Apple カフェ 2005-01

indexへ戻る

[771]seiken>2.SPM-962
Schwarz Pharma社が開発中の経皮パッチ剤のドーパミンアゴニスト。
「ロチゴチンCDS(constant delivery system )」として欧米において第2相試験を終了し、良好な成績が得られ、2001年末に第3相試験を開始している。
日本では昨年11月14日に大塚製薬がSchwarz Pharma社と日本における独占的開発・販売権の契約を結び、今後日本国内での臨床開発を開始するという。
1日1回腹部にパッチを貼ることにより、皮膚からパッチの成分のドーパミンアゴニストが吸収されるので、経口製剤に比べ安全性に優れ、安定した血中濃度を維持することにより、安定した効果が期待でき0る。
このドーパミンアゴニストはSchwarz Pharma社が独自に開発したドーパミンD2受容体刺激薬である。
不随意運動の減少、オンの時間の延長、さらにパーキンソン病の進行を遅らせることができるかどうかなどについて検証中である。
APPLEの医療関係の
http://members.jcom.home.ne.jp/almond41/kari/iryou_kaihatu.html
↑ここに
現在開発中の期待できるパーキンソン病治療薬として紹介されています。
(2005年01月22日 (土) 16時31分)

[772]うどぅるす>ご無沙汰しております。
よろしければ2,3質問させてください。
@一日一回腹部に貼るとありますが、腹部である理由はどういうことなのでしょうか。(腸から吸収?)
A貼っておく時間はどれくらいなのでしょうか。例えば皮膚の弱い人への対策とかは考えられているのでしょうか。
B製品化されて実際に使用されるようになった時もやはり他の薬を抜いてからと言うことになるのでしょうか。
よろしくお願いします。
(2005年01月23日 (日) 10時34分)
[778] 読売新聞の「医療ルネサンス」欄でパーキンソン病をとりあげたシリーズが今日から投稿者:waku2(2005年01月25日 (火) 15時20分)
(この投稿はマルチポストしています。)
みなさん
こんにちは 、waku2@Apple「明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ」ス
タッフです。
読売新聞の「医療ルネサンス」欄でパーキンソン病をとりあげたシリーズが今日から
始まりました。
読売新聞を購読されていない方は、インターネット版Yomiuri on Lineでも記事全文
が掲載されていますので、そちらをご利用ください。
詳しい記事内容は下記のURLでご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/renai/20050125sr11.htm
では、ごきげんよう(^_^)/~。

[779] 他の症状について投稿者:村上伸生(2005年01月25日 (火) 16時29分)
最初は、山からの下りで、止めようとしても止まらず、林道の同じ所で左巻きにグルグル回って倒れこみ、やっと止まることができたのが、発症でした。それからよく転倒し、前歯をおるなど顔中血だらけになって、家に帰ったことなど数えきれません。脳神経外科の医師(友人)のところへ症状を言うとパーキンソン病だと言われ、余り気にするなといわれました。その後、足がもつれ、一歩目が出にくくなり、少しづつ病状が悪くなるようなので、パーキンソン病の専門と言う医師に診てもらいました。その医師の言葉(あんたのパーキンソン病はなおらない。一番性質が悪く薬もだんだん効かなくなって、寝たきりになる)というので、即座に(直らないのではなく、あなたに直せないのではないのか。)と反論すると医師は返す言葉
を失なって黙ってしまいました。(それなら、自分で直す。)と捨て台詞を残して帰りました。それから、私の激しい運動療法がはじまったわけです。始めの頃は、友人の医師に薬をもらって飲んでいましたが、便秘、不眠などの症状が出て、苦しみました。そこで、私の食事療法がはじまるわけです。食事によって便秘の症状が消え、不眠も、運動を激しくすることにより、横になるとすぐ眠ってしまい、いつのまにか、不眠の不快感からも解放されました。運動を続けるうちに、足腰の筋肉がつき、つまずいても、ニ,三歩で踏みとどまれるようになり、ますます体調はよくなっています。薬はすべて毒ですから、今は、全然飲んでいません。

[782] 初めてホームページを見せていただきました。投稿者: (2005年01月28日 (金) 17時26分)
今日、読売新聞の医療ルネサンスの記事を拝見し、初めて「APPLE」を見せていただきました。皆さんが明るく頑張っておられる様子がよくわかりました。
先日あるセミナーに参加したとき、現在東京科学技術研究所所長の川村賢司先生のお話を聞く機会がありその中で、「脳」に力を与えるものは「清浄で浸透する、体液に近い水」と「安全な天然栄養素」である。という話をされており、具体的な商品名(薬品ではありません)もあげられて、症状が良くなった事例をいくつかお聞きしました。偶然に見た新聞の記事に何か先日聞いたことがお役に立てるのではと思い、投稿させていただきました。


[783]seiken>記事を目にされてのご訪問に、感謝いたします。
また、関連情報を提示してくださいまして、有り難うございます。
ほかに興味を持っていただけた頁はございましたでしょうか。
パーキンソン病との関わりはおありなのでしょうか。
御礼のご挨拶が、思わず質問になってしまいました。
またのお越しをお待ちしています。
(2005年01月29日 (土) 10時34分)

[784] はじめまして投稿者:ちー (2005年01月29日 (土) 22時56分)
はじめまして。 私も、読売新聞の医療ルネッサンスを拝見して お邪魔させていただきました。
私はパーキンソン病ではありませんが、私の息子がLドーパを処方されています。病名は ウィリス動脈輪閉塞症(脳血管の病気。特定疾患。別名もやもや病)です。
この病気では ふつうはLードーパは処方されないのですが、息子の場合、小学校2年生の秋に発症して 激しい不随意運動がありました。発病から脳血管の手術、リハビリと約半年をかけて また通学できるようになりました。その後も1年のうち3ヶ月を2回、計6ヶ月間 足の激しい不随運動、手の激しい不随意運動に悩まされ、Lドーパの分量を変化させることにより 症状は改善されました。


[785]ちー>間違って 送信を押してしまいました。
病気は違えども、おなじ薬を使用されている事を知り、書き込みをさせていただきました。
こちらのサイトを良く読ませていただいて、薬の勉強をしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
(2005年01月29日 (土) 22時58分)

[787]Almond>HPを見てくださってありがとうございます。
息子さんもLドーパを飲んでいらっしゃると聞いて、身近に感じます。もやもや病のサイトを見てみますね。息子さんによろしく。
(2005年01月31日 (月) 16時37分)

[788]Almond>一部分、読んできました。
私は17歳で発症したけど息子さんは小学生になったばかりだったんですね。不随意運動にいくつかの種類があることを知りました。
血管造影は(頸から造影剤を入れました)MRIもCTもなかった頃に私もしました。
「もやもや病でもがんばる」、そう、パーキンソン病でもがんばっていきたいと思います。
末筆ですが医療ルネッサンスも読んでくださって嬉しいです。
(2005年02月01日 (火) 00時35分)

[808]じゃりんこ>うちの子どもの中学の卒業式、入学式で障害児クラスのお子さんがジスキネジアに四苦八苦している姿を見ました。
その原因がL-ドーパとは限りませんが、精神科の先生方が薬の量の微妙な調製に目を向けるようになったのは最近のことかもしれません。
他の病気の方とお互いの経験を交流し活かせたらすばらしいですね。
(2005年02月11日 (金) 23時05分)

[789]はじめまして 投稿者:雲助 (2005年02月01日 (火) 19時30分)
はじめまして。東京にいる知人から読売新聞の医療ルネッサンスのこのHPのことを紹介してもらいました。
2003年の8月に大阪でP病と診断され、郷里の岡山に戻り、2004年1月から会社に能力開発休暇を貰い、1年が経ちました。現在、55歳です。2000年ぐらいから寝てて、固まると妻に言っており、左肩が50肩
になり、2002年には、左手が動かしにくくなりました。2003年の夏
に上司から、左足を引きずって歩くので、きちんと医者にみてもらうように
言われ、整形外科に行ったところ、神経内科で検査入院をしてP病と診断されました。
当初は、ベルマックスを処方してもらっていたのですが、現在は、カバサー
ル2.0mg、メネシット100を3錠を処方してもらっていますが、
左半身の筋固種から、右肩、右手が動かしにくくなってきて、とても不安
です。胃腸障害があり、メネシット3錠を1錠しか飲めていないことでの
影響かもしれません。先月、主治医に相談したところ、内臓精密検査をす
ることで、下部、上部の内視鏡検査をしており、今週CT検査をする予定です。左が2+、右が1+の状態と主治医が診断されましたが、この数字がな
んなのか、聞いていません。右手だけでキーを打っています。
主治医とのコミュニケーションが取れていなかったのが、先月からやっと
内臓検査をしましょう等といってくれて、少し改善されました。
こんなときに、このHPを見せて頂き、今までのもやもやとした不安から
少し安心させられました。P病について、色んなことを教えてくれるサイト
があって、今後も活用させて頂きます。
何か、お手伝いできることがあれば、ご連絡ください。
主治医とのコミュニケーションをとる方法について、何か良い方法があれば、皆さんのご意見を掲載していただければ幸いです。
病気に負けないよう、頑張りましょう。

[796] > 雲助さん、はじめまして!
この掲示板の管理人をさせてもらっている民と申します。
管理人と言っても、ココに書き込んで頂く皆さんから元気を分けてもらっている!感じですが。。。
どうぞ宜しくお願いします。
主治医とのコミュニケーションを1ヶ月に1回の診察でとるのに、私も多少戸惑ったコトがありました。
地元の総合病院にかかっているのですが、最初に診てもらった先生とは検査入院したコトもあって、とても身近に感じられる信頼出来る先生でした。ところが、大学病院から出向いてきた先生なので、研究の為に戻られるコトになってしまったんデス。。。
で、先生とよ〜く相談して、大学病院へ転院しないで、副院長先生に診てもらうコトにしました。
今まで何でも話せてたのが、どぉしていいかわからなくなりました。人見知りなもんで…。
リハビリの先生に相談して、気付いたコトやわからないコトなどをメモして、診察時にそれを見ながら話すようにしました。
私も納得出来る診察が受けれますし、先生も私の考えや治療方針などきちんと聞いて答えてくれてすごく安心しました。
他の方々はどうしていますすか?
(2005年02月03日 (木) 03時38分)

[813] 金ちゃん > うちの父も20年P病なのですが、ここのところ診察も2ヶ月1回のペースなもので、いざという時に主治医の前で何もいわれなくなりどもってしまい結果、血圧だけはかってかわりないですねと言われてしまいます。私も代弁しようとするのですが、急にどもってきこえなくなり、メモ書いてといっても手が震えてかけず、なんせ口で言おうとしていることを待っている余裕も先生にもなく、いつも父の言葉は中断してしまい終わってしまいます。
コミニケーションはとてもむずかしいです。
(2005年02月14日 (月) 23時57分)

[814] > 金ちゃん 様
私の両親と義父は3年近く交代で病院の送り迎えをしてくれていたんです。(週1回)ホントに感謝しています。
今は一人でも行けるようになれたのですが、以前は緊張すると震えが倍増したりするので(今でもそうです…)、いつも付き添ってくれていたんデス。
センセイと患者さんがコミュニケーションを取れるのが一番いいんでしょうけど、病気と向き合いながら生活していく上では、症状が少しでも改善されたり、治療の経過など色々なコトを不安に思ったり、相談したいコトがご家族にもあると思うんです。
診察を待っていた時に、患者さん自身がセンセイとコミュニケーションを取るのが難しい方がいらっしゃって、ご家族の方が生活の様子を話していました。
かなり長い時間話していて、「私はいつ呼ばれるんだろぉ?」と思ってましたが(笑)ご家族の方も納得した様でしたし、患者さんも安心したぉカオで診察室から出てきました。
まとまらない文章になってしまいました。上手く言えなくてすみません。
(2005年02月15日 (火) 08時26分)

[790] はじめまして投稿者: (2005年02月02日 (水) 03時27分)
はじめまして。このHPは以前から知ってましたが、読売新聞の医療ルネサンスを見て、アドバイスをほしいのですが・・・・
私、現在36歳P病と診断されたのが32歳のときでした。
妹、34歳 同じ症状で近くの神経内科医院に行った所、P病でしょうと言われました。 ただ話しと症状だけで診断されたらしく、詳しく調べてもらってないと、本人が言ってましたので、「調べてもらったら」と話をしているのですが・・・・
体の震えや足が前に出にくいなどの、症状が出てるにもかかわらず、「そんなことはない。 変なこと言わないで」と言います。なかなか説得ができず困っています。
妹、子供が4月から小学校という事があるかもしれないですが・・・・
親や親族にはP病は、いないです。
何かアドバイス頂けたらと思います。
妹とは2〜3ヶ月に1度くらいで会います。


[792]>若さん、はじめまして!
私は、現在37歳。診断されたのは33歳の時。子供はいません。
私にも34歳の妹がいます。今のトコ発病はしていないようです。
妹さん、子育てや家事をこなすのをとてもがんばっていらっしゃるんでしょうね。
そんな時に自分が病気になってしまったコトが、もしかしたらご本人はとてもショックを受けているのかもしれませんよね。
でも、それを認めてしまうとプチッと糸が切れちゃいそうで気のせい!みたいに思うようにしているのかな?
本人じゃないのでわかりませんが…。すみませんっアドバイスにならなくて。
1コ思ったのは、説得するのは難しいなぁと思いました。とてもナーバスなコトですし、説得したとしても本人がこの先どぉやって生活していくかが大切だと思うんです。本人の気持ち次第で、前向きに考えられればいいんでしょうけど、ガクッと落ち込んでしまうとも限らない…。
ただ、今ご家族でしてあげられるコトとしたら、少しでも子育てや家事が負担にならないように協力してあげたり、辛い時に辛い!って言えるような環境があるとすごくホッ!とするんじゃないでしょうか?
きっとお兄さんの若さんは、とても妹思いな方のように感じましたので、きっとそのうちに自分から向き合える日が来るように思いました。
あまり焦らずに妹さんの様子を見守ってあげるのはどぉでしょうか?
私は東京在住デス。
年齢も近いので、何かあればぉ声をかけて下さい。個人メールでも全然構いません。
がんばって下さいね。私もがんばりま〜す。
(2005年02月02日 (水) 10時35分)

[794]>民さん
ありがとうございました。
説得ではなく、「何か困ったら相談して」くらいで行きたいと思います。
寒い日が続きますが、お体に気をつけて
p(*^-^*)q がんばっ♪です
(2005年02月02日 (水) 23時55分)

[795]sophia>妹さんが同じような症状とのことですが、神経内科医であれば話と症状だけで診断は可能だと思います。血液検査やMRIなどの検査をしても異常がないのが普通なのでご本人が望まないのであれば無理に検査をする必要もないのではないかと思います。
また薬についても、ご本人が特に薬を必要としないのであれば飲まなくてもいいので、生活していく上で不都合が生じてきた時点で飲み始めても問題ないと思います。
パーキンソン病の薬は今のところ症状を抑えるだけで、進行を抑える事ができるとはっきり分かっている薬はないので、診断されたら直ぐに飲まなければいけないというものではありません。
若年発症の場合兄弟で発症することはありうることで、親や親族にP病がなくて発症します。APPLEの医学情報の中に若年性パーキンソン病についての記事がありますのでご覧になってください。
いずれご本人が自分で病気を受け入れられるようになったらきっとお兄さんにご相談なさるのではないかと思います。
ゆっくり待っていらっしゃったらいいのではないでしょうか。
(2005年02月03日 (木) 02時45分)

[791] 病は呼びかけ投稿者:鈴木よしえ (2005年02月02日 (水) 09時15分)
私は昨年8月に認定されたばかりのホヤホヤのパーキンソン患者です。
皆さん病気に負けずに病は自分自身への生き方への呼びかけだと思いませんか?今日は時間がないのでまた投稿します!


[793]>『病は自分自身の生き方への呼びかけ』…。
そんな風に考えたコトありませんでした。
鈴木 よしえさん、初めまして!
でも、なんとなくわかるような気がしました。
病気になって、気持ちも元気じゃなくなってしまった頃に、『なんで私だけこんな風になっちゃったんだろぉ。。。』って、このコトだけが頭の中でグルグルしていた時期がありました。
結局、行き着いたのは『病気に負けないぐらい強くなれ!』ってコトなのかな?って思いました。
でも、周りの明るい環境にも恵まれているので、病気に対して多少楽観的にとらえられるようになれたのもあるんですが、病気になって色んな変化は確かにありました。
私って、こんなに努力型だったけ?とか以前より前向きになった?とかチャレンジする前に諦めるのが得意だったハズなのに、何でがんばっちゃってるのかしら?みたいに、時々自分に自分でびっくりするコトがあるんです。
多分、病気じゃなかったらこんな風に思えるようなコトはしていないか、普通に出来ちゃうコトなので、イチイチ振り返るコトもなく、気付かないでいたんじゃないかな?
ちょっと話それちゃいましたかねぇ?
上手く言えなくてすみませんっ。
(2005年02月02日 (水) 11時18分)

[797] がんばりました!投稿者: (2005年02月05日 (土) 02時09分)
私、ピアノを習っているんです。
とある場所で弾く事になってしまいました。。。
私の場合、緊張するといつもより震えが倍増するので、人前で弾くなんて絶対にヤダ!!と思っていたのにぃ。。。
とりあえず数週間、ひたすら練習しました。ベートーベンの『悲愴第二楽章』と言う7分近くある曲デス。
本番の日。案の定、震えは凄かったデス。。。
でも、震えが邪魔しても、最後まで弾いた自分にちょっぴり感心しました。


[798]sasapapa>民さん、やりましたね!しかもクラッシックなんて凄いです。
私は左半身の強張りと緩慢な動作で去年8月に特定疾患を認めていただきました。発病から約2年です。先日、部屋の隅に追いやれていたギターケースから久しぶりにギターを取り出し好きな歌でも歌おうとしましたが左の指は動かず声はかすれて出ないしさんざんでした。でも良いリハビリになるのでは?と思い1日1回は触ろうと思います。
(2005年02月06日 (日) 10時40分)

[799]ハトポッポ>民ちゃん、すごいわね。
震えに耐えたこともとても見事だけど、パーキンソン病を抱えていてピアノが弾けるというのは、腕の症状がとても軽いか、よく治療されているという事だと思うので、大いに希望が持てるわね。
私の場合、診断がつく数年前に、琴を習った事があったけれど、自分の思う速さで指を動かす事ができなかったのを思い出す。
これからもずっとピアノを弾き続けてね。
(2005年02月07日 (月) 07時31分)

[801]>sasapapaさん、ハトポッポさんありがとうございます。
私、診断された3年半前は握力が『14』しかなかったんです。リハビリを開始して確か『26』になって、ピアノを習い初めてから『37』になったんです。これは30代の女性の平均値をすこぉ〜し上回るらしく、リハのセンセイ(20代のオンナのセンセイ)が『私よりも握力がついてる☆』とびっくりしてたんですよ。私も嬉しかったです。
実は、思うように指なんて今でも動かないんです。練習してると、ちょっとづつ弾けるようになれるのが楽しいし、上手くなりたいから練習も苦じゃないです。
音楽っていいですよね。
(2005年02月09日 (水) 00時54分)
[805] 徳洲会病院が難病専用病棟を開設投稿者:seiken (2005年02月10日 (木) 17時32分)
今年徳洲会病院は特定疾患(難病)専門病棟を開院するそうです。
重症となった特定疾患患者は、病院経営上利益を生まないからと、病院をたらいまわしにされている現状があります。
4月1日、静岡市にALSや重度障害のパーキンソン病など、特定疾患の患者を対象にする難病患者専門の療養型病院がオープンになります。
対象は、長期医療入院の求められる患者及び介護者を支援する短期入院も可能としています。
静岡徳洲会病院(51床)に続き
今年は9月1日に、東京都昭島市に西東京徳洲会病院(100床)
11月1日には千葉県四街道病院に四街道徳洲会病院(50床)がオープンの予定です。
ちなみに特定疾患としてあげられている病名は
多発性硬化症、重症筋無力症、スモン、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、ハンチントン病、パーキンソン病関連疾患((1)進行性核上性麻痺 2)大脳皮質基底核変性症 3)パーキンソン病)
多系統萎縮症、プリオン病、亜急性硬化性全脳炎


[806]seiken>_個人的には、確かめておきたいこととして、
1 次々にオープンされるので、専門の医師や看護士等、人的な体制に十分な手立てが間に合うのか。
2 地域との医療ネットワークは構築されているのか
3 全て保険でカバーするのか(複合診療は考えていないのか)
(2005年02月11日 (金) 16時40分)

[807] はじめまして投稿者:みよ (2005年02月11日 (金) 21時56分)
読売新聞の特集でここを知りました。
主人が昨年 パーキンソン病と診断されました。他の病気で通っていて たまたま診断されたという感じでしょうか。ですから 幸い初期なのです。
今回は薬とアルコールの関係を教えていただきたく メールしました。
現在 マドパー錠を 朝、昼、晩一錠、カバサール錠 朝一錠 処方されています。
薬剤師に聞いたとき 夕方は薬を飲んだ後時間を空けて 酒をということで 実行していたのですが 最近は 酒を優先させ 薬を休んでしまってます。だから 朝、昼だけってことでしょうか。
副作用が心配で 一緒には飲まないほうがいいんじゃないかと いう考えなのですが。
恥ずかしいことに 数年前抗うつ剤だったと思うんですが 以前の病院で処方されたとき 本人酒と飲んだりして 副作用みたいなかんじがあったので。
今日は薬のことに書いてあるところを 読ませていただいたので 思い切って メールしてみました。
朝、昼、三時頃とかって ゆうふうに 三回のんだ方が いいでしょうか。


[809]Almond>薬をいつのむかというのはウエアリング・オフが起きてくるとはっきりします。
「薬が切れる前にのむ」大体1回の服用で何時間効いているというのが分かりますから、それに合わせることになります。
お尋ねの"薬とアルコール"について正確なことは言えませんが、私はビールくらいなら並行してのんでいます。
強いお酒と薬を同時に、それも毎日というのは止めた方がいいんじゃないでしょうか。
(2005年02月12日 (土) 10時39分)

[810]みよ>早速 ありがとうございます。 3回飲んでみてみる様に 勧めてみようと思ってます。 試しに。
結構酒は 多いので やはり一緒は 駄目ですよね。
これからも皆さんよろしくお願いします。
ちなみにメールではなかったですね。
(2005年02月12日 (土) 21時11分)

[811] 初めて投稿いたします。投稿者:アキ (2005年02月14日 (月) 11時36分)
'パーキンソニズム'で検索しここを知りました。
私自身(47歳)、今現在パーキンソン症状で困っています。
実は'パーキンソン'という症状がこういうことかも、よく知りませんでした。
先生の診断では'大脳皮質基底核変性症'の疑いとのことですが、左ヒザの力が抜けて歩きづらいことから始まった診察でした。2年程前から抗ウツ剤を飲んでいました。
自分にとって受け入れられず、
今は、'薬剤性パーキゾンゾニズム'では無いのだろうかと思っていて、抗ウツ剤(ソラナックス・ルジオミール・パキシル)を止めています。これまでに一時'ドグマチール'や'トリプタノール'という薬も飲んでいたからです。
正直、自分なりに心が迷っています。
何かアドバイスいただければ幸いです。


[817]sophia>パーキンソン病様の症状を呈する疾患を総称してパーキンソニズムといいますが、そのなかには神経変性疾患(パ−キンソン病やパーキンソン・プラスといわれる大脳皮質基底核変性症など)と二次性パーキンソニズム(薬剤性パーキンソニズムなど)があります。
薬剤性パーキンソニズムは抗精神薬、抗欝剤、胃腸薬その他でおこりますが、これらの薬が原因でおこったものであれば原因となる薬を中止すれば症状は消失します。現在抗うつ剤を中止いているとのことですが、中止してもパーキンソン症状に変化がないなのであれば薬剤性パーキンソニズムとは考えにくいと思います。
抗うつ剤がすべてパーキンソン症状をおこすわけではなく、ソラックス、ルジオミール、パキシルはパーキンソニズムの原因薬にはあげられていません。ドグマチール、トリプタノールは原因薬となる可能性もありえますが、現在飲んでいないのであれば問題ないと思います。
以上のような理由から薬剤性パーキンソニズムは否定的だと思います。
抗うつ剤を中止してもいいのかどうか主治医と相談なさるようにお勧めします。
どうしても薬剤性パーキンソニズムだという疑いをもつのであれば主治医にそのことをお聞きになって納得できる説明を受けられる方がいいかと思います。
(2005年02月16日 (水) 12時07分)

[820]アキ>ご丁寧なアドバイス有り難うございます。本当に天の助けのようです。確かにAPPLEで情報頂いていますがソラナックス・ルジオミール・パキシルは原因薬にはあげられていないようです。
でも現に今止めてみて、パーキンゾニズム症状がよくなって来ているようなのです。確かに切迫感や
ピクつきなどもあるのですが足は良いようです。思い切って主治医に相談して見ようと思います。自分はあくまで素人なのですからね。
(2005年02月16日 (水) 15時14分)

[821]アキ>sopha様
早速、今日主治医に相談してみました。抗ウツ剤を止めてみても大丈夫との事です。これで止める事が生理的にショックを起こすような事がないと知り安心しました。
まだ、神経変性疾患の可能性が無いわけではないのですが、中止してみます。ご相談できて助かりました。これで不安無く治療できます、ありがとうございます。
(2005年02月16日 (水) 18時32分)

-----------------------------[829] アキ > sophiaさん
はじめまして、47歳(男)のアキです。sophiaさんはお医者さまですか、失礼な事を申し上げているようですみません。
こらからもよろしく助言ください。
(2005年02月17日 (木) 17時11分)

[830] sophia > アキさんへ、
はい。神経内科医ではありませんが、医者です。病歴30年の若年性パーキンソン病患者で、このAPPLEのホームページの管理運営グループのメンバーです。
患者と医師の両方の立場から皆さんのお役に立てればと思っています。でも神経内科は専門ではありませんので、自分の症状を中心に自分がわからないこと知りたいことを調べたりしているので患者さん全体のことは十分には分かりませんのであくまでも参考程度にしておいて下さいね。
(2005年02月18日 (金) 08時21分)

[831] アキ > ありがとうございます。
私たちにとって大変に力強い方ですね。自分自身が症状を感じていらっしゃるお医者様は貴重です。
失礼ですが状態は安定しているのですか?
(2005年02月18日 (金) 09時09分)

[833] sophia > アキさんへ、
一応安定しているとお答えしていいかと思います。多少不随意運動がでたり、すくんだりはしますが、ほぼ1日中動けます。非常勤ですが仕事もしています。
若年性パーキンソンで進行が遅いせいもあるかとは思いますが。
(2005年02月18日 (金) 16時44分)

[834] アキ > 失礼ですが、おいくつですか?
パーキンソン病は、いくつからで
どんなキッカケだったのですか?
立ち入ったことですが、良かったら教えていただきたいのですが?
(2005年02月18日 (金) 17時21分)

[836] sophia > 55歳です。
発症は25歳頃です。震えで始まりました。人生の半分以上を病気とともに生きてきました。
(2005年02月19日 (土) 01時15分)

[838] アキ > 失礼しました。
ひとりで考えているようで孤独感を感じていました。
共感できる人がいらっしゃてほんとうによっかたです。
かってながら安心させていただきました。
これからもよろしくお願いします。
(2005年02月19日 (土) 09時53分)

[839] カナメ > どなたか教えてください
パーキンソン病は特定疾患に指定されていて医療費助成があると聞いたのですが、症状に関係ないのでしょうか?結構外来の薬代が高いので・・・。また、面倒な手続きが必要になってきますか?
(2005年02月19日 (土) 11時17分)

[842] アキ > sasapapaさんへ
書き込み有り難うございます。
私もこの病の新人で、47歳です。
藁をも掴む思いよく分かります。
みんな自分だけの人生ではない
ですのもね。
私は、病気も自分という人間の個性・性格のうちだと考えるようにしています。
焦らず、受け止めて生きましょう。
どんどん書き込みしましょう。
みんな孤独です。
(2005年02月19日 (土) 17時38分)

[843] アキ > 誤字してしまいました。
4行目から'人生ではないですものね'が正しいです。
何か最近誤字や勘違いが多くなった気もしています。
自分もそうだという方いらっしゃいませんか?
(2005年02月19日 (土) 17時43分)

[845] カナメ > アキさんへ
私も少しずつろれつが回らなくなり、単純な勘違いをするようになり、痴呆になるのではないかと不安があります。あと、顔の表情がぎこちなくなってきました。
(2005年02月19日 (土) 18時13分)

[847] アキ > 845 カナメさんへ
皆さんも迷いはあるのですね。
安心しました。
事実として冷静に受け止めてゆっくり対処しましょうね。
誰でも、老化は当然のこととして進むのでしょうから。不安とは受け取らないようにしましょう。
どう思いますか?
(2005年02月20日 (日) 08時35分)

[865] miwa > はじめまして。
私も、47歳でPD新人です。体が震えるので病院へ行ったらパーキンソン病ですと、診断されましたが、心のどこか奥の方では、私は、きっと違うと思っていましたが、走れるのに歩けない。この言葉を見たときに、ああ私だと....顔の表情も友人は全然わかんないと言ってくれますが、自分ではすごくぎこちないなです。病院の先生に言われるより、素直に受け入れる事が出来たようでうれしいです。
(2005年03月01日 (火) 21時32分)

[917] 宮崎 若葉くん > 自分も46歳で発病して、現在48歳です。妹が神経内科の看護士をしており、第一発見者でした。
自分は、不安、恐怖、よりまず、怒り、みたいなものが先にでました、で、妹に質問したり、図書館いったりで、情報を集めて。。時間ないんでまた送ります。
(2005年03月31日 (木) 16時44分)

[832]教えてください 投稿者:スポーツマン (2005年02月18日 (金) 09時34分)
52歳の男性です。
平成11年頃から歩行時、左腕が上手く振れないことからはじまり、平成14年にパーキンソン病と診断され現在カバサール2錠とマドパー3錠を服用しています。
症状は肩こり、首こり、腰痛、わずかなすくみ足、筋力の衰え、両腕が固いといったところです。
仕事はパソコンによる事務作業にかわりました。
車の運転はなんとかできています。
ところで、どなたかご助言願います。
1.薬を増やしてきましたが、改善がみられません。薬の効果は
  人それぞれでしょうが効果の度合いはいかがでしょうか
2.筋力の衰えが心配です。筋力トレーニングはどうでしょうか
  住まいが兵庫県姫路市です。トレーナをご紹介ください。

[835] アキ > こんな否定的なことではいけないのでしょうが、この種の薬は効いた方がいいのかどうか疑問です。
私(47)男もたいへん苦慮しています。sophiaさん、どうなんでしょうか?
(2005年02月18日 (金) 18時48分)

[837] sophia > 薬の効き方は人により様々です。一般に40歳以前に発症した若年性のパーキンソン病は薬が良く効くようです。
薬の効果がはっきりと感じられない場合どのような方針で治療するかについては私は神経内科医ではないので申し上げることができません。
このホームページのなかのask the doctor BBSで順天堂大神経内科の服部先生が質問に答えてくださいますのでそちらのほうへ質問を書いて診られるといいかと思います。
(2005年02月19日 (土) 01時27分)

[841]839 カナメさんへ 特定疾患 投稿者:Almond (2005年02月19日 (土) 15時09分)
カナメさん
どちらにお住まいか分かりませんが、お住まいの都道府県の難病(特定疾患)担当課に尋ねると分かります。
概ね全国共通なので、上のHOMEのところをクリックしてくだされば東京都の場合が載っています。

[844] カナメ > 早いお返事ありがとうございました。早速見てみましたが、いろいろと申請手続きが面倒なのですね。この病気のせいか、最近家事も面倒で何もかも意欲がおきません。保健所まで行かなければならないのかと考えると、このままでいいと思ってしまうのは私だけでしょうか? (2005年02月19日 (土) 18時08分)

[846] Almond > お住まいが東京都の市部だと下記にあるように保健所でなく市役所等になります。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shippei/iryohi/madoguchi2.htm
家事をするのも億劫なのは、「うつ」症状を呈しているのでしょう。
保健所・もしくは市役所に行けば詳しく教えてくれます。ヤールの3度、生活機能症度2度以上で認定されます。是非申請しましょう。
(2005年02月19日 (土) 20時09分)

[848]DBS手術について 投稿者:MOさん (2005年02月20日 (日) 21時58分)
私はP病を発病して約3年ですが先日検査入院をして詳しく検査したら正式な
病名は純粋アキネジアでありこんなわたしでもDBSで
手術してもすくみ足がなおりますか

[849] Almond > DBSについてはDBS掲示板に投稿してくださると脳外科医が答えてくださいます。
http://www3.ezbbs.net/13/pusumusu/
(2005年02月21日 (月) 13時16分)

[855] Almond > MOさん
DBS掲示板に回答があるのにお気づきですか?
(2005年02月25日 (金) 18時37分)

[852]誰か教えてくれませんか 投稿者:金ちゃん (2005年02月24日 (木) 00時46分)
パーキンソンなってもうすぐ20年近くになります。飲み込みが悪くなり薬の状態も悪くなって、PEG胃ろう作ってからは、P病の状態の効きもいいのかいぜんほど動きに多少戻っているきたところです。ただ嚥下の問題や吸引などがあってこの一年いろいろあったけどなんとか誤嚥肺炎もなく一年暮らせたので、ここらで、父とリフレッシュがてら温泉治療などしたいと思っているのですが、リハビリの家族参加型ショートがなかなか見つからずだれか知っている方いらしたら教えてくれませんか?病院の訓練も少しまんねりしていて危険もあってこの一年同じことだけなので、あまり上にすすまないので、家族同伴であればいろいろとできるのではないかと思うのですが、又パーワーリハビリもパーキンソンにいいと効き水中訓練も足腰訓練いいときくの車椅子でも入れる温泉治療先などあったら教えてください....

[853] seiken > 神奈川県厚木市の七沢温泉にある(小田急線「本厚木(ほんあつぎ)」下車、バス「七沢病院行き」
七沢温泉入り口にある七沢病院は脳梗塞や血栓の患者のリハビリで大きな成果を上げている病院です。天才騎手野平佑司、巨人9連覇監督の川上哲治、冬のチョモランマに中国側からの単独登頂に成功したものの下山時に、凍傷で手足の指をほとんど失って、帰還した松田さらも、この病院でリハビリにより大きな成果をあげています。
詳しくは
  http://www.kanagawa-rehab.or.jp/
(2005年02月25日 (金) 16時58分)

[850]はじめまして「 投稿者:サト (2005年02月23日 (水) 01時52分)
パーキンソンの薬を飲み始めて 5年からになり 主人が亡くなった後なんとか一人で暮らしていますが 皆さんはどんな気持ちですごしていられるのでしょう 私は時折投げやりになり どうにでもなれと思ったりしますが まだ人様の前では冷静を装っている 今年古希を迎えるおばあさんです 

[851] sasapapa > 51歳の男性です。私もこの10日くらい風邪をひいていておまけに市販の薬を飲んだため?膀胱はパンパンなのに小便が出ずに2夜連続で夜間に管を通しに病院に通いました。今までで最悪と思えるくらい体調が悪くて憂鬱です。また家族にいろいろなことがありましてそれも起因していると思っています。もっとのんびりと思うのですが弱り目に祟り目世の中上手くいきませんね!歩く時は左足が思うように動かず引き摺るように歩いています。四六時中頭がぼっーして良くふらつきながら歩いています。でも、まだ気持ちだけは萎えなようにと自分に気合をかける気持ちがあるから大丈夫か?とりとめもない愚痴を書き込みました。すみません。 (2005年02月23日 (水) 17時43分)

[854] サト > あらためてサトです 私の病状はステージ2というところで まだ初心者です 人様にお世話になる日が 1日でもあとにとなるようにと 体操教室では上手に歩く歩き方を 何か打ち込めるものはと絵を書いたりして 自分を励ましていますが 一人でいると
急にすくみ足になりトイレに行かれなくなったらどうしょう などなど 人前でつっぱている分落ち込みも大きいです 少し落ち込み袋の口を開けたので 明日から またがんばります
(2005年02月25日 (金) 17時11分)

[858] みえこ > さとさんこんにちわ
思い切って書きます。私は昨年還暦を迎え、祝った直後から発病し6月からカバサール2錠を飲んでいます。さとさんはお一人でがんばられているご様子精神的に厳しいですよね。私など今からひとりになった時を考えてしまい憂鬱になります。でも古希なのにパソコンに向き合う若さはすごいですね。ともにがんばりましょう
(2005年02月27日 (日) 16時49分)

[860] サト > みえこさん ありがとう
病状が少しづつ進み 体のあちこちが スムースに私の言うことが聞かれなくなり 頭も痴呆が始まる 病気なのだから 素直に受け入れなければとわかっているのですが 時折どうしょうもなく 落ち込んでしまいます 愚痴なんか言ってないで 前向きまえむき 自分によく言いきかせておきます 
(2005年02月28日 (月) 22時01分)

[862] みえこ > どうなっていくのかな?考えると落ち込むから、今は考えないようにします。でも、頭は努力しだいなのでは?できるだけ、外に出たり、こうやってパソコンいじったい、さとさんのように絵を描いたり趣味を広げたり、楽観すぎますか?そう考えないと・・・昨年3月までテニスや山歩きをしていたので、できなくなったショックが大きく、それ以上考えたくない現在です。まだ、病気の第1歩ですので、先輩の方どうですか?本当は怖いので、逃げているのだと思います。 (2005年03月01日 (火) 13時04分)

857[857]私 のパーキンソニズム 投稿者:玉田誠宏 (2005年02月27日 (日) 15時36 分)
53歳の男性です。大学(京大薬学部)卒業 後、ある大手製薬会社の中央研究所に研究員として入社して、連日、ハードな新薬の開発 実験に取り組んでいました。33歳で中央研究所研究部次席になり、仕事の負担と管理的 業務でさらにいそがしくなりました。あるとき、何か自分が打つ状態ではないかと思い、 ある精神科クリニックをたずね、状態を話したところ、その状態の特効薬があるとそこの 医師が言い、いわれるままに大量の粉薬を、朝、昼の1日2回で服むようにしたところ、 最初の数回で、何か気持ちが舞い上がるような多幸感が起き、やる気も出てきまして、ち ょうどそのころ新規の全身吸入麻酔剤を開発している最中でその薬の中身まで気が回らず、 数年間のみ続けました。次第に薬が切れるとうつ状態となり、仕事ができないため、医師 に薬の中身を問いただしたところ、かなり大量のリタリン、マイナートランキライザー等 だと答えました。調べたところりタリンはある種の覚せい剤でむやみやたらに初診から出 していることに不審を持ちすぐに薬をやめました。ところがやめてから、1年半ほどした ある日、突然体のバランスがとれなくなり、3度転倒し、そのときから歩行器なしではあ るけなくなり、それからさらに1年たった今では車椅子でヘルパー付きの外出になって症 状は進行しています。北野病院神経内科では、リタリンの長期服用で足に来ることがある (parkinsonism)といわれました。Sevoflurane開発の業績などで現在、ニューヨーク科学 アカデミー特別会員になり、米国連邦政府からグラント(研究助成金)が出てはいますが、 元のように普通に歩けるようになりたい気持ちでいっぱいです。

[885]P病はほとんどの人は知らない 投稿者:たまちゃん (2005年03月11日 (金) 10時35 分)
私はパーキンソン症候群ですが、入院してわ かったことは看護師のほとんどの人が、パーキンソン病について、詳しくはわかっていな いことでした。もちろん個別の看護は、それなりにちゃんとやっていけただるのですが、 パーキンソン病の全貌という点では、確立した病気に対する見方を持っている人はまれで した。それとわたしは、外見では健常者に見えるので、立っているとどこがわるいのかと 何度もきかれ、その度に説明したりで、損な病気だなとおもったりしたこともいくどかあ ります。

[887] じゃりんこ > ほんと。そう思う。
もっと悲しいのは、神経内科医にもよく分かっていない先生がおられること。
泣 きたくなる。
(2005年03月11日 (金) 13時27 分)
[861] 申請 投稿者:みよ (2005年03月01日 (火) 08時40 分)
 特定疾患の 申請の準備のため 保健所 に行って来ました。
夫51歳 まだ症状は軽いように思います。
しかし、新 聞にも 完治しない、くすりが効かなくなるなどと記事があり 本人落ち込み気味です。< br>マドパー錠 カバサール錠のんでいるのですが 最近勃起障害気味なのを 本人  気にしています。相手が変わればなんて冗談言ったりしてるのですが。
がんけん痙 攣という まぶたが下がってしまう病気もあり それも完治する病気ではないので ます ます 考え込んでしまっているようです。
あんまり「がんばれ」という言葉は か けたくないし 薬 病気のせいにして 落ち込んでるときは そっとして置くようにしよ うとは おもってるんですが・・
時期がきたら 落ち込みから抜けて 病気と付き 合うようになれるんでしょうか。


[863] sasapapa > 病気になって以来、今年の夏で、まる2年を迎えようとしています。 なった年の秋に薬の負担ががあまり高いので特定疾患の申請をしましたが軽度だったので しょうダメでした。去年の夏に2度目の申請をして認められました。これって病気が進行し ているって言うことですよね。今は左手の動きが特に悪くて左足のビッコも寒さのせいも 手伝ってひどいと思います。ご主人のお気持ちは本当によく分かります。私はこの病気をナ メテいたと言うか進行があまり無かったので比較的気安く考えていました。が半年が過ぎ1 年が過ぎると症状が全て顕著になり誰が見ても違う人物みえているように感じているよう に思えます。販売業をしているのですが「前の兄ちゃんは?」とお客さんによく言われるの がすごくきになります。ご主人にアドバイスって言うほどのこともないですがそれぞれ症 状も違いますし進行の速さも違います。自分の殻に閉じこもらずにこの掲示板にもご主人 が書き込みをなさるように願っています。きっと共感できる仲間がいますよ!上手くいえな くてすみません。 (2005年03月01日 (火) 13時22 分)

[864] みよ > 夫は 器械オンチでだめなんです。MRIで診断されてから 8ヶ月 くらいでしょうか。
最初は あまり深刻に考えてなかったんですが 色々情報を得 るようになって 心配が募ってきているのは 真実です。
今回の申請は まだ、か もしれませんね。
また、お話聞かせてください。
(2005年03月 01日 (火) 20時33分)

[866] 私もそうでした。だけど 投稿者:hiroko (2005年03月02日 (水) 16時27 分)

人生の半分以上、パーキンソンと連れ添 っています。ちょっと偉そうに書かせてくださいね。将来のこと(いずれは寝たきり、薬 の副作用で・・・・)ばかり心配している気がします。私もある時期までそうでしたから よく解るんです。でもちょっと考えてみて。この病気今のところ治りませんよね。辛い状 態は続くってことですよね。薬を飲まずに生活出来たら飲まなくてもいいと思います。い ろんな民間療法、東洋医学などいろいろあるけど治ったいうことを聞いた事はないです。 なるべくお薬の量を減らすためにそれらの療法を取り入れるならとてもいいことだと思い ます。でも、それらの療法をする事で今が辛いのであれば、私はしない。薬を飲もうが飲 むまいが早い遅いの差は有っても進行はするんです。折角、今は薬を上手に使って動けて 楽に暮せる時間が出来るのに、どうなるか分からない先の事を考えて楽に過ごせる大事な 今の時間を無駄に辛い辛いと過ごすのはとってももったいないと思うから。


[868] Almond > 39年前、私が発病した 頃に比べ、今は薬の種類も増え情報も手に入り、パーキンソン病の環境は格段によくなっ ている。M病院のK先生は「20年間はなんとかなる」とおっしゃるけど、私はその2倍だ。
病気になって間もない人はいろいろ不安に思うだろうけど、大丈夫。私はまだ寝たき りじゃないし30年近くは一人でどこへでも行けた。ストレスを避けて無理しないようにす ればいい状態を保てます。心配しないでお薬を飲んで自分の生活を楽しまなくっちゃ。
(2005年03月02日 (水) 21時14 分)

[871] こんな掲示板うれしいです。 投稿者:うさぎのリカ (2005年03月04日 (金) 00時10 分)
はじめまして。私はH15年始めより左手が 動きにくくなり、秋頃〜立っていると頭〜背中が後ろに倒れそうになり歩き方もおかしく なってきました。その時もP病
が疑われたのですが、夫も両親も義父母も私がそんな 難病だとは信じたくなかったのでしょう。さまざまの療法を勧められました・・・気功、 気導術、ヨガ、整骨院
爪もみ等々。でも、昨年夏頃には歩き方も悪いうえに、自分の 髪や顔も洗いにくくなり周囲もようやく納得して改めて総合病院の神経内科へ。P病また は進行性核上性麻痺の疑いありとのことで、9月には特定疾病の申請をして承認されまし た。薬
は朝夕にマドパー、シンメトレル、セルシンを各1錠、朝は加えてカバサール、 エフピーを各2錠、ビ・シフロールを1錠飲んでいます。ビ・シフロールを加えてから薬 の効いている時間が長くなりました。効いている間は普通の人とそんなに違和感なく歩け ます、長い距離は無理ですが。調子のいい時間帯に買い物をしたり人と会ったりしていま す。子どもがまだ中1と小4なので、何とか少しでも長く自力で
動ける身体でいなく ては・・・と願うばかりです。今日偶然この掲示板を見ていてとても励まされて、つい自 分のことばかりたくさん書いてしまいました。また相談
させていただく事もあると思 いますがどうぞよろしくお願いします。


[872] sasapapa > 大体同じくらいの発病ですね。私は歳51歳の男性で子ども達は就 職をし今は手も掛からない状態です。子どもが小さい分、親が心配りと動きでいろいろ先回 りやフォローをしなくてはならない時代ですが、家族があるから頑張れる、家族があるから 諦めないというのも事実です。ファイト!&スマイル!(自分にも言い聞かしてます、、、。) (2005年03月04日 (金) 11時22 分)

[874] うさぎのリカ > お返事ありがとうございます。本当に家族がいるから頑張れる 気が
します。病気になる前は健康なんて当たり前で、周囲の人への感謝
もしてい なかった私です。大切な物ってホントは身近にあるんですね・・・・・またいろいろ教え て下さい。
(2005年03月04日 (金) 20時29 分)

[875] 低血圧のかたが多いのですか 投稿者:うさぎのリカ (2005年03月05日 (土) 23時49 分)
こんばんは。私にとってはP病と診断された ことはもちろんつらいことでしたが、1番こたえたのは周囲の肉親から「運動不足だった から、他人によく思われようとして過剰に適応し過ぎたから、自分の身体への管理が出来 てなかったから」そんな症状が出たのでは・・・というような理由付けをされていた期間 でした。もちろん
今思えば身内にこんな病気があること等考えるのもつらかったんだ と想像出来るのですが、私としてはこの病気にかかっていると認められて正直どこかホッ とした感じです。あ、愚痴になってしまってすみません。ところで、何かで見たような気 がするのですが、P病は低血圧の人が多いというようなことを・・・ちなみにわたしも上 が90下が50くらいの低血圧ですが。他のかたもそんな感じでおられるのかなと思いま した。


[876] 金ちゃん >うちの父もそうです。低血圧のかたおおいとおもいます。
動けな い時間に寝かせていたら急にトイレ行って起こすと突発性低血圧になって失神したりする ので、徐々にゆっくり起こしたりしています。
毎晩ドプス投薬入れたり
診察やリ ハで出かける時は
圧迫させいる弾性ストッキングなどはかせて、突発性低血圧になら ないようにしています。
(2005年03月06日 (日) 01時54 分)

[878] どんびい > うさぎのリカさん、金ちゃん、こんにちは。ときどきふらりと現れ るどんびいです。
わたしも低血圧で、P病になってから五年が過ぎました。
話題 がそれるかもしれませんが、病気の原因や対策を考えていて日頃疑問に思っていることな ので、この場をお借りして皆さんに質問させて下さい。
P病になった後の症状はど うでもいいのですが、「P病になる前に糖尿病でなく、高血圧だった」という方はおられる でしょうか?
(2005年03月06日 (日) 16時02 分)

[879] ETパパ
どんびいさん、こんにちは。
私の家内は48歳、昨年8月 にP病と診断され、薬をのみはじめたところです。
>「P病になる前に糖尿病でな く、高血圧だった」
家内は薬をのむほどではありませんが、P病と診断される随分前 から高血圧ぎみで、よく「つらい・・・」とこぼしていました。実際どのくらいの数値か はしりませんが。
ご参考まで。
(2005年03月07日 (月) 14時 16分)

[880] うさぎのリカ > 皆様お返事ありがとうございます。低血圧気味のかたが多そう な
感じですが一概にはいえないのですね。金ちゃんさんのお父様もどうぞ気をつけて 下さいませ。どんびいさん、ホントに病気の原因等
私もまだまだ知りたいことがいっ ぱいです。とりあえず今は身体を1日どうやって薬でうまく動かすかで手一杯です が・・・・・
(2005年03月07日 (月) 17時42 分)

[877] 投稿者:ナオ (2005年03月06日 (日) 13時22 分)
父がパーキンソンと診断されて4年位たちま す。最近薬の副作用で便秘になり、便秘が治る薬を飲むと病院にいくバスの中でそそうを してしまいました。そうゆうことが何度か続いた様で父はショックを受けています。外出 するときはおむつをするように勧めたほうがいいのでしょうか?


[881] SEIKEN > 4日くらいの便秘が当た り前の私は、最近アローゼン1服を夕食後服用しています。
出ない物をむりに出すこ ともないと、タカをくくっていたのですが、流石に7日以上便秘が続くとのぼせや食欲不 振にもなり、ガンの原因にもなると言われ、気をつけるようにしています。
外に出か けるときは、飲まないようにしています。
それでも4日間は便秘、と言うより全く便 意を感じません。
便意を覚えたらトイレに行くという、1週間に1,2回の気楽な便 秘対策です。
あわせて毎朝起き抜けに、コップ一杯の水を飲んでいます。これは血流 をよくするといわれ、はじめたものです。
このあと10分柔軟を基本にした体操をし ています。
(2005年03月08日 (火) 08時11 分)

[886] じゃりんこ > Apple の医療情報には便秘について書いてませんね。ごめんなさい。
パーキンソンの薬は量の加減が難しく、便秘薬も種類・組み合わせ・量を調製して良 い状態を作っていくしかありません。パーキンソン薬の調製でも便秘症状は変化しますか ら、便秘薬の増減してみてその結果を主治医の先生に報告して指示をいただくのがいいと 思います。
根気よくやってみてください。
オムツを使う場合は、調製ができるま でとハッキリ目標を決めることをお勧めします。
(2005年03月11日 (金) 13時19分)

[888] とてもつらい便秘と 投稿者:秋草 (2005年03月11日 (金) 15時21 分)
ナオさんのお父上の便秘は薬の副作用とか、 私もそうですがこんなにつらいものはありません。


[889] 秋草 > 「888」の続きです間違 えたので失礼。SEIKENさんのようにのんびりしていられない苦しさです。座れない ので立ったり腰
かけたりしています。症状はそれぞれ違うでしょうが、私には「酸化 マグネシウム0.33グラム」がやっと体にあって寝る前に毎晩飲んでいます。外出前に は飲みません。本当につらいのでなにか良い方法が見つかると良いですね。
実は Almondさんにご挨拶をしたくて開いたのですがドエライ障害物が目の前に現われて、他人 事でなく感じられて思わず一と言を。
本番です。Almondさん「雪の元旦」ではお 世話になりました。P病になって意気消沈していた頃昔馴染みの連句仲間に誘われて再開 しました。お蔭で元気になりました。ちょっとだけでも楽しんで戴けたらなお嬉しいので す。ありがとうございました。
(2005年03月11日 (金) 16時03 分)

[884] 新春俳諧歌仙≪雪の元旦> 投稿者:Almond (2005年03月08日 (火) 18時57 分)
趣味のページ http://members.jcom.home.ne.jp/almond41/Apple/dokusya/syumi.html
に、秋草さんと三泉さんの新春俳諧歌仙<雪の元旦>を載せました。
これ で歌仙がAppleに載るのは3度目です。
最初はなじみがなく連句は難しいものと決め ていましたが、身近なテーマや諧謔みなど、ずいぶん先入観と違いました。
もちろん 程度の高いことも高いので、読み手に合わせてどのようにも読めるということかしら。
「婆の呼ぶ声に鍬置く芋畑」が恋句だなんてとってもおかしかったりして楽しめます。
レベルは違うけど秋草さんと三泉さんも楽しんで句をつけているのが伝わってきます。

[898] 初めまして。 投稿者: (2005年03月16日 (水) 23時52 分)
私のブログです。
人間が生きるとは、 どういうことなのか、死とは何なのかを考えてみました。

[899] 生きるとは何か。 投稿者:sheep (2005年03月16日 (水) 23時56 分)
すばらしいサイトを見つけました。
「聖 書から人生を考えよう」
http://blog.goo.ne.jp/goo1639/
どうぞ、ご訪問ください。

[901] (削除) 投稿者:システムメッセージ (2005年03月19日 (土) 21時56 分)
ユーザーの希望により削除を行いました。
(返信記事が存在している為、削除メッセージに変更されました。)


[902] Almond > パーキンソン病に痛み はあります。抗パーキンソン病薬で解消する痛みと解消しない痛みがあって、後者の場合 は厄介なようです。「痛み」はQOLを損なう大きな要因です。私自身は発病から30年く らいは痛みがなかったけど、痛みは辛いですね。 (2005年03月20日 (日) 00時52分)

[903] ゆき > お返事ありがとうございました。マッサージをしてるとその間は良いよ うなので、しばらくは病院にも相談しながら義母の気の紛れる様いろいろ考えていきたい と思います、ありがとうございました。 (2005年03月20日 (日) 21時 56分)

[906] ぼんやり 投稿者:ともやん (2005年03月24日 (木) 17時47 分)
初めての書き込みです。
母は発病から もうすぐ10年になります。70歳です
実家で今まで父がずっと看てくれましたが、
先日急に母の腰痛がひどくなり全く動けなくなってしまいました
父も体が弱く、母を 抱え上げてオムツの交換などできるはずも無く
今は、内科の病院にとりあえず入院し ています。
車で3.4時間ほどの少し離れた所にすんでいる私は今まで月1回
実家 に帰って掃除や片づけする以外には何もしていませんでしたが
父も限界のようなので、 福岡の私の家の近くの病院を探しています
本当に親不孝な娘でパーキンソン病につい ての知識も浅く
こちらの投稿の文章を見てもちんぷんかんぷん。情けないです。
もしよかったら、どなたか福岡の神経内科の情報を下さい。
これまで充分にしてあげ られなかった分、どうにかしてあげたいです。
いま、胃潰瘍の治療で内科に入院とい う形なのでリハビリも全くしていないため
このままでは、ずっと寝たきりになりそう で怖いのです。
よろしくお願いします。できれば福岡市内西方面の病院が知りたいで す。


[912] じゃりんこ > 当方、地元の状況は 分からないのですが、一般論では、
さしあたり、
九州大
もしくは
浜の町病院
の神経内科あ てに現在の主治医から紹介状を書いていただき、ご家族が外来の診察予約をとって外来で 神経内科医に転院の相談をするか、電話等で薬の調製入院の予約をとること、だと思いま す。神経内科に入院のあきがなかなか出ない場合も、神経内科と連携している地域病院を 紹介してもらうのが安全と思います。
また、下記友の会福岡支部に地域情報がある かもしれません。
http://www.xyj.co.jp/human/hi sao/tomo/index.html
(2005年03月26日 (土) 15時34 分)

[913] じゃりんこ >なお、病気全体を理解するにはtopページにある
パーキンソン 病とつきあいはじめたあなたに  http://www005.upp.so-net.ne.jp/pdapple/newcomer/newcomer.htm
パーキンソン病の治療の進め方
http://www.geocities.jp/applereaderpage/iryou/mizunolecture/mizuno.i ndex.html
をどうぞ。
(2005年03月26日 (土) 15時49 分)

[914] ともやん > 返信、ありがとうございます。
こういう書き込みをしたのが初 めてで、名前も知らない私にこんな風に返事をしてもらえた事にとてもビックリ感激して ます。
まだ母や父の気持ちも固まってない今ですが、これから私のできることを気負 わずにやっていきます。ありがとうございました。
(2005年03月 27日 (日) 08時46分)
--------------------