2006年09月 の投稿ログ


2569.お願いします  
名前:りゅうた    日付:2006年9月18日(月) 23時24分
初めまして。26歳ぐらいから、症状が出始めて、1年半前に若Pニズムと医者に言われて、それから薬を、飲んでいる35歳の既婚、子供1人の男です。現在も、仕事を続けています。営業で、車にも乗っています。まだ、会社にはP病の事は言ってません。家族の為になるべく長く働きたいので、リスクの少ない薬を変えたり、量を少なくしたいのですが、(医師を信頼してない訳ではないんですが)医師以外で、第三者的アドバイスを下さる方を、お探しています。(長い目で見てリスク等)どなたか教えて下さい。お願いします。



2571.Re: お願いします
名前:月の光    日付:2006年9月19日(火) 11時8分
りゅうたさん、初めまして。
私もまだ診断を受けて二年なのであまり経験が少なくて何もアドバイスはできないのですが、もう少し詳しく服薬状況や薬の種類など差し支えない程度に書き込みされないと皆さんもアドバイスしにくいのではないでしょうか?それから、アップルには専門のドクターへの質問コーナーもあるのでそちらでもお尋ねなったらいかがでしょうか?アップルのいろいろなコーナーを開いて見られるのもいいですよ。よい情報が見つかりますように。


2578.Re: お願いします
名前:T    日付:2006年9月19日(火) 22時25分
りゅうたさんこんにちわ。
私もまだ、この掲示板依存症なので、先輩方の受け売りでしかお話出来ませんが文面からいろいろな不安に悩んでいる、気が焦っている様に見受けられます。
一つ一つ整理しましょう。
・同じ病気の者がいないので今の治療が正しいか不安
・今後の治療方法が気になる
・薬の経済的な事がきになる
・仕事への影響がきになる
・家族への負担や将来が気になる
・心構え、準備?は何か必要か?もしくは手続きする事は?
なんとなくまとめて見ましたが、他にありますか?
もしくは削除するものは?

今の情況私も繰返してきたのでわかります。
この中で一番気になるのは主治医ですか?長い付き合いになりますから、よく話の聞いてくれる先生が良いと言いますが、私は何でも相談できる先生が良いです。しかし、先生も自分ひとりの先生ではありませんからなかなか自分も最初は旨く話せず、掲示板で相談しました。
その間セカンドオピニオンも内緒で受けました。違う先生に診てもらう事です。本来紹介書を持っていくのが正式です。
結果、治療の不安もなくなり、当初の主治医に月1回かかっています。
参考までに。
悩みがもっと具体的になれば皆さん力になってくれますよ。


2579. お願いします
名前:りゅうた    日付:2006年9月19日(火) 23時24分
月の光さん、Tさん、アドバイスありがとうございます。自分の性格上、気になるとその事が、頭から離れなくなってしまうので、知識を入れないよう今日まで来てしまいました。(鬱が怖くて)ですので、かじった知識で医師と相談してました。薬は、最初から、一ヶ月単位で貰いながら色々調整して(ペルマックス、ビ・シフロールなど)今年の初旬でメネシット3錠、アーテン2錠、カバサール3錠で、昔と変わらない疲れも無い状態でした。でも、メネシットは段々効かなくなり、いろんな副作用が有ると、何かで見てしまったので、自分から医師に頼み、メネシットをはずしました。今月は、カバサール3錠、シンメトレル2錠、エフピー1錠ですが、1年半前の薬の、飲み始めの状態に戻っていっています。〈半身に、手の震え、足のつまづき)医師には、薬の量が落せるなら、体はギリギリのところで行きたいとと、自分から頼みました。
まず、この自分の判断がどうなのか、これからの薬との付き合い方が、今のままでいいのかアドバイスいただければ助かります。お願いします。


2580.Re: お願いします
名前:T    日付:2006年9月20日(水) 1時11分
良く先生と話されているのですね。先生は副作用後の治療は何も話しませんか?
薬が増えて行く事と、将来的な副作用は不安です。
でも、仕事をしていく上で食べていく事、ましてご結婚されている場合家族を養う義務もあります。
副作用はメネシットだけではありません。
身体に変調が見られるのは薬が足りないからと思います。
これから寒くなり、ますますきんに気が硬くなり動きも緩慢にナリ勝ち。今のうちに薬は確定しておくことすすめます。
まず、手元の薬ですがどのように飲んでますか?半錠ずつや組み合わせ変えてみては?私は実際効果ありました。

私の主治医は仕事を続けるなら薬はきちんと飲んだ方がよい。決断は自分。手術もあるし、医学は進歩している。こんなことくよくよかんがえてもしかたないでしょ。と当初言われなやんだものです。
本当にこの選択肢しかないのか。結論、私もいつおこるかわからない副作用を考えても時間の無駄。薬の飲み方をかえました。
主治医と相談し実施してます。のみものはグレープフルーツジュース効果おためしくだい。
服用している薬が違うので細かいアドバイスできなくてすみません。
同じ薬を服用している人はいないでしょうか?


2582.Re: お願いします
名前:T    日付:2006年9月21日(木) 3時10分
今皆さん特定疾患の件でがんばってくれてます。
だから、掲示板お休みの方が多いようです。
りゅうたさんは発病9年なんですね。
ずーと会社に内緒でいられる秘訣は何でしょう?
ここまで秘密でこれたって、すごく維持できていると思います。
発病推定5年、病歴3年の私は偉そうなこといいましたが、良く考えたら恥ずかしいです。
失礼しました。


2584.Re: お願いします
名前:DOG    日付:2006年9月21日(木) 5時48分
りゅうたさん、はじめまして。何もお力にはなれないのですが、自分のたどってきた道をあなたがたどっていると思うとただの傍観者になれなくて、メールをしています。

 あなたの悩み、とてもよくわかります。私も会社にはずっと黙っていました。ただこの病気は身体的に表れてくるので、緊張時の震えなどで会社のひともおかしいと思っておられるのではないでしょうか。私の上司も事がある度に
「体調はおかしくないか。」とずっと言われていました。

 今振り返ると、私もあまかったと思いますが、その時の上司に告白したときはかばってくださいましたが、少しずつ進行していくうちに、身体的にはもちろん、判断力、記憶力、精神の高揚(すごいおしゃべりになったり)などで自分はごまかしているつもりでも、とんちんかんなミスを犯したりしているのです(私だけ?)。

 あなたもご家族がいらっしゃるのですから、早めに将来の事を考えておかないと私のような修羅場を経験することにもなりかねません。いろいろと悩みはつきませんが、この掲示板には先輩がいっぱいおられます。私も助けられている一人です。


2585.Re: お願いします
名前:DOG    日付:2006年9月21日(木) 6時5分
 今、送信したメールは全然りゅうたさんへの答えになっていませんね。
私も先の長さを考えて薬はできるだけおさえていますが、効き目があるうちはそれでいいと思っています。飲んでいる時間が長ければ、大なり小なり副作用はあると思います。Tさんのおっしゃる通り決断は自分です。

 


2587.Re: お願いします
名前:わん    日付:2006年9月21日(木) 9時51分
りゅうたさん。はじめまして。
DOGさんの場合とあなたの状況と似ていてほとんど、同じ過程を私もとりました。30歳ぐらいに症状が出てきまして、それから、徐々にパーキンソン病の症状が強まって、すべての特徴的な症状が、10年かけて完全にそろいました。そこで、振り返るとやっておくべきだったなとおもうこと。第一に生計をどのようにたてるかのビジョンを考えておくかに尽きるでしょう。

会社勤めの場合、これから身体的能力は次第に落ちていくのは確定しているので、会社で働き続けることが出来そうであるか、手に職をつけて自営的な仕事をするための準備をするか。どちらかでしょう。本人の資質に関わらず、他の人には、能力が低いとしか思われないのは悲しいけれど事実です。

自動車を運転しなくなる日は必ず来ます。電車で通うことがかなり難しいと感じる日が来ます。

ご自分でうつのことを書いていますがそれもパーキンソン病の症状の一つですよ。

結局、P病にかかって、一般の仕事を続けるのはむずかしい。会社にもいろいろな会社があると思いますが。

スキルを身につける能力も落ちてくる。

障害年金で養うには額が少ない。

ぜひ、自分でスキルを修得して自営をして成功して、パーキンソン患者の星となってください。

私は、年金+翻訳です。

薬の調節ですが私はカバサールはあまり効きませんでした。

細かい作業が困難な患者に対して、あの小ささは絶望的。落としてしまう。湿度、光に弱いというのも効かないのか、変性してるのかわからないではないですか。どのような条件で、どれぐらい放置したら、効用が落ちるのか知らされたことはありません。私のアゴニストのリストからはづれました。

メネシットなしで仕事が出来るなら、それでよいのではないですか。

アドバイスにならなくてすみません。わん。


2605.りゅうたさんへ
名前:sophia    日付:2006年9月23日(土) 23時48分
りゅうたさん、
私も20歳台半ばの発症で、すでに病歴30年近くになります。
メネシットがだんだん効かなくなるということをどこかで読まれたとのことですが、私はもう25年くらいメネシットを飲んでいますが、今でもよく効いています。APPLEのサイト内にある医療情報のところを読んでいただければ分るかと思いますが、りゅうたさんの場合はAR−JP(常染色体性劣性遺伝性若年性パーキンソニズム)ではないかと思います。このタイプかどうかということは主治医を通じて遺伝子検査をしてもらえば分ります。順天堂大その他いくつかの大学病院などへ血液を送って検査依頼をしてもらうように主治医に相談してみてください。
このタイプは劣性遺伝なので奥様が同じパーキンソン病の遺伝子をもっていない限り、子供には発症しないので、お子様についての心配はまず要らないものと思います。
発症年齢は若いですが、進行は遅く、メネシットなどのL-ドーパがとてもよく効きます。効きすぎて不随意運動(ジスキネジア)が副作用として出る心配はあるので、これが難点といえば難点で、私もジスキネジアには悩まされています。メネシットの量としてはこの10年くらいほとんど増えてはいません。ただし、それを補うためエフピーやペルマックスなどが増えましたが。
メネシットを飲まなくても仕事にそれほど差し支えがないのであれば無理に飲む必要はありませんが、メネシットをむやみに恐れて不自由な毎日を送るほうが辛いのではないかと思います。
私の経験を元にアドバイスをさせていただくならば、ストレスを貯めないこと、会社で出世を望まないこと、薬の量については主治医とよく相談することだと思います。男性にはとても厳しいことだと思いますが、第一線から外れる覚悟をある時点ですることが病気の進行を早めないことにつながるのではないかという気がしているのですが、なかなか難しい問題です。
病気と共存するには病気を知ることが必要だと思います。怖がらずにちゃんと向き合って考えてほしいと思います。


2612.Re: お願いします
名前:mi^-^ko    日付:2006年9月24日(日) 21時11分
りゅうたさん、はじめまして32歳で発病して22年になるものです.31才の時事情があって離婚し5才の子と2年生(5才の子)を連れ母子家庭として働き始めて半年後発病しました。当時なかなか同じ病気の方がいなくて、大会に誘われて出席し同年代の方を知りました.pcが使えるようになってメーリングリストをはじめていただき仲間も結構いることも知りましt。今はまったく歩くこともたつこともできなくなりましたが、子供が中学生のころ主人が戻ってくれ。主人に介護と家事をしてもらいながら、わたしの障害者年金と母の援助少しもらって生活しています。主人は介護のため働いていませんし年金もありません。でも明るい主人との会話に助けられ、毎日笑いのある生活をしています。私が発病したとき大学病院のときのO先生の言われた言葉は『いいときにパーキンソン病になられましたね』と言う言葉でした、無計画ではないけれど何とかなるもんですよ。私の詩集の中に『いらいらせずにマイペース』という詩があります。チェッカーズのぎざぎざはーとのこもりうたの曲
にあわせて歌ってみてください。
@パーキンソンになったとて、そんなに悩むな。悲しむな.明るい希望も考えよ。動けない時は、助けあおう。アーアーわかってほしいと思うけど、スローな動きや細い声、リハビリ、スマイル、忘れずに、
いらいらせずに、・・マイペース
Aパーキンソンを友として、楽観的にいきましょう。できることが甘えずに、できないときは、むりせずに・あーあーわかってくれとは言わないが、苦しみ分け合う友もいる、リハビリ笑顔も、忘れずに,いらいらせずに・・マイペース


2655. お願いします
名前:りゅうた    日付:2006年10月10日(火) 21時42分
送信が出来ず遅れてすいません。なんでかな?大勢のみなさんの、色々な、アドバイスありがとうございます。sophia さんからの、子供の件が、一番きがかりでした。AR-JPについてもっと知りたいのですが、サイト内のどのあたりか詳しく教えていただくと助かります。やはり、メネシットを、外すとかなりきついです。仕事も、漠然ではありますが、500人以上いる会社なので、身障者枠で会社に残れないか考えています。職種変更は覚悟の上で。また、昔の、自分を知っている人は、体の心配してくれます(どこか悪いんじゃないのと)最近の仕事仲間には、極度のあがり症で通っています。(普段は良く話すので)もう一度、医師と相談してメネシットの件、相談してみます。これからもご意見宜しくお願いします。


2656.Re: お願いします
名前:    日付:2006年10月10日(火) 23時2分
ソフィアさん、質問ですが、2605でARJPではないか、といっているのはなぜでしょうか。そして劣性遺伝の形式をとっていて若年発症ではないケースはあるのでしょうか。逆に言うと、遺伝子が揃っていると、必ず発症するのでしょうか。


2657.りゅうたさんへ
名前:sophia    日付:2006年10月11日(水) 0時5分
AR−JPについては
http://www.h2.dion.ne.jp/~park/index1/i1009arjp.html
にだいたいのことが書いてあります。さらに詳しいことが知りたければ、ask the doctor BBS でご協力いただいている服部信孝先生がその方面の研究の第一人者ですので、ご相談なさるといいかと思います。
AR−JPの原因遺伝子にもいくつかの種類があることが分かってきて、それらを解明することが普通のパーキンソン病の原因解明にもつながるとのことで研究が進められている分野です。


2658.わ さんへ
名前:sophia    日付:2006年10月11日(水) 1時4分
りゅうたさんがAR−JPではないかと思った理由は
1, 発症年齢が20歳代半ば
2, 発症から約8年治療なしでも何とか仕事が続けられたというのは進行が比較的遅いと考えられる
3、会社に内緒で済ませてこられたというのも症状が比較的軽く進行も遅いせいと推測される。
4、メネシットが非常によく効いている
などからです。
若年発症でもARーJPのように遺伝子の異常の認められるものと、普通のパーキンソン病がたまたま年齢が若くして発症したものとがあると思いますが、「若年で発症するPDはほとんどが劣性遺伝性だと言われている」との記述もあります。

臨床精神医学33巻1号の記載によれば、家族性(遺伝性)パーキンソン病として11の遺伝子座が明らかにされており、劣性遺伝の形式をとるものpark2,6,7,9すべて若年発症だとのことです。ただし若年発症がすべて劣性遺伝かというとそうではなく、優性遺伝の形式をとる若年発症のものもあります。

また服部先生によれば劣性遺伝性が疑われない症例でも若年発症であればparkin遺伝子変異が存在している可能性が高いとのことです。

家系内でのホモ接合体の場合はすべて発症するが、ヘテロ接合体変異では発症しない症例も存在するとのことです。

これ以上の詳しいことは私にも理解できない部分が多いので、控えさせていただきます。


2659.Re: お願いします
名前:    日付:2006年10月11日(水) 18時55分
お答えありがとうございました。


2708.Re: お願いします
名前:りゅうた    日付:2006年10月27日(金) 20時28分
sophiaさんに、伺いたいのですが、今でも運転はされてますか。


2713.Re: お願いします
名前:sophia    日付:2006年10月29日(日) 15時42分
りゅうたさんへのお答えです。
運転のことですが、免許が取れる年齢になってすぐに運転免許をとり、ほんのしばらくですが運転していました。
その後震えを感じるようになり、運転に自信がなく、運転は止めたものの免許の更新は続けています。
運転の再開を試みたことは何度かありましたが、(パーキンソン病の症状のひとつかなと思っていますが)とっさのときにドキッとしたら不安感でパニ食ってしまいそうとの思いがあって、運転は止めたままです。
ただ免許の更新はIDとしての意味もあって続けています。

運転に関しては個人差があると思うので、続けたらいいとか止めたほうがいいとか一概にはいえませんが、パーキンソン病治療薬は眠くなるものが多いです。アゴニストはL-ドーパよりも眠気を引き起こすことが多くなかでも非麦角系アゴニストであるドミン、ビシフロールは睡眠発作を起こすことがあるので運転の際に注意が必要です。
パーキンソン病では進行に伴って、動作が緩慢になるのと瞬時の判断に遅れが出る可能性もあるので、危ないと感じたら運転を止める勇気も必要かと思います。事故を起こしたり、ケガをしてからでは取り返しがつかないことにもなりかねません。

http://www.kohosya.co.jp/Pages/topix/genkyou.html#top


2745.Re: お願いします
名前:いまじん    日付:2006年11月4日(土) 21時44分
てんかん患者さんでも、発作が無い場合運転されています。体の調子のいいパーキンソン病患者さんも、運転されて、いると聞きました。

2637.正体不明の声  
名前:    日付:2006年9月30日(土) 11時13分
数年前に愛知県にいたときに某保健衛生大学病院の精神科を受診したときに、頂いた冊子が出てきたので紹介します。精神症状が出る前に読んでいたらよかったという部分が多く、なかなかためになる内容です。残念ながら出典がわかりません。以下抜粋。

正体不明の声が聞こえるわけ、4つの条件=正体不明の声が聞こえるには
不安、孤立、過労、不眠の4条件が重なってしばらく続くと見られる現象でそれほどまれなことではない。

たとえば、無菌室での治療や遭難にあった場合など、周りと切り離された状況におかれると、正体不明の声が聞こえることがあります。それまで心の健康を損ねたことがなかった人でも例えば、無菌室での治療が一週間を超えると、正体不明の声が聞こえてくることがある。

また、山や海で遭難した人の手記を読むと強い不安、孤立、過労、不眠
にさらされてると、もうだめだとか、救助に来る人の声が聞こえて来ることがあるという。ですから、だれでも正体不明の声が聞こえてくる可能性があるとさえ言える。そしてその状態がこじれると、一過性のノイローゼ状態から精神病という状態になってしまう。

一般化すると、受験、入学卒業、転職、といった生活の節目でせわしなくなったときに先の、不安、孤立、過労不眠の条件がそろいがちになる。正体不明の声の現れ方はいろいろで、何を言っているかはっきりわかる声が外から聞こえる、聞こえてくるが、はっきりと聞き取れない、耳元で頭の中で声が聞こえる、などです。

苦手意識を持つ場所、学校や職場などで聞こえてくることが少なくない、苦手な人に会う前後に幻聴が聞こえてくる場合があるとしています。

そして幻聴のルーツは自分の気持ちや考えであると説明しています。本人には本当に他人が話している声と受け止めるのは自然であるが、実は本人の考えであるのでルーツになりやすいのは,後悔したり、自分を責めたりする考え、自分でも気づきにくい陰になりやすい気持ち(感心を持つ一方の反発心)、他人の考えや言動の想像(あの人は私のことをこんな風に思っているのではないか)が多い。

このようなことにより、自分の気持ちを他人の声として聞こえてくると言う不思議な体験ととらえることができる。

幻聴がもたらす悪影響ということで、不愉快、誤解、自分の考えが回りにもれていると思い込んだり、気持ちが筒抜けになっているという疑惑についてはありえない事を信じ込んでしまう、テレビやラジオで通常の放送に加え、裏の放送が二重に放送されていると思い込む、隠しマイクがあり、盗聴されているなどの例が挙げられています。
通りがかりの人の咳払いが自分のことを調べている調査員の合図と受け止めたり、自分と同じ方向に歩いていく人を自分をどこかに誘導していると感じたりする。

不安、孤独、過労、不眠などの4条件⇔幻聴⇔妄想の相互作用によって、悪循環に陥ることがある。

治療法は幻聴をなくすために、本人の役割、家族の役割、精神科スタッフの役割の3つが必要で、その内容は生活の送り方に注意を払う。4つの条件を避ける。専門医師への相談、薬の使用、幻聴の受け止め方の工夫、などです。
じっさいの他人の声ではないと理解させるのが一番重要だということです。

以上が抜粋です。このなかで共感したのは、このような疾患は条件がそろうと誰もがかかりうる疾患であるとしているところです。実際、統合失調症は100人一人の割合で発症するといわれています。さらに私たちパーキンソン病の患者は独特の行動がありますので、心無い言葉を投げかけてくることもときにはある。

そして、抗パーキンソン病薬の服用により精神病の感受性がたかくなっている。つまり、パーキンソン病であることは精神的な疾患の発症に対する非常に高い危険因子だと思う。家族にとっては、万に一のパーキンソン病のヒットだと思っていたらさらに精神的な疾患もひろってしまう。これでは、そばにいる家族はどうしてよいかわからなくなるのも無理はない。



2647.Re: 正体不明の声
名前:きき    日付:2006年10月4日(水) 20時15分
4つの条件のうち3つそろえば もう十分でしょう。このなかでいちばん気になるのが 孤立です。不安 過労 不眠はどこにでもあり健康な人でももっていますが 孤立は 病気のひとの病状をさらに悪化させるのではないでしょうか。わかってくれるひとと話をすることが どれほどか 不安を やわらげてくれるでしょう。まずは わかってくれる人をみつけて ハッピーにおしゃべりすることが 精神症状をおこさない手立てかもしれません。


2663.Re: 正体不明の声
名前:よっしー    日付:2006年10月14日(土) 2時33分
 統合失調症は特別な病と思わされてきた背景があると思います。そのひとつに犯罪が起きたときに弁護士が心神喪失状態であったという主張によって減刑を計ろうとする傾向があって、そんな風潮は結果的に精神疾患を持つ患者に対していわれのない偏見を撒き散らしているような気がします。弁護士の方々がそんな風では先が思いやられますよ。
 統合失調症という病気を正確に捉えようとする「わ」さん、出典が分からないで残念ではありますが、よい本との出会いがあってよかったですね。「わ」さんが前向きに行動されたからこそ、そのような出会いができたのではないでしょうか。
 それと幻聴についてですが、大学病院で聴力検査を受けたときの体験から申し上げると、人間は実際の音と思い込みによって生じる空想上の音との区別がつかない、つまり思い込みが強いと比較的簡単に幻聴という状態は健康な人でも起こりえるというコト。
 次に妄想という状態についてですが、意外と理屈的には間違っていないことが多いんです。可能性としては少ないけれども、ありえないハナシではない、だから信じてしまうということだと思います。どうすれば防げるかと医者でない私には分かりませんが、結局バランス感覚の問題ですから、月並みですけどしっかり眠ってバランス感覚をとりもどしたり‥‥ってことかなと思います。
 偏見に負けないように頑張ってください。結局、精神の病も骨折や胃潰瘍と一緒なんですね。正しい開き直りが大切だと思いますよ。

http://www.geocities.jp/yossie_70/

2630.ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?  
名前:月の光    日付:2006年9月29日(金) 10時9分
先日大学病院で診てもらってきました。今までの主治医がパーキンソンにはジェネリックは無いんですよと言われたのを機に大学病院で詳しいことをお聞きしたいと思ったからです。女性の医師が私を診てくださり今までの経緯のすべてを話し、ジェネリックのこともお聞きしました。その医師は、ジェネリックはあるけれど私の考えとしては使いたくないと言われ、自分の患者さんにもジェネリックを出している人はひとりもいないんです、と言われました。効き目には差があるのでしょうか?アップルのアンケートで使用している方がありました。ジェネリックの効き目に付いて個人的な感想や経験でいいので聞かせてください。またジェネリックを使用する病院を探さなければいけないのか、それとも医師が使いたくないと思っていても患者からそれを処方して欲しいとお願いできるのかも教えてください。



2631.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月29日(金) 13時49分
私はぺるマックスのジェネリックのメチル酸ペルゴリドを発売直後から使っています。効き方に大差はないと思います。元ある薬の一般にいう特許の有効期限が切れてそれまで独占されていたものを成分を変えず同じ成分で創るのがジェネリックです。それだけ年数が経っているのである意味安全性は証明されていると言えるかも分かりません。副作用は別です。差があるとしたらLドーパに円形と楕円形があるのは合物の違いで分けられているのはご存じだと思います。もしかしたらそれぐらいの違いはあるのかも分かりません。私はたまたま病院を変えたのでそうなりました。特に望んだわけではないのでこれ以上はなんとも言えません


2633.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:sophia    日付:2006年9月29日(金) 14時45分
ジェネリック医薬品については下のページを見ると詳しく書いてあります。本来成分は新薬と同じで、効果も変わらないはずですが、錠剤にするときに使う賦形剤(ふけいざい)が新薬とちがう可能性があります。
賦形剤というのは錠剤の形を作るために使うもので、錠剤がきちんと固まるようにする成分とか、大きさをある程度の大きさにするために充填するものです。これが新薬と違うことがあり、その結果吸収や味、舌触りなどの面で新薬と多少違うことがあります。でも、ジェネリックも品質検査がされているので、新薬と同等あるいはそれ以上の品質が義務付けられているはずです。ひと昔には「安かろう、悪かろう」という時代も確かにありましたが、現在ではそのようなことはないと思います。
大学病院でもジェネリックが使えないことは無いと思うのですが、大学病院では一般的にあまりジェネリックを取り入れていないように思います。新薬の方がずっと使っていてなんとなく安心感があるのかもしれません。
院内処方であれば病院に薬が入っていないと処方できませんが、院外処方箋を書いてもらえば町の調剤薬局で薬をもらうことができ、その際にジェネリックにしてもらうことができるはずです。(院外処方箋に後発品を使用するかどうかという質問欄があったと記憶しています)

http://www.epma.gr.jp/something.htm


2634.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:月の光    日付:2006年9月29日(金) 15時25分
たんぽぽさん、sophiaさん、ありがとうございました。
大学病院は初めてだったのですが、アップルのホームページの印刷したものや、この一ヶ月薬の調整を手帳に記録したものなどを見ていただきました。その先生は今までのことをよく話を聞いてくれましたが、ジェネリックには賛成できないと言われました。院外処方箋の場合後発品を使用するかどうかという医師の記入欄がありましたが、担当の先生がジェネリックを反対しても患者がお願いしますと言えば記入してもらえるのでしょうか?それとも、ジェネリックを積極的に使う病院に変えるしかないでしょうか?私はその先生が話しやすくてとても気に入ったので何とかジェネリックを出してくれないかなと考えていますが。


2640.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:sophia    日付:2006年10月1日(日) 9時12分
院外処方箋のジェネリックの使用についての欄には医師の同意が必要なようです。先生にジェネリックに賛成できない理由を具体的に聞いてみましたか?
大学病院ではジェネリックは使わないので、その先生も使わない、または使ったことがないというだけの理由かもしれません。
ジェネリックを何となく信用していないというのかもしれません。
経済的な理由でジェネリックにしたいというのであれば、薬剤費が月にいくら違うかということを十分に説明して納得してもらえば・・・。
薬剤費が大きく違ってくるのはペルマックスだと思うので、ペルマックスだけでもジェネリックにとお願いしてみたらどうでしょうか?
開業医と違って大学病院の医師は薬価についてはあまり詳しくないと思いますので。
せっかくいい先生に巡り会ったのに病院を代えるのはもったいないように思います。長く付き合う病気ですから、信頼できる医師と長く付き合っていけるといいですね。


2641.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:月の光    日付:2006年10月1日(日) 11時9分
sophiaさん、何度もありがとうございました。
もう一度お話ししてみます。


2642.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:sophia    日付:2006年10月2日(月) 8時9分
日本医師会の調査によるとジェネリックに対する医師の信頼はまだ十分に確立されていないようです。
医薬品についての情報がメーカーから入りにくいということがあるようです。
新薬とまったく変わらないのであれば、すでに新薬を使っていたときの情報は医師のほうにメーカーから伝わりますが、ジェネリックに変えた後で新しく副作用や薬品情報に追加あった場合、ジェネリックを作っている会社からは情報が入ってこないかもしれませんね。

http://www.yakujinews.com/homepage.nsf/viw_Message4/96C3A131D583EDA9492571F10022254F?opendocument


2643.Re: ジェネリックはやはり先発品のようには効きませんか?
名前:月の光    日付:2006年10月3日(火) 6時0分
sophiaさん、リンクしてくださったページを開いて見てみました。
教えてくださった情報を心において、先生に気持ちが通じるように
何とか話をしてみます。本当にありがとうございました。

2616.ヘルパーについて・・・トマト鉄道さんへ  
名前:raisin    日付:2006年9月26日(火) 23時19分

今頃になってヘルパーさんの件を読みました。
アドレスがないのでこちらに書きます。
ヘルパーさんについて、書かれた場所はまちがっていましたが、ご指摘には重要なものも多いとおもいました。
私はデイサービスにお世話になったとき、高齢者は何も文句を言わず、がまんできないときは黙ってやめるのだな、と感じました。
トマト鉄道さん、あなたの感じられたことを、ヘルパーさんご本人に上手に返してよりすばらしいヘルパーさんに育ってください!って方向でがんばっていただきたい、と思いました。
ヘルパーさんの質は利用者の質かもしれない・・と思いませんか?

それにしても、かわるがわるいろいろな方が来られることにおどろきました。うちのほうは毎週決まった曜日に決まった人が一般的です。



2638.Re: ヘルパーについて・・・トマト鉄道さんへ
名前:トマト鉄道    日付:2006年9月30日(土) 11時53分
ありがとうございました!
努力してみます。


2639.Re: ヘルパーについて・・・トマト鉄道さんへ
名前:raisin    日付:2006年10月1日(日) 8時29分
読んでくださってありがとうございます。

トマト鉄道様は、書かれていたホームヘルプサービスをすべて介護保険で受けられているのですか? 認定は何か知りたくなりました。よかったらメールででも教えてください。
「せっかち」については、ケアマネに「パーキンソンはせかされるとすくんでしまう」というような説明をお願いしてもいいのでは?と思いました。
 家事援助よりも介護に時間をとられているようで、ある意味で理想に近い・・がゆえに、講習ではおもに家事援助しか指導を受けていない
ヘルパーさんにとって、とてもしんどい仕事になっていると思います。
現状では、「国が定めたホームヘルパー養成研修132時間(講義60時間、実技42時間、実習30時間)を修了すれば取得可能な資格で、試験はありません。 資格を取得するまでの受講期間は1ヶ月〜3ヶ月程度」
だそうです。知的障害の多少ある方でも、がんばって資格をとる方もおられるし、トマト鉄道さんにどう対応していいか困った末の「お散歩、お散歩楽しいな〜(これ私の頭の中でメロディがついていますから、幼児はよく口ずさむのだと思います)」だったろうと想像できます。
若い方の知識不足は、常識の範囲が違うからで、デイサービスの職員さんは自分の「天然ボケ」を生かして、「僕らモノをしらないから教えてくださいよう」と、利用者の頭の体操に活用していました。
施設職員は、そういった他の介護職員のハウツウを学ぶ機会があるのに、ヘルパーさんは、いつも1人です。利用者も、ヘルパーさんが、とても大変な労働環境におかれていることを理解して、改善を求めていく必要があります。
 また、大阪の方ゆえの口の悪さは大阪では笑ってすまされても、東京では本当にセクハラになりかねません。話はとびますが、先生を「ばあさん」呼ばわりするのも、先生と同世代の患者は自分が言われたようでとても不快です。
 「私の利用者さんは気配りがない」と、ヘルパーさんのbbsで話題になることのないようにお願いして終わります。

2617.久野貞子先生の事を教えてください。  
名前:soso    日付:2006年9月26日(火) 23時33分
読売の「医療ルネサンス」で知りました。



2621.Re: 久野貞子先生の事を教えてください。
名前:あーもんど    日付:2006年9月27日(水) 9時18分
久野先生は小平市にある国立精神神経センター武蔵病院の副院長です。神経内科の外来に出ていらっしゃいます。
Appleカフェや "Message from Almond"に「小平パーキンソン病友の会医療講演会」のお知らせをご覧になると、久野先生の医療講演が載っています。


2628.Re: 久野貞子先生の事を教えてください。
名前:トマト鉄道    日付:2006年9月28日(木) 22時19分
久野先生は、僕が以前、武蔵病院に入院した時いろいろとお世話になりました。
京都大学医学部出身で、武蔵では偉大な女医さんですが、ぜんぜん庶民的で気さくな医師です。武蔵病院3−2病棟では,毎週水曜日の午後、回診が有り若い研修医たちをゾロゾロ連れて診察に来ます。
僕のベッドに来た時「あんたはんなあ。私の事、久野ばーちゃんなんて言ってるみたいやけど、私ここではエラいんよ。でも、あんたはんと話していると、心が和むがなんでやろか。同じ関西出身やろか?」先生は京都、僕は大阪。「神通力ですわ先生!」「あんた、アホか。そんな力があれば、P病なんて治ってるよ」二人で笑ったものでした。
(アホ・・・関西弁で「お調子者」と言う意味で決して悪口ではない)

2624.迷惑投稿とメンテナンス  
名前:gori    日付:2006年9月28日(木) 9時11分
この掲示板を利用して商売で利益を上げようとしている人がいます。
そういう人たちは掲示板の設置目的を理解していただきたい。そして投稿を差し控えていただきたいのです。お願いします

管理人の方でも迷惑投稿に対処するためメンテナンスを随時やっています。このため掲示板が一時的に使用不能になったりしておりますことをお詫びします。なるべく制限は入れたくありません。ご理解ください。



2627.Re: 迷惑投稿とメンテナンス
名前:DOG    日付:2006年9月28日(木) 21時6分
goriさん いつもありがとうございます。
自分にとって意味のあるものなので、いたずら、宣伝はやめてほしいと思います。



 

2491.なぜすぐかたまる?  
名前:ミスターパーキンソン    日付:2006年9月11日(月) 12時44分
なぜ手、腕、肩の動きが悪いの?すくみ足はどうしたらよいの?ON OFFなりやすい1日30回位どうしたらよいですか教えてください。



2499.Re: なぜすぐかたまる?
名前:HIHI    日付:2006年9月12日(火) 13時55分
自立神経なのか、トイレ、お風呂、食事、血流の関係でしょうがブレーキーがかかるのか、動かなくなる。不安になるl。


2503.Re: なぜすぐかたまる?
名前:gori    日付:2006年9月12日(火) 17時51分
ミスターパーキンソンさん HIHIさん パーキンソン病と診断されて薬はのんでいますか?
薬の効果はないのですか?
病院の主治医の指導は受けていますか?
お二人の唐突な質問に答えようがなく困っています。


2557.Re: なぜすぐかたまる?
名前:新たな自分    日付:2006年9月17日(日) 9時32分
パーキンソン病の私達みんなが、すくみ足で悩んだり、やな思いしたりしているから自分だけでないからね。気持ちの分かる人は、いっはいいるよ。変な目で見る人は、人の気持ちが分からない人。人それぞれすくみ足に対しての対策と言うか付き合い方を見つけていると思うんだ。あせらずパーキンソン病とは長い付き合いになるからさ。辛さはすごーくわかるよ。


2558.Re: なぜすぐかたまる?
名前:sakura    日付:2006年9月17日(日) 17時52分
しばらく、掲示板を見ていなかったけど、非常に前向きに
考えている。すごいことだ。


2559.Re: なぜすぐかたまる?
名前:きき    日付:2006年9月17日(日) 21時7分
  メネシットを1日5錠、7時から2時間半ごとに5回、ペルマックスを1日2錠 1回目と5回目にのんでいました。朝と夕方、ペルマックスとメネシットを一緒にのむときだけ 30分から1時間 薬が効きます。メネシットだけのときは 効かず ほとんど1日固まった状態でした。それで、ペルマックスをカバサールにかえたところ がちがち固まった状態はないけど、それにちかいものはあるというか まえよりがちがちが ないぶんだけいいと言う程度でした。つぎに アーテン半錠をはじめ朝だけたして 徐々に増やし1日朝昼夕の3回飲むようにしました。いま 2週間になりますが 極端なオンオフがなくなりました。先週は 一人で歩けず 介助が必要でしたが 今週は室内であれば 普通に生活できます。


2615.Re: なぜすぐかたまる?
名前:mi^-^ko    日付:2006年9月26日(火) 23時4分
硬さをとるのは私もいろいろ試したけど出パスが一番楽になる気がします。メネシットを持ってなくて出パスだけ飲んだときけkkぽうきいてらくになったから、1日にどのくらいまでいいのかはわからないけどいま私は2~3錠ほど飲んでいますメネシットが効きにくい知己ありと気持ちをリラックスしてくれるので、特効薬のような気がしています。固縮の痛みは普通の痛み止めでは効かないように思うだいぶ昔にかいた氏を書いて見ます
「まけちゃーだめ」
薬を飲んだ?!・・・数時間前に
体中kが硬くなり、板みと動けない苦し差が続く
紛らわすためにはったシップただ天井を見つめるだけ、ツーと流れる涙
『負けちゃーだめ。』!
負けてないよ。情けないだけ。」
こんな姿誰にもみせたくない
つい、そばに置いた電話滑がいく
電話なら、どんな格好か見られずにすむから
硬くなった手に受話器を、もたす
ダイヤルをまわしかけて、迷い、受話器を置く
でも誰かと話して気を紛らわせたい
もう一度、受話器を持つ
話を聞いてもらって長く感じた時間が
少し早く進む
考えも少し楽になる
薬もそのうち効くでしょう家族gけるまでに
そうしたまるで何もなかったようにら
夕食の私宅をしていることでしょう。


2618.Re: なぜすぐかたまる?
名前:カレント    日付:2006年9月26日(火) 23時43分
メネシット5錠から6錠だけですが苦しみが襲い、固まりやすいです。副作用が恐く、薬はメネシットだけです。薬以外に方法はないのでしょうか。


2619.Re: なぜすぐかたまる?
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月27日(水) 9時8分
薬の処方については患者が主治医にどうありたいかを伝え患者の症状をみながら問診でその患者に最も有効だと考えられる処方箋をだされるのが通常のパーキンソンの治療法だと理解しています。ただその薬をどう飲むかにおいてお医者さんによって指導の仕方が違うように思います。指示どうりに飲むように言われる先生と一日の量を変えなければ飲み方は自由と言われる先生がおられると思われます。パーキンソン病の治療で一番大事な事は主治医に自分の状態を正確に知っておいてもらうことじゃないかと思います。セカンドオピニオンを求めて内緒でほかのところへ行く場合もあると思いますが、薬を出してもらわず話だけならともかく、自分の主治医にはなんでも知っておいてもらう必要があると思います。もし処方された薬を先生に言わず飲まなかったりすると主治医は判断出来なくなります。カレントさんはLドーパだけで生活されていると書いておられます。仮に仮にです。カレントさんがそうだと言うのではありませんが、カレントさんにほかにも薬が処方さるているのにメニシットだけを飲んでいるとします。診察日に固まるとか不随意運動が出るなどの症状をいうと主治医は当然ながら自分の出している処方箋で自分の指示にしたがって薬を飲んでいると思っておられますからなぜ効かないのかということになると思います。飲まないなら飲んでいないことを主治医に伝えないとよりよい治療は望めないと思います。私は今代替診療をセカンドオピニオンに求めていますが、主治医にはあーだこうだとすべて話ます。ベースをしっかりした上でほかの方法を探すのがベストだと思います。


2620.訂正
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月27日(水) 9時12分
メニシット→メネシット


2622.Re: なぜすぐかたまる?
名前:mi^-^ko    日付:2006年9月27日(水) 18時28分
たんぽぽさんのいわれるとおりですよ。私の主治医は20年前
『いいときにパーキンソンになられましたね』といわれましたが当時アゴニストはパーロデルだけでした。確かにメネシットはすぐ効果が見えます。でも、アゴニストは約2週間すれば底あげしてくれると言う作用があります。会わないときもあるでしょうでも私なんかはパーロデルしかなくそれもはじめは1/4上司か飲めずそれ以上飲むと貧血状態で倒れるほどでした・今はカバサール。ぺルマックス・ビシフロールなどが選べるんですから薬についても主治医とよく話し合って薬のl勉強もなさってがんばってください・

2614.(untitled)  
名前:KEN    日付:2006年9月25日(月) 9時57分
神経内科の間違いでした。

2556.理解するということ  
名前:sakura    日付:2006年9月16日(土) 18時49分
わたしは、ここにきて進んだなーと感じています。
でも、わたしは自分という人間を、パーキンソン病を、理解してほしいと願っています。愚痴ってばかりいられない。辛抱強く、私を支えてくれる母、80近くなり懸命に支えてくれる母が、2人でノンビリ暮らしたいといい始めた。発病して7年、親には苦労させてしまった。
母のささやかな願いを叶えてあげたい。がんばるぞー
まだ動ける、しゃべれる、仕事もできる。そんな当たり前のことが
うれしいとおもうsakuraでした。

秋の空、雲の流れに、流されて、わが思いを、伝えて欲しい



2611.Re: 理解するということ
名前:gori    日付:2006年9月24日(日) 19時49分
お母さん思いのsakuraさん。
その思いはお母さんに必ず伝わりますよ。
お勤め、頑張ってください。

2603.あのですね!!  
名前:太田  みつぐ    日付:2006年9月23日(土) 15時34分
まえのパソコンがぶっこわれて ですね・・・
ついでに、光プレミアム ちゅうやつに 変えました。
んで よろしく はい。
あ  宮崎の太田でした。



2610.Re: あのですね!!
名前:gori    日付:2006年9月24日(日) 19時31分
太田さん 眠れるようになりましたか???
九州弁、なつかしいな!!
私は定期的な睡眠が取れません。

2602.代替診療のその後  
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月23日(土) 15時22分
鍼治療と理学療法と同時進行で行きたかったのですが、今のところ鍼治療が先行しています。私が今やってる鍼治療はプログラムにそって10回シリーズでデーターをとっています。鍼灸大学の研究事業だと先に書きましたが、これより前、平成1年頃この大学で難病と鍼灸治療という事でいろんな病気のデーターをとりました。その時もその研究に参加しました。今回指導に当たられている先生が主に私の担当でした。今回も僕が担当しますと言われました。が、3回目の時違う先生でした。今回老年医療の中でパーキンソン病のゼミを提案したのは僕です、と言われたのできっかけはなんですか?とお聞きしたら福田・安保論理だと言われました。理論的に正しいのに治ると言い切ってしまったらいくら効果がある治療法であってもめちゃくちゃな論理になってしまう。だから効果がある事をデーターをもとに研究する必要があります。効果があっても鍼灸で一度壊れたものを元にもどす事は出来ないし、治ると言うには誰でも治る治療法でないと治るとは言わないと思うとその先生は言っておられました。ちなみに前の時の私のデーターは授業や研究発表に活躍ていたそうです。でも、その時の事を思い出してみましたがパーキンソン病とはこんな病気だということをいろいろやったように思います。さて今回の私の今の成果ですが三週間すぎて足の浮腫みがとれた事ぐらいですが、私の意気込みは治すつもりです。この掲示板を見た人がたんぽぽさんの書き込みをみると治すということが目的のように思うと言った方もあるのですがそんなやすやすと治るような病気じゃないのよーくわかっています。研究事業は明治鍼灸大学附属病院ですが、診療は京都駅近くの鍼灸センターでも行っているそうです。興味のある方は行ってみてください。現在、患者さんが多くて二ヵ月から三ヶ月待ちだそうです。



2604.Re: 代替診療のその後
名前:月の光    日付:2006年9月23日(土) 16時20分
たんぽぽさん、経過報告ありがとうございました。詳しく書いてありましたので一生懸命読みました。
実は私も、さきほどモーツァルトのCDを注文していたのが届いたのでこれを何とか実践してみようと思います。「モーツァルトで免疫力を高める、老化を防止する、快眠へと誘う」という解説つきのCDです。アップルのデータにも補助療法が掲載されていました、私も前からやってみたかったので購入しました。何か変化があればご報告します。
今効いている時間なので夕食の支度に取り掛かります!

2586.水野美邦教授の講演について  
名前:月の光    日付:2006年9月21日(木) 8時53分
6/22、東京で開かれた30周年大会で水野教授の講演内容の抜粋が友の会の会報に掲載されていました。「従来よりいわれていたL・ドーパを極力下げてこれをアゴニストで補うという方法から改めて、L・ドーパに少し自由度を与えもう少し多く飲むことを良しとしている。…」という記事があったのですがこの大会に参加された方にお尋ねしたいのですが。副作用のことなどは話されておられたでしょうか?量を多くすればジスキネジアなどの症状が出る副作用が従来から言われているようですが、それについてはどうなるのか知っておられる方があれば教えていただけませんか?



2588.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:ガラパゴス    日付:2006年9月21日(木) 23時44分
月の光様
私は30周年の講演を聴いた者ではありませんが、水野先生の診療をうけている者です。病歴15年で順天堂に通院するようになって5~6年になります。私の体験では確かにONの時間が短くなって薬の量は増えて行きますが毒作用はほとんど現れていないように思われます。これが私だけの傾向なのか皆にもあてはまるのかはわかりませんが、毒作用を怖がるより今日一日を生きるのが大変な私達ですから・・・御免なさい、これ以上は・・。


2589.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:gori    日付:2006年9月21日(木) 23時51分
私はL・ドーパの効用は良い点、悪い点、十分過ぎるほど経験しているつもりです。水野教授のお話も会場で、その後千葉県の医師会フォーラムで、お聞きし私なりに感じたことをかきます。

近頃の医療はL・ドーパの副作用を恐れるがあまりアゴニストにたよる傾向があります。しかしL・ドーパを微量、増加することにより症状が改善し、生活が充実します。それにより人間らしく生きることが出来る場合があります。

私はネオドパストンを1日12錠飲んでいました。
現在は半分の6錠、副作用でしょうか?オン、オフの状態がめまぐるしく変わります。

会社勤めをしていますとオフの状態を作ることは出来ませんでした。家庭を維持するため辞める訳にもいかず、仕事をこなすため少しづつ薬は増えていきました。

人生をどう生きるか?
太く短く・・・・細く長く
わたしは前者をえらんだようです。

今も副作用に苦しんでいますが後悔はしていません。
水野教授は私のような極端な例をお話になったのではなくL・ドーパの少しの増量の方が患者の人生にとり有益になることがある、と言われているようです。
ちなみに私も先生の意見に賛成です


2590.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:月の光    日付:2006年9月22日(金) 3時37分
goriさん、ガラパゴスさん、ありがとうございました。まだまだ難病…分からないことが多いですがこのページで皆さんの経験を拝見しながら考え、やはり働くしかないのだから太く短く生きる方を選択しようと想い始めています。将来のことはもうこだわらないで今を生きようと想いました。先になって大きな試練が来たらその時また最善を尽くそうと想いました。マドパーを昨日から2錠から3錠に増やしましたらずいぶん動けるようになりました、主治医も私の判断にゆだねると言うことのようです。迷っていた気持ちが定まりました。皆さんありがとうございました。


2591.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:raisin    日付:2006年9月22日(金) 10時47分
水野先生の患者です。
「先日の診察のとき、突然、シンメトレルを減らしますか?
ビ・シフロールを減らしますか?」と聞かれて、「前にメネシットだけにしたら、オフがひどくてしんどかったのですが・・・。減らしたほうがいいですか。」というような返事をしたら、「効いているんなら、飲まれていいですよ。」と、そのままになりました。
ちなみにメネシットは1日5〜6錠飲んでいます。
月の光様の書き込みから、L-ドーパ重視の方針から言われたことだったのか?と納得しました。


2594.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:月の光    日付:2006年9月22日(金) 12時44分
raisinさん、ありがとうございます、そうなんです。
L・ドーパは副作用があり、調整は難しく個人個人が自分にあわせて量を決めていくしかないことをこの掲示板で私は、知ることができました。でも調整は想像以上に難しく副作用を体で知ったと言うほど苦しみました。まだまだ分からないことの多い病気ですから先生方の研究の結果報告にあわせて体で覚えていくしかないと思いましたので、皆さんにお尋ねしたしだいです。本当にありがたいです。参考にさせていただきます。


2597.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:わん    日付:2006年9月23日(土) 0時36分
すみません。こんなあとから。2586、月光さん。

いまさらですが、私の場合、薬が過剰に効いている場合ジスキネジアが出ます。今までの経験から、L-dopaが効くのは約2時間ぐらいだと思います。口にいれて、飲み込んで胃に達して、胃や小腸で吸収されて、血液にのって、脳にたっする。

ある濃度を超えると、体が動き、ある濃度以下になると動かなくなる。そこへアゴニストを加えると、ベースラインの底上げ、具体的には筋に動け!と命令をする神経細胞を刺激する役者が増えるので、さらに薬が効いている時間が増えます。時間が延びるということは最大の濃度も上昇するので、上昇しすぎると、ジスキネジアなどの副作用が生じます。

つまり、メネシットとビシフロールのどちらかでも増えすぎるとジスキネジアは出現します。私の場合は。ジスキネジアについては、メネシットの副作用と言うよりも、メネッシト+ビシフロールの副作用と思っています。

そして、2時間ごとにメネシットとビシフロールをのむと夕方にひどいジスキネジアが生じました。それは当然でメネシットは代謝時間が短いのでどんどん分解されるが、ビシフロールは代謝時間が長い。たぶん数時間。そうすると、一日の終わりに、体中にビシフロールだらけになって、ひどいジスキネジアが起きてしまいます。私の場合は、です。

でも、ジスキネジアは服用の副作用としてはあまり重大なものとは私は思いません。動けないよりはるかにましですから。

そして水野Drのおっしゃるところのメネッシトの副作用は長期的な副作用のことではないでしょうか。(違う可能性あり)

L-dopaは、自身がもっているドパ産生細胞を殺してしまうとか、調節機能を減らしてしまうという報告があるようです。

その辺を踏まえて、いままではアゴニストを最初に選択する処方が主流だったらしいです。

が、そんなことはないと言う見方もあり、病気の進行そのものは、一定に悪くなっていくのだから、患者のQOLを考えて、L-dopaの導入は始めからでかまわないと言う話をどこかで聞きました。


2598.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:月の光    日付:2006年9月23日(土) 5時53分
わんさん、ありがとうございました。詳しくわかりやすくまるで科学者のようで感動して何度も読み直し、自分に当てはめました。まだまだ現在までに解明されている情報だということ、そしてわんさんの経験だということを心において読ませていただきました。私の場合、ようやくマドパーを一日3〜3.5錠にすると安定し始めました。1週間前から追加したパーロデルというアゴニスト1錠と最初から呑んでいるFPというアゴニスト1錠で現在一日6.5時間くらい動けるようになり、うまく調整できなかったジスキネジアはかなり、ほとんど無くなりました。ピクつきくらいです。効かない時は強烈なジストニアに悩まされますが、大体分かってきたので気分的に受け入れられるようになりました。主治医はパーロデルを朝夕二回でも試してみようと言われているのでその状態を私自身も観察して報告し、一番良い調整を考えたいと思います。少し前にレモンさんの「薬の調整」を見させて頂いてから今回私も手帳と4色ボールペンを買いこみ、15〜30分おきに克明に記録し続けました。その結果、状態を観察することができたのだと思います。本当に皆さんに感謝いたします。この掲示板にこれからも私の状況を報告させていただいたり、質問させていただいたりしながら乗り越えていきたいと思います。


2599.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:sophia    日付:2006年9月23日(土) 11時16分
L-ドーパの副作用についてですが、パーキンソン病の治療ガイドラインが作られたころは、L−ドーパが病気の進行を早める可能性があるのではないかと報告もあり、L−ドーパの開始をできるだけ遅く、内服量もできるだけ少ない方が良いと考えられていたので、神経内科医の先生方はそれに沿って処方されていたとおもいます。

その後、2003年にELLDOPA studyという大規模な治療研究が行われ、L−ドーパが進行を早めることがないということが分かりました。
それで第一人者である水野先生ももっと早くからL−ドーパを使ってもいい、必要であればもう少し多く飲んでも良いという風に話されるようになったのだと思います。

L−ドーパにも副作用があり、そのなかでもウェアリングオフと不随意運動(ジスキネジア)が大きな問題ではないかと思います。
ウェアリングオフはL−ドーパの長期的副作用といわれています。
ジスキネジアも長期的副作用ともいえますが、その誘因となるのはパーキンソン病治療薬の血中濃度の急激な変化と受容体への刺激の変動だと言われます。

ジスキネジアにはいろいろな出方がありますが、多くの場合血中濃度が高くなりすぎたときにジスキネジアがでます。これは、L−ドーパ単独の内服でも起こります。この血中濃度の急激な変化を緩やかにするためにアゴニストを使うと考えたらいいのではないかと思います。

また、血中濃度の急激な変化を避けるためには空腹時に飲むよりもある程度物を食べて飲むようにした方がいいかと思います。

副作用についてはL−ドーパ、アゴニストその他すべてにあるといっても過言ではないかと思いますが、この掲示板で最近問題になっていた精神症状などについてはむしろアゴニスト、FPなどの方が出やすく、20年以上L−ドーパを内服している私の感覚からいうとL−ドーパを余りに恐れることは無いのではないかという印象をうけています。
アゴニストに偏るのもL−ドーパに偏ることもなく、うまく組み合わせて副作用がひどくでないようにしたいものです。


2601.Re: 水野美邦教授の講演について
名前:月の光    日付:2006年9月23日(土) 13時4分
sophiaさん、ありがとうございました。よく理解できました、というか理解できたように思います。皆さんからの回答にただただありがたく、胸が詰まります。本当にありがとうございました。

2568.動けない時を動け  
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月18日(月) 17時52分
動けないない時を動く。これが出来たらどんなにいいだろう。うちの主人はどんな事があっても手は貸してはくれない。先日、浴槽で動けなくなって助けを求めたらお湯の栓だけ抜いてはやく出ないと風邪ひくぞと行ってしまった。どしゃぶりの雨の中ですくんでたちすくんでも私の持っている荷物だけ持って行ってしまう。これを見守りの介護〔愛情〕だと思わない事には夫婦としてやってはいけない。とは言ってはみても腹もたつし情けなくもなる。主婦の方どうやってストレス解消していますか?



2572.Re: 動けない時を動け
名前:月の光    日付:2006年9月19日(火) 11時21分
たんぽぽさん、
私は数十年前に一人になってしまったのでなにも言えることなど無いのですが少しだけ話させてください。数十年前に離婚した時私は自分が正しい選択をしたと真面目に思っていました。あれから数十年、子ども二人抱えた私は道を踏み外しそうになったりといろいろありました。もう15年位前に子どもとそのことで問題が起こり親子の葛藤が始まりました。今では気楽に話せますが、その時はもう駄目だと想いました。その時子どもと話してそして気付かされたことは、私は夫のことも、子どものことも何も分かってなかったってことでした。タンポポさんのご主人はなぜそのような行動を取られるのか分かりませんが何か理由があるのだと思うのですよねぇ。それを言葉にできる男性とできない男性が(男性に限りませんが)あるので、そこのところをご夫婦であきらめることなく少しづつ歩み寄ってお互いの気持ちを知り合うことではないかなと、過去に失敗した私は思うのですが。


2574.月の光さん、ありがとうございます
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月19日(火) 15時3分
ごめんなさい。主人に対し解り合っていないわけではないのです。お互い解っていても日々の暮らしは大変ですもの。私の事を一番考えていてくれているのは主人です。私の病歴の中で一番辛かったのは子供が夜泣してあやしてやれなかったことです。今から二十年以上前で診断された時ほとんど動けなくて、パーキンと診断されても薬はエルドーパだけでしたから、昼動けても夜は動く事はできません。出産と同時の発病で隣で寝ている赤ん坊が泣きだしたら体をよじっておっぱいをふくませる事がやっとでした。薬を飲みだしてそれが出来なくなり夜泣すると頭を撫でてやりながら泣いたものです。主人が抱いてあやしました。私が動けないというのは主人にとって恐怖に近いものがあります。夫からのメッセージなんですよ。私が動くことを諦めないように。なんとしても動けない時を自分で乗り越えろという。その事は百も承知しているし、動けなくて辛いのは自分自身ですものね。
主人は自分が居ない時の事を考えているのだろうなと思います。
ところで前は薬を効かすことで解決出来ていたのですが、最近薬の許容範囲がせまく、ほんの少し効きすぎただけで薬の効いていない時とは違う動き悪さがあります。どちらかと言えば効いている時の対応の方が難しい。薬の効いている時をパーキンソン用語でオンと言い効いていない時をオフと言い、効いているべき時間帯に突然切れたりするのをオンオフ現象と言うのでそのことは言葉としては知っていました。が私が今体感しているのは又違うような気がします。丁度いい加減を過ぎて少し多いかなと思うような時のすくみはブレーキがかかると言うか制御する力があって思うように右、左、右、左と交互に足を出せません。関西鍼灸大学付属鍼灸センターの鈴木教授の言われたリハビリは左右の体重移動の仕方でした。今月の三十日にはちゃんと病院で指導を受けますが、自主的にやるなら階段の上り下りが論理的に効果があるような気がして今やっています。


2577.Re: 動けない時を動け
名前:月の光    日付:2006年9月19日(火) 19時2分
たんぽぽさん、一人ひとりの苦しみってホント千人千様ですね。
ご主人は闘って来た同志ですね。私もそんな夫婦になりたかった…。まあそれはそれとして、薬の効き目、ものすごーくよく分かります。なぜ?私はまだ二年目なのに。とにかく今私はその状態です。一日量としては、マドパー2錠、FP1錠、1週間前から追加したパーロデル1錠、ナウゼリン3錠、ほかには眠剤や頻尿止めが出てます。今月は全く体が動かず薬の調整の為に休職して自宅にいるのでこんなに久しぶりにアップルにどっぷりです。もう指が動かなくなりました。またお便りします。


2581.Re: 動けない時を動け
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月21日(木) 2時45分
人生いろいろですよね。そしてパーキン患者は薬の飲み方人それぞれ。共通して言えることは患者本人が主体性を持つことだと思います。丁度いい加減があるはずです。アップルの目標としているのは自分自身の主治医じゃないかなと勝手に思っています。お医者様と一致団結出来たら言うことなしですよね。私の主治医はときどき、書き込みされる事があります。こういうホームページありますと紹介されたらいかがですか?


2583.Re: 動けない時を動け
名前:月の光    日付:2006年9月21日(木) 4時12分
たんぽぽさんも夜中に目覚められたのでしょうか、私もさっき目覚め眠れないのでこのページを開きました。アップルに投稿される医師の方はとても真剣で、詳しく説明してくださり患者や病気のことを考えてくださると想っています。でもパーキンソン病って患者自身一人ひとり違う症状を持ち、似ていてもその本人にしか分からない症状だと思い始めてきました。主治医には働けなくなったことや一日に効いている時間が4時間くらいしかないこと、母との生活状況のことなど話をしてきたつもりではあります。その方は私の医療費が嵩むことなど心配されて認定の書類を積極的に提出してくださったり(軽いため県が受け付けてくれませんでした)よく話を聞いてくださいます。ただ世間でよく言われる「人間的には良い人なんだけど…」というタイプの方ではないかと想うのです。いろいろな症状や薬を増やす場合は調整に時間がかかるなど、前もって説明してくれないものですから(簡単には説明してくれますが)今回のように休職して調整しなくてはならなくなりました。医師も患者も人間だから合う合わないもありますが、少しづつ関係を良くしていければと思ってきましたが、今回は少しだけ遠いですが大学病院にセカンドオピニオンに行こうかと考えています。たんぽぽさんの言うとおりこのホームページのことを今度主治医に伝えようと想いました。

2439.お知恵拝借  
名前:DOG    日付:2006年9月2日(土) 7時35分
 先日は「空しい気持ちになりました」にいろいろご意見いただきありがとうございました。ところで、Tさん、良くご無事で。大丈夫ですか。気をつけてください。
 私もいよいよ退職までカウントダウンです。辞めたくはないですが、周囲からじわじわと固めえられてきたと言う感じです。でもその前に有給病気休暇が最大180日(うまくいけば)をもらって退職しようと思います。休職の制度もありますが、完全に元の職務に耐えうる健康状態まで戻る事が条件となっています。もう一度戻るためには手術を受けるのが条件といわれており、もしそこまでして、さほど回復していなければまた同じ事の繰り返しになってしまいます。もし何か他に利用できそうな制度があれば教えてください。



2466.Re: お知恵拝借
名前:T    日付:2006年9月6日(水) 6時27分
DOGさん、こんにちわ。会社での立場わかります。
それに耐え切れない自分がいますよね。そうなると周囲と会話できず、自分の殻にこもりませんか?同僚と会話してます?
仕事やそれ以外に雑談。今、私は出来てないです。
今精神状態の落ち着かない私がいうのも説得力ありませんが、そんな会話から理解してくれる方達がいるかもしれません。
人間集団や守ってくれる人、守る物があれば強くなれます。
ちょっと、目線変えてはどうでしょうか?
今までも試行錯誤しながら、仕事で悩んだら繰返してきた方法です。
DOGさんも無理せず、お互い頑張りましょう。今、決断の時でしょうか。焦らず後悔ない様に良く考えなければ。


2536.Re: お知恵拝借
名前:DOG    日付:2006年9月15日(金) 3時29分
 Tさん、その後お元気ですか。メールをみてびっくり!


2537.Re: お知恵拝借
名前:DOG    日付:2006年9月15日(金) 3時32分
 申し訳ありません。2536のメールは誤って送信してしまいました。まだまだ続きます。


2552.Re: お知恵拝借
名前:DOG    日付:2006年9月16日(土) 16時0分
 Tさん、その後お元気ですか。事故のこと、びっくりしました。強運の持ち主ですね。そして、傷の話をしておられましたが、何か不思議な力をお持ちのような気がしました。

 先日は投稿ありがとうございました。頭のいい方ですね。そう、その通り会社の中で会話できていません。8月に新部長、新次長、労組の委員長の3人で話し合ったらしく、私にとって(辞める事を前提に)ベストな方法をみんなで考えたいとランチに誘われ、結局、総元締めの営業部長と話し合い、無理なことを会社にたのもうとしていたので、「それへの口添えをしてもらうよう、お願いしておいたら」ということになりその前日も作戦会議が開かれました。
そこで、事件が起こりました。できるだけの有給休暇がほしかったので、その話をしている最中に部長が「もしでて来れるような状態になれば、戻りたいか?」と聞くので、「YES」といった瞬間、3人の顔色が変わり、そんな考えが少しでもあるのなら、話し合いは中止にする。」と怒りだして、さんざん罵倒されて、「私はもう何もしないから、自分でやって!」といわれ、終わりました。翌日から仕事を増やされ、間違いは赤鉛筆で指摘される始末。もうあまりの大人げのなさにあきれるばかりで、うんざりしました。

 手術は受けないと決めていた私ですが、よっしーさんの投稿を読んで、気持ちが揺れています。会社の事を主治医に相談したら、「薬の効きがいいから、手術を受けるのもいいと思いますよ。」と言われたので、お金のために少しでも退職を先に延ばすことも考慮の中に入れてもいいかもしれない・・・。

 Tさんのおっしゃるように、よく考えなければ。


2555.Re: お知恵拝借
名前:月の光    日付:2006年9月16日(土) 18時44分
DOGさん初めまして。私の考え方を聞いてもらいたいなと思い投稿させていただきました。職場でのお立場を私なりに考えてみたのですが。病気のことをほとんど知らないただの一般的な世間の考え方として聞いていただきたいのですが。世の中の人の考え方としてはその対応は平均的かもしれないと思いました。まだまだ障害者を理解できる社会にはなっていないと想うからです。私は永年介護の仕事に携わってきましたが、私を含めてその介護の現場でさえ障害を理解しているというよりは知識として知っているというのが現状だと感じています。このことは私がこの病気になって初めて感じた現実でした。このことを前提にしてDOGさんに提案させて頂きたいと想うのですが、その現実を変えることはなかなかエネルギーのいることですから現実との折り合いを見つけることはできないかと想うのです。折り合いといっても、色色あるでしょうが手術を選択する、有給をもらって退職する、職場で話を聞いてくれる人を探す、人の目を気にせず直接社長に直訴する…もちろん経済的なことも考慮しなければなりません。ご自分の人生をどう設計していくのか、ここでエネルギーを消耗することは自分にとって価値あることになるかなど考えなくてはならないと思います。ちなみに私はまだパートで働き始めて半年ですが面接の時に病気のことや、人並みに働くことは無理であること、報酬は人並みでなくて良いから働かせて欲しいと伝えて就職しました。ここの社長が特別人徳のある方とはあまり思えないことが多くあります。社員も不足を陰で言っておりその通りだと思うことや、それは違うなと思うこともありますので。私には何の蓄えも何の財産もありません。だから理想的なことを言っているわけではなく、自分の人生をどう設計するのかを自分で考えてみると少し見方や考え方や方向が変わらないものでしょうか? 初めての方に偉そうなことを言ってすみません。私も今までそれなりに苦しんで生きてきたので何とか解決の道はないかと考えまして…。


2560.それぞれの立場と経験
名前:T    日付:2006年9月18日(月) 2時7分
この掲示板の善さはいろいろな経験が聞けることで我が身を振り返られる事。
月の光さん始めまして。いろいろ苦労が伺えます。
DOGさんもものすごい修羅場を経験中ですね。体に差し支えないか心配です。
確かによっしーさんの経験談は希望を与えてくれますね。
時間が許されるならしっかりリサーチし考えてくださいね。
私は自分の経験から話しているだけです。
選択肢は自分にあります。生かすも殺すも自分の決断次第。
その上司の発言は問題ではありませんか?労働監督署に密告できるのではないでしょうか?
録音など記録を残す事おすすめします。
孤独な戦いかもしれませんが、挫けず、頑張りましょう。
疲れたり、虚しくなったらここで毒を吐きましょう。


私も先日、上司に今後について話しました。
情況可もなく不可もなく。
テストも面談も結果出せれなかったからです。
次回チャンスがもらえるかわかりません。
結果、お互いに半年のラインで考えようとなりました。会社で受け入れてもらえれば転勤です。
不可と見なされたは自らの決断となります。
猶予を与えられただけいいかもしれませんが、徐々に病気なりたての頃に比べ、立場が重い空気を感じます。優遇度がなくなっていることを実感します。
ある決断と心の準備もOK。悔いのないようにしたい半年です。
決断は今はいえません。その時の選択肢で決めたときにと思います。
まだ理解し考えてくれる上司がいるだけ私は恵まれていますね。すみません。


2561.Re: お知恵拝借
名前:DOG    日付:2006年9月18日(月) 4時27分
月の光さん、Tさん、アドバイスありがとうございます。
お二人の冷静なご意見は取り乱して、混乱している自分を落ち着かせてくれるハーブティーのようです。最近、何を考えてもピントがずれているようで、自分に自信がないのです。性格まで非難されて、「そんなに性格悪かったけ?」と思ったりして、自分がこのような立場にいる事を受け止められないでいるのだと思います。
 来週は主治医の先生、弁護士さんと相談する予定です。その上で、自分の
進路を決めるつもりです。また.新たな戦いが始まるかもしれません。私の会社は権限を持つ東京の支店長が一人でも多く辞めさせたい外国人なので、まあた、ワーッとなったらお付き合いください。


2562.Re: お知恵拝借
名前:月の光    日付:2006年9月18日(月) 6時31分
いつもいつも経過報告を聞かせてください。待ち続けているといっても過言ではないほど心配です。私が投稿してからDOGさんや他の方たちの意見はどうだろうかと?昨日は何度もこのページを開きました。DOGさんの出来事はDOGさん一人だけの問題ではないと感じています。何も力になれない事が本当に歯がゆい自分です。ここで想いのたけを悪口でも怒りや憎しみでも何でも吐き出していただきたいと思うのです。まだ新参者でこんなこと管理人さんでもないのに言って申し訳ありませんが。心の中の想いは吐き出すことでなぜか不思議に少し楽になるのですよね。哲学者の鷲田清一さんが昨日NHK教育のこころの時代で話しておられました、聴くことについて。ご自分を否定するのだけはおやめくださいね責めることも。自分だけは自分を可愛いと想いましょうよ、だってこんなに苦しんできたのだから…。


2563.DOGさん 頑張れ!
名前:T    日付:2006年9月18日(月) 7時49分
今、私も自分で決断ながらも模索中です。
DOGさんのお話は焦る自分を自分だけではないと冷静にさせてくれます。ありがとうございます。
しかし、上司が外人は最悪ですね。融通が利きませんし、仕事にドライですから。
仕事に手術とかいろいろ焦りがちかもしれませんが、「二兎追うものは一兎も得ず」というようにひとつひとつこなしてみてはいかがでしょうか?
成功応援しています。

私の場合、ちぼまるこさんの同じ境遇の話に触発された事が事故後の決断の実行につながりました。最近かなり暗い事ばかりで自信喪失。仕事も自信なくなりやる気もうせ始め、引きこもりぎみでした。でも半年という目標を持つことで気持ち引き締まりました。
ありがとうございます。


2564.Re: お知恵拝借
名前:うどぅるす    日付:2006年9月18日(月) 7時59分
DOGさんはじめまして。
本当に大変だと自分に置き換えてみています。
私の場合は病気のことを社長に相談し降格を願い出て管理から現場への配転受理された事を報告した上司が手のひら返しました。豹変しました。それから5年くらいたちました。人生面白いと言うのはいけない言い方ですが、その元上司が一年前大失態を起こし社内で四面楚歌となり、現在も席としては部長職にあるのですが、仕事がないという日々がつづいております。さらに追い討ちを掛けるように早期のがん。恐らく心身ともにどん底でしょう。そんな彼が昨年の忘年会で5年の間一度も命令以外口を利いたことが無かったのですが、私の席によってきて「どう体調は、」から始まり「最近犬を買ってさあ・・・」となったんです。
翌日みんながかわるがわる私のところへ来てどういう会話をしたのか聞きに着たくらい彼が楽しそうに話していたということを知りました。私は楽しくなかったですが・・・
今社内では(数年前合併があったため)人間関係が日々変るくらい戦々恐々としています。そしたら先週のこと今度は現上司が仕事の行き詰まりと人間関係の理由で辞表を提出。もうこれからどうなることやら。自分の経験しかお話できませんが、自分の定年に向けて仕事を続けられる環境をどうつくるかを計画して、そのために捨てるところは捨て最低限ここぞということはやる。そのためには定年まで社内改革、職場改善の提案を大なり小なりし続ける。そして態度はいつも強きを崩さず、しかし私は病気ですよと言うことも時折周知させておくと言うのが自分流の社内生き残り術です。
基本には自分は悪いことはしていない。仕事が遅ければ給料下げればいい。その分アイデアで取り返してやるということですかね。
職場によって違いますので経験話にて失礼します。
今日も仕事、行って来ます。
うどぅるす


2565.Re: お知恵拝借
名前:悩める乙女    日付:2006年9月18日(月) 8時16分
皆さん本当にお幸せですよ!
数年まえの私は、一人で、病気と、会社と、周囲と、闘っていました。語る場も無く、相談する人もなく、あの頃が、一番涙の数が多かった気がします。
その分強く、優しくもなれた気はしますが・・
帰る場所があるということは、精一杯思う通りやれる気がしませんか?待ってますよ。思いっきりやってきてください!疲れたら帰ってくればいいから・・


2566.こんな事言えば又反感をかうかも解りませんが
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月18日(月) 10時19分
みんなそれぞれの環境・立場で一生懸命生きているだなと思うと嬉しい。私も頑張らなきゃと思える事が嬉しい。進行の度合いは違っていても社会に病に自分に負けまいと生きている事が嬉しくなる。ひとりじゃないんだと思える事が嬉しい。


2567.本当に嬉しい
名前:月の光    日付:2006年9月18日(月) 10時45分
アップルを立ち上げてくださった方々に本当に感謝します。どんなに優れた人がいても一人ひとりの智慧と力は比べることができないオリジナルのものだと想うのです。だからみんなの智慧と力で一つひとつ乗り越えていきたいと願っています。私も今苦しい段階に入っています、また皆さんのお知恵を拝借させてくださいね。


2570.私が私らしくいるために
名前:T    日付:2006年9月19日(火) 5時55分
たんぽぽさん、月の光さん、気持ち一緒です。
何度感謝しても仕切れない。この掲示板で何度救われただろう。
挫けそうな時、道を誤りそうな時、暴走している時、いつでも自分を理解し励ましあえる同じ境遇の人達がいる。経験豊かな、知識豊富な先輩達がいる。そして管理人のgoriさん。
これからも、お世話になります。
何時もここで毒を吐き出す事で、私らしさ見失わず活きていける今日がある。恵まれていると思います。


2575.最近のわたし
名前:ちびまるこ    日付:2006年9月19日(火) 17時23分
異母姉妹?のようなTさん将来のこと、ご自分なりに決断なさったようですね。
その結果がTさんの将来を必ずや明るくしてくれる事でしょう。

最近の私は、どうやって生活してるのとか、よく聞かれます。ささやかな年金暮らしの割りに丸々太り、親のすねかじっているくせにあまり引け目も感じさせず、ますますしゃぶり続けています。

それはあまり自慢できることではないけれど気持ち的楽になり、前の職場の人に会っても元気そうねと言われるようじなりました。

それほどまでに気持ちは影響するということ
失うものもあるが、得るものも大きいとわかった今日この頃です

2548.不器用なもので  
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月16日(土) 9時35分
動けない辛さは身にしみています。公共の乗り物に乗れば70代のおばあちゃんが席を譲ってやろうとされ、道を歩くと腰のまがったばぁちゃんに大丈夫か問われ大丈夫よありがとうと言いつつ、情けなさは克服していると思っていてもねぇ!今回厚生労働省は5万人と言う明確な数字を打ち出しています。それでなくても13とも15人ともいると言われる患者。外れた人はどうするの?特定疾患の認定を受け等られた人でも神経内科学会での薬物療法が治らないが前提にある限り、いつかは限界はくる。一年は猶予があります。神経内科医の指示で代替療法を受けることに意味があります。今の医療態勢での理学療法としてのリハビリは急性期の怪我などの機能回復のためのものかあるいは慢性疾患などは三ヶ月で何らかの成果をあげなければそれで打ち切りになります。後一年なら四つの事を試す事が出来ます。この病気を本気でなんとかしょうと思っています。生半可な気持ちでなんとかなるような病気なら私はとっくの昔に治っています。そう言い切れる努力もしてきました。本気でなんとかしたいと思った時、私の心に治るという揺るぎない気持ちがなければ出来ることではありません。よっしーさんもそういう気持ちで手術に望まれたはずです。kasakeiさんはまだ仕事が出来るから効果あるなら受けるなどと悠長な事が言えるのではないかと私には思えます。絶対治すと言う気持ちであたってくだけて結果が一錠でも薬を減らす事ができたらいつ出来る解らない完治の薬を夢にみるより希望がもてませんか?代替治療により薬がへるということは進行性の病気でも可能性があるということになりませんか?難病と言われその病気と三十年付き合っているんです。特定疾患問題と取り組まないといけない今だからこそ、この事が今の私のためにそして全パーキンソン病の患者の希望のために私に出来る事です。        リハビリの先生は鈴木俊昭先生です。



2551.核酸てなんですか?
名前:月の光    日付:2006年9月16日(土) 15時23分
「早く知ってください」さんへ
すいません、核酸のこと教えてくださいませんか?始めて聞く言葉です。


2553.早く知ってくださいさんへ
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月16日(土) 16時50分
主治医と相談しながら、データーとして残せるものを目指しています。良いと言われて何でもかんでもと思っているわけではないのでご辞退します。


2554.Re: 不器用なもので
名前:早く知ってください。    日付:2006年9月16日(土) 18時3分
申し訳ございません。手違いで送信しましたので削除しました。

2546.朝、腰が痛いのは  
名前:新たな自分    日付:2006年9月16日(土) 1時44分
最近、腰が痛いんだよね。パーキンソン病の影響か?体重が重いのか?
この間、マッサージしてもらいました。そしたらすごく足がパンパンだねと言われました。これは、パーキンソンからだよね?足に負担があんだよね。違うかなぁ。体全体が、張っている気がして。マッサージすごく気持ちよかったんだ



2547.Re: 朝、腰が痛いのは
名前:トム    日付:2006年9月16日(土) 7時46分
足というのは腿(もも)とかふくらはぎのことと思いますが、
僕も同様です。勝手な考えですが、これが筋コシュクの一つかと
思います。コシュクするからパンパンに筋肉がはり。結果歩きにくく、ビッコひいているように見えるのかなと思いますがどうでしょうか。
(ビッコには、足の無動も関係しますが)
つまり、マッサージとかで腿のコシュクが和らげれるなら歩行も多少
スムーズになるような気がします。
(このあたり、本当にp病のメカニズムがわかりずらく原因と症状が明確にしにくい様に思います)

2522.DBS手術の報告です。  
名前:よっしー    日付:2006年9月13日(水) 23時18分
 お久しぶりです。病気が原因で職場ですったもんだした挙句、主治医から手術を勧められたことと折から行われたアンケートの回答からDBSの技術が相当に信頼できる段階に来ているという判断ができたことが決め手となって、この夏、九州大学付属病院で手術を受けました。
 結果はきわめて良好です。治ることを期待しないという考え方に慣れてしまったせいもあって、いきなり治って(実際は治ったわけではありませんが…)びっくりしています。拍子抜けするくらい劇的な変化です。以前のように楽器がやれます。アルトサックスを中学1年の息子に譲って一緒に練習することにしました。息子相手にキャッチボールもできるし、車の運転だってできる。10年以上できずにいたことが今猛スピードで巻き戻しされているような不思議な感覚です。
 でも、新たに不安感が増してきているのも、正直なところです。失うものがなかったときの私は、もっともっと頭を使い、今とは比較にならないくらい強いハートを持っていたと思います。その根拠がなくなったようで、素直にありがたいと喜べない自分がいるのです。

http://www.geocities.jp/yossie_70/



2523.Re: DBS手術の報告です。
名前:T    日付:2006年9月13日(水) 23時51分
退院と社会復帰おめでとうございます。
DBSは結果に生活がかなり変わり、自由な時間が増えたようですね。家族にも幸せをもたらしたように何よりです。
やりたいことも増えたと思いますが無理はしないで身体はいたわってください。
余計な心配ですが、特にお仕事では最初は80%にとどめて置くのがいいと思います。出来ると思うと周囲が期待度増すからです。
ところで疑問です。薬が従来とおり?新規調整?教えてください。


2531.Re: DBS手術の報告です。
名前:gori    日付:2006年9月14日(木) 15時54分
よっしーさんDBS手術結果が良くて何よりです、おめでとうございます。今までの気持ちに多少変化があるのは当然と思います。
素直にありがたく受け取り、生活や思考に幅をさらに持たせることができますね。
 そうですか考え方にも新たな「ゆとり」ができましたか・・・・・
よかった、よかった。
こういう話を聞くと「それじゃー私もDBSを・・・」と考えが揺らぎます。
・・・・・もう少し薬による身体の調整にかけてみます。


2533.Re: DBS手術の報告です。
名前:わん    日付:2006年9月14日(木) 23時37分
最近たんぽぽさんの話や、よっしーさんの話など明るい話題が多くてなによりです。


2534.Re: DBS手術の報告です。
名前:よっしー    日付:2006年9月15日(金) 0時21分
Tさんへ
一応メネシット、ペルマックス、ワイパックスは継続していますが、メネシットの服薬が3分の1に減ったほか、ビシフロール、エフピー、シンメトレルが不要になりました。固縮や無動といった私に顕著であった症状は今のところ一掃されています。

http://www.geocities.jp/yossie_70/


2540.Re: DBS手術の報告です。
名前:T    日付:2006年9月15日(金) 6時1分
よっしーさんありがとうございます。
好奇心旺盛ですみません。
薬の減りから見ても180度近い生活の楽さを感じているのではないですか?
医学の進歩はすごいですね。勉強になりました。
私もまだ薬で調整を図りますが、先々の選択しは広がりました。
また、経過教えてください。


2544.Re: DBS手術の報告です。
名前:トム    日付:2006年9月15日(金) 13時53分
よっしーさん
おめでとうございます。
楽器もできるようになったとのこと。
とにかく成功おめでとうございます。
術後もこのままうまくいくこと祈ってます。
仕事は無理のないように。。。

トム


2545.Re: DBS手術の報告です。
名前:たんぽぽ    日付:2006年9月15日(金) 19時47分
よっしーさん おめでとうございます。あんまりよくばらないでね

2541.新規作成について  
名前:月の光    日付:2006年9月15日(金) 6時1分
すいません、教えてください。新しいタイトルで投稿したいと思い新規作成を開くと何か一般のページのような画面が出ましたが、これにアドレスなど入力して大丈夫ですか?



2542.Re: 新規作成について
名前:gori    日付:2006年9月15日(金) 9時43分
月の光さん 新しいタイトルで投稿したいとき、
[ EZBBS.NET | DoChat.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ] と並んでる新規作成は使いません。

2541番を作られたときのように、既に投稿されたものの中に入り込まなければ新しい投稿となります。よろしくお願いします



2543.Re: 新規作成について
名前:月の光    日付:2006年9月15日(金) 10時36分
goriさんありがとうございます。
私もさっき開いてみると自分のタイトルが掲載されていたのであっそうかと思ったのですが、でもやはり確かめたくてお答えをお待ちしていました。お手数をかけました。また投稿させていただきます。

2451.QQ車呼ばれて!  
名前:カレント    日付:2006年9月4日(月) 14時43分
自転車で家の周りを途中でガックとなりブレーキがかかり倒れた、びっくりした周りの人がQQ車を呼んだ。ピザーを頼んで、トイレがら出たときガックとなり倒れた時ピザー屋がきて慌ててQQ車を呼んだ。姉に兄に友達に注意された。おれが悪いのか、教えてくれ。



2476.Re: QQ車呼ばれて!
名前:gori    日付:2006年9月7日(木) 23時0分
もう何年前になるでしょうか?O県にPDがいた。一家の主婦で家に引っ込んでいるわけにはいかない。買い物に出かけ、動けなくなり、救急車で自宅へ運ばれた。何回も繰り返すため、救急隊員とも顔見知りになるほどであったそうです。
ヘルパーさんなどの制度がないときのことです。

私も自転車に乗ります。そしてよく倒れます。近所の人から「危ないから乗らないように」と注意を受けています。
それでも乗っています。
私は歩くよりも自転車に乗る方が身体のコントロ−ルが効きます。一歩めが踏み出せなくてもペダルなら漕げるのです。

外出先で動けなくなることもありますがまだ救急車のお世話になったことはありません。
救急車を呼ばれたことは「良い、悪い」の問題ではないと思います。

倒れることが良くないのです。乗る場所を選びましょう

私は調子が悪いときは当然乗っていません。ただ乗り方が颯爽(さっそう)としていないため、危ないと見られるのでしょう。
私の唯一の外出手段です。
他人に迷惑をかけようとは思いません。
これからも乗れる時は乗りたいですね、そのためにカレントさんも危ないときは乗らないほうが良いでしょう。


2477.Re: QQ車呼ばれて!
名前:カレント    日付:2006年9月8日(金) 7時58分
goriさん ありがとう。車椅子にも乗りますが目線が気になりましたが今はなれました。やはり自転車がいいです。


2483.Re: QQ車呼ばれて!
名前:いまじん    日付:2006年9月9日(土) 2時37分
先日、右足の親指骨折する。自転車で転んで、しかもサドル部分で、足を打った。薬切れです。


2505.Re: QQ車呼ばれて!
名前:トマト鉄道    日付:2006年9月12日(火) 21時55分
こんばんわ。
QQ車、僕も乗りました。・・・と言っても好きで乗った訳でなく、当然急病で搬送されました。
僕の場合、「尿管結石」です。イワユル、お腹に石が出来たんですが、その痛さは、地獄の如く超激痛です。
QQ車は急患にとっては、ありがたい存在ですね。


2529.Re: QQ車呼ばれて!
名前:カレント    日付:2006年9月14日(木) 10時23分
QQ車を呼んでしまいました。不安でした、QQ隊の人にテーブルにある、”薬を飲ませてください”と言ったのに、私達は薬を飲ませられません、と言われ、病院へメネシット1錠、飲んで家に戻りました。


2532.Re: QQ車呼ばれて!
名前:わん    日付:2006年9月14日(木) 23時35分
救急車にはニ度乗りました。一度は小学生のとき。キャタピラつきの雪上救急車。スキー場で上から流れてきたスキーにぶつかりました。とても痛かった。その頃は流れ止めが普及してなかったんだ。
そして、二度目、注射をされて載せられました。気がつくと厚い扉のある部屋にいました。

2512.はじめまして  
名前:奈良岡    日付:2006年9月13日(水) 15時23分
こんにちは
ソーシャルネットワーキングFC2のシステムを借りて
SNS総合病院と言うサイトをつくりました。FC2のシステム設定上登録フォームに必ず本名を記入と書いてありますが仮名登録できます。またシステムレンタルのためFC2の宣伝が入りますが、営利目的のサークルではありません。一人でも多くの方の参加お待ちしております。
もし、この場への書き込みがいけないことでしたらごめんなさい。
お手数ですが削除願います。

http://miracleup.huu.cc/sns.html

2485.精神症状のトピック  
名前:あーもんど    日付:2006年9月10日(日) 11時54分
メーリングリストで要望があったので6,7,8月の過去ログを見られるようにしました。
http://www.geocities.jp/applewelfare/bbs/juvenile06-06.html

2435.生きている奇跡で悟ったこと  
名前:T    日付:2006年9月1日(金) 9時6分
先日、高速道路中央分離帯に衝突。車大破。
怪我なし、ガラスのすり傷のみ。
日頃の仕事の疲労。長時間の同じ姿勢と緊張感から来る固縮。
濡れた道路に悪路、視界の悪さ・・注意力散漫。
前日にいやな予感はしていて知人数名に「明日の車はなんかねぇー」とメールでぼやいてました。一歩間違うと遺書でした。
事故の瞬間、冷静でした。
そして悟りました。どんなに薬で調整出来ても、もう健常者には戻れないしかなわない。吹っ切れました。
今回のことでいろいろ悩んでいた仕事のことも考え直すいい機会となりそうです。わかっていても出来なかった事、体を張って納得できそうな自分です。身を持て仕事をスローにする切欠を作る気持ちの準備が出来ました。
皆さんも車運転気をつけましょう。
予断ですが、人間の皮膚再生はすごい。刺さったガラスは自然に体外に押し出す治癒力を持っています。2日で右半身のガラスの傷消えました。



2438.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:いわし    日付:2006年9月1日(金) 22時58分
Tさんまさに九死に一生でしたね。怪我がたいしたことがなくてよかったね。最初メールの文を読んだときには「こりゃ凄い事になったな」と思いましたが中身を読んでいくうちに安堵の気持ちになりました。車の運転には最注意を払ってくださいね。今回は偶然にも軽傷ですみましたが次回はどうなる事やら保証はないのですから。まあTさんのもっている運の強さにもよるけれどもね。でも冗談じゃないけれども本当に運転をなさって見えるほかのPDの方お気をつけてくださいね。ちなみに私はかれこれ3年前に運転はやめていますけれども。


2440.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:    日付:2006年9月2日(土) 10時29分
何度も何度も試行錯誤繰り返し、がんばるなぁ!と自分に釘を刺し、掲示板でリセット。リセットしては同じ事を繰り返し、成長のない自分。

車の処分が決まった。私の体の異変が現れた頃に購入した愛車。
車に命もらったって変ですか?
成長のない自分を卒業しなければって愛車の姿見て思う。


2441.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:ちびまるこ    日付:2006年9月2日(土) 20時50分
Tさん初めまして。私も8月12日墓参りに行き、昼ご飯を食べ薬を飲みまもなく睡魔に襲われ、車を大破、スクラップしてしまいました。
かすり傷一つなし。先祖が守ってくれたと、親子で勝手に思い込んでます。
今思えば、寝不足だったのは、確か。訪問看護さんには車辞めたらと言われてるので、時故のことは言えない。

そろそろ辞め時かな、とも考えたけどやっぱりないと困る。

私も具合が悪くなって変えた初めてのオートマ車なので、思い入れがあった。

震える身体をともに歩いてくれた、足代わりの友との別れの日も、そう
遠くない将来の予感がした。

皆さんくれぐれも運転には御注意を!

ちなみに、警察を呼んだときは、オン状態で、不幸中の幸いでした。


2449.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:T    日付:2006年9月3日(日) 21時57分
いわしさん、ちびまるこさんこんばんわ。
私も今車の継続悩んでいます。そろそろ潮時な気がします。
でも、中古でいいから 激安で憧れの車を探してみるか?本やネットで検索中。を往生際が悪い私です。
福祉車両に変更出来る事もかんがえてもいいですね。
パーキンソンになって福祉車両にされたかたいます?
ドライバーもしくはご家族の方アドバイス頂けないでれば、嬉しいです。
日頃の事気にしている事、工夫でもいいです。


2452.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:ちびまるこ    日付:2006年9月4日(月) 20時25分
Tさん。三週間たって新古車に乗ってます。つまり、一昨日から。迷って迷って結局父親の一言で決まりました。「立て替えるからあとで定期が満期になったら返せ!」ですよ。利子はかからない分イヤミの連続。
私って小心者なのかも。
手持ちが無くなると、心細いなあ・・
でも、そのあと言った一言が、「今欲しいんだったら、買って先は考えるな。なんとかなるさ。」でした。
そんな事言ってるけど、コツコツ貯めてくれてたのはあなたでしょう?
父も私の病気で変わったのかもしれません。脳出血で、後遺症の残る妻とパーキンソンの娘と年老いて行く自分と、つい最近まで、家だけが不幸の塊だ〜と、言ってたけど開き直ったように明るくなったのは、少し心配だなあ・・
敬老の日に「おじいちゃんと呼ばせてあげられなくて御免なさい。」
今更ながら親のありがたさを感じました。
宝くじ当てて家建ててあげるって言ったら。「雲をつかむようなこといってないで、気をつけて二度と車当てるな」だって。
初めて主治医の講座を聞いてから、変わったと思います。まず近くの身内から変えていかなくては。
Tさん話がそれてしまったけど、結論は少しでもまだ乗れると思えたら
頑張って普通の車乗ればいいと思います。福祉車はいいけど補助がでなければ、高いでしょう?
そうこうしてたら、治療法が開発され治った時辞めなきゃよかったと後悔しませんか。安易な考えでした。すみません。
私の場合は、足代わりなのでハズバンドみたいなものだから、簡単に離婚できないのです。
内輪の話ですみませんでした。とにかく気をつけて。『私の辞書に、二度あることは三度はおこらない』でした。とにかく生きているだけでちびまるもうけだとおもってます。おやじギャグでした。おしまい。


2454.境遇に驚き!?
名前:T    日付:2006年9月5日(火) 0時30分
ちびまるこさんなんか境遇にてるかな。
福祉車両は家の事情がある。
私は今実は介護で田舎にいます。その帰省の際の事故。家は脳溢血で半身麻痺の父。母が心臓発作で倒れ入院。兄弟はいるがそれぞれ別に家庭あり。運良く独り身に夏休み重なり返上で介護です。
といっても、去年からヘルパーさんについてもらっているのでかなり助かっています。
今回の事での見直しです。父は20年以上、福祉車両で自分で運転し、リハビリと全体寝るのは二階の部屋。かなり頑張ってます。
こんな状況だから、仕事考え直そうかなって思うのです。
もし、田舎に帰るならこんな家族なんで持っていてもいいかと。
しかしかなり暗い家族像に見えるかも。
家族がそれぞれ好きにやってられるのも介護制度のお陰です。
まあ、すべて決定ではないが事故で将来の選択肢は拡がりました。
ちょっと、ちびまるこさんのおかあさんと父の病気が同じですね。ちょっとびっくりしました。


2457.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:ちぼまるこ    日付:2006年9月5日(火) 8時55分
結構確立高いですよ。家族に脳梗塞がいる人。
Tさんは事故してすぐ、家族に教えましたか?私は怪我もなかったから落ち着いて来たら親に何て言えばいいかと、考えてる自分がいました。
父は一喜一憂するたび血圧の変動があるので少し間をとりました。もちろん自分を落ち着かせる為でもありましたけど。
ところで、お勤めはまだ辞めてないですよね?帰省して仕事はしますか蓄えはありますよね。私は勤めていた時も今も親とは別居してます。時々は居て欲しいと思う時がありますが、年金や控除の面で都合が良い事と、やはり時間帯が合わないのと。ヘルパーさんには気を使うけど、身内だと我がままになるかも・・それからお父さんパーキンソン病を理解してくれてますか?薬が効いてると普通だと思いキツイこと言われるかも、脳梗塞とは似ているようで違うから・・Tさんも調子の悪い時はなにもできないですか?介護して大丈夫ですか?私とは、環境が違うからはっきりとは言えないけどもし良かったら教えてください。


2461.さらに似てる事に驚くと今の仕事のこと
名前:T    日付:2006年9月5日(火) 22時54分
ちぼまるこさん、『ぼ』ですね。失礼しました。

しかし、この掲示板で人生や仕事に立場が違っても同じ考え方、感性の似ている人、同調に励ましあえる人、お手本する人、全く違う考えに参考、刺激を与えてくれる人、人生の考えを変えてくれた人様々な人にあったけど、今の境遇同じ人は始めてかも。

私は別居しています。お互い自立の為です。いざとなったら面倒はみるが自己犠牲してまでの義務と思わない。自分の考えをとはっきり伝えています。まあ、これは病気となる前ですが、この持論は変わってません。先々は同級生の独身女性の友人と共同生活を本気で考えてます。もちろん病気を理解した上でです。
今は介護制度のお陰で助けられています。今回の件は2回目。去年初めて母入院で父が一人。それまで1年前に入った(20年たちますが全く使っていませんでした)介護保険をケアの方のお陰で使うことが出来ました。
当初、自分で調べ、評判からケアの方に「これで」と意見を言いましたが取り合ってくれず、1年間も使用方法について知らせてくれなかったことに不信感がありました。今での紹介してくれた訪問介護の方もヘルパーさんも信頼出来る方達でよかったと思います。ケアの方が教えてくれなかったのは事前に見栄っぱりの父が勝手に断ってました事が判明。
ちびまるこさんの一緒に住むと気を使うのは解ります。
でも、たまにヘルパーさんのいる時間に電話し、コミュニケーションとる様にしています。家の情況などわかるからです。
父母の情況電話では解らなくても他人に聞けば解りやすいですから。
さすが去年から事情がかわり帰省も増え、蓄えが減る一方。
今年は、来年まで想定し考えると精神、体力、金銭とどんどんきつくなるのが読めます。
それでも、仕事が好きで続けたい。だから試行錯誤してきました。でも、仕事頑張りすぎて悪循環那往生際の悪い自分をペースを変える事が出来ずにいる自分。
仕事のミスが多くなり、仕事上立場の肩身の狭い自分。
身障者枠での採用は返答なし。
ミス増す事に更に多くなっている。今回の事は自分に課せられて課題と事故直後よりおもっていた矢先にこんなことが・・・・って仕事の立場やばくなってきている。
追い討ちかけるように病気の件でいろいろお世話になっている上司より明日の仕事復帰前に電話:最近のミスの多さは病気のせいって上層部にいうか?って聞かれた。
今、私は駿足に人生の軌道修正を見えない時間のひずみにいるようです。
でも、スローについて会社は良い捉え方をしていないので、特約付とか雇用条件に変更を金銭的に実施か、辞め辞め攻撃かどちらかしかありえないです。
仕事は辞めるべきではないとはわかっています。
でも、会社の求める作業に時間がかかる。または出来ない。
出来ない事が増えている。自分しか出来ない仕事は尽きた気がする。
会社の情況や立場の変化は上司次第ですが、もう私には努力する気力なくなってきました。
車から始まり話がそれましたが、それでもって食い下がって辛いより一戦退くのも必要かと。
このまま時間に揺られてると勝手に答え出るかな。
今自分の回答は50VS50
まだまだ、考えがはっきりせず、往生際の悪い私です。
ちぼまるこさんは会社でどうですか?病気は伝えてます?

管理人goriさんごめんなさい。いつも仕事辞めるなと話てくれてますが、居場所がなくなってきて、ますます自分を追い込んでます。VS50の意味は心のどこかで逃げてない?って思うからです。


2463.仕事に関して
名前:gori    日付:2006年9月6日(水) 2時57分
仕事とは他の人がやっても出来るものです。
自分を追い込んでいるのは自分自信です。
会社の誰かに仕事のことを相談してみてください。
考えているほど重要なことではナイコトガアリマス。
決して一人でかかえこまないこと。


2464.リセット
名前:T    日付:2006年9月6日(水) 6時8分
goriさん、ありがとうございます。昨日書いているうちにどんどん囚われないでいようと封じ込めた気持ちが膨れ上がり、昨日の上司の電話や、今日出勤の事など小さな不安が大きくなり歯止めが利かなくなっていました。疲れや緊張感の性でしょう。
一夜明け、あー書いてしまったか!?って自分の本音と不安に驚いています。
おっしゃるとおり、全て自分です。
さて、どう相談すべきか自分の判断力も鈍いので今ひとつ解決の糸に悩みます。すでに頭の中は今日に仕事の内容に1日を追い込みにかけつつあり、やばいです。
しかし、時間は作る物。
今の自分の病気がどう仕事に影響しているか、何が問題かをまとめて上司思う事とあわせてみようかと思います。そのための手紙を上司宛てに書こうかと思います。まず、思い込みから解消。
勝手ながら、内容がそれてきたのでここで一度この話は終わりにしたいと思います。すみません。
事故は怪我は無かったが、精神的にきたかもしれません。
ご心配していただいた方々に、ありがとうございました。


2465.Re: 生きている奇跡で悟ったこと
名前:まるこ    日付:2006年9月6日(水) 6時11分
お早うございます。Tさん今日から仕事でしたよね。ちゃんと寝ましたか?寝不足は事故の元、そして、ドーパミンは夜作られるそうですよ。
私は、12年勤めて4年前に辞めました。リストラで転勤の辞令があり
傷病手当を半年貰い契約切れで辞め、失業保険を貰い、今は厚生障害年金で超細々と暮らしております。お金はないけど進行はしていますが、精神的には落ち着いています。
勤務中は相談する相手もなく、隠していたけど、バレバレでした。会社も労災などと言われると思っていたかも・・今となっては定かではありませんが。
おすすめは、貰える物は全て貰う。権利ですよ。上司は信頼できますか?でもその人も雇われの身でしたらあまり期待しない方が・・
労務士の先生に相談してから考えた方がいいと思います。

goriさんの言う通り、仕事の変わりはいくらでもいます。
でも、貴方の変わりは誰も居ませんよ!
そしてまた、貴方を必要としている所も必ずあります。
緊張すると震えませんか?
まずは、ゆとりを持って会社の対応を待ちましょうか?
では、行ってらっしゃいませ!

2436.「p-病に合う仕事」  
名前:so-さん    日付:2006年9月1日(金) 14時48分
kasakeiさんgoriさんありがとうございました。仕事の問題点は@歩行距離(機能障害)A障害の理解(環境)B急がない仕事(ある一定期間に仕上げる仕事)仮にこうゆう仕事があたっらどうですか 仕事は事務(PC) 例えば会社の営業時間が5:00〜22:00駅から1分 フレックスタイム 車通勤可 会社にベッドあり(睡眠がとれる)会社に従業員向けの鍼灸.マッサージがうけられる。★朝起きてフレックスタイムを利用して朝の満員電車を避けて通勤(人目が気にならず緊張感がなくなる)★駅につき徒歩1分(1分の歩行距離は何キロ)★10:00〜13:00休憩1時間(40分はベッドで睡眠(機能回復)★あと後半4時間の仕事★対応できそうですか教えてください。お願いします。



2437.Re: 「p-病に合う仕事」
名前:gori    日付:2006年9月1日(金) 22時48分
この世の中いろいろな仕事がありますが、専門性の高い自分のスキルで仕事をしている人なら可能でしょうね。私の経験したことが2つあります。「フレックスタイム」と「ベッド」です。
フレックスタイムについてはグループでの仕事ではなく独立仕事むきです。ベッドは会社のほうで用意してくれました。
今、思うと長い就労期間にたいする「ご苦労さん」的なものです。
最初からできるには個人の能力が高いことが必要でしょう


2444.Re: 「p-病に合う仕事」
名前:わん    日付:2006年9月2日(土) 21時37分
専門性が高くて自分のペースでできること、と言うことでわたしは、科学論文論文の翻訳をしています。あまり、金にはならないが何もしないよりはいいのでやっています。在宅で仕事をすると、誰にも会わないので、人付き合いが極端になくなりました。

EZBBS.NET produced by Inside Web