[4909] 投稿を削除しました。 投稿者:管理人 糖鎖を紹介する投稿を削除しました。

(2009年06月10日 (水) 16時05分)


[6959] そのごどうですか? 投稿者:ゆう > 私も今同じようなことで悩んでます。
私の母は5年位前に発祥し、3年前位から妄想幻想が始まりました。
はじめは父だけが対応していましたが、私も仕事をやめ、2人で対応しています。
非現実的な話ばかりで、対応に困る毎日です。
(2010年12月06日 (月) 01時01分)

PageTopへ